エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

セカ就エンジニアも後悔!? 実は使えなかった英語勉強法【連載:コピペで使えるIT英語tips】

公開

 

前回の記事でも少し触れたが、「セカ就」(世界で就職)を目指す日本人が増えている。読者の中にも「世界を股にかけるエンジニア」を目標に、語学力を磨くべく英語の勉強に励んでいる人がいるかもしれない。

しかし、一般的に「よし」とされる英語勉強法が、必ずしもエンジニアの仕事に直結する英語力に結び付くとは限らない。

そこで今回は、海外で活躍するエンジニアの皆さんに、渡航前に試みたものの仕事上あまり役立たなかった英語勉強法について意見を聞いてみた。ぜひ英語学習の参考してほしい。

スクール形式の英会話教室に通ったこと

英会話教室に通って英語を話す機会を増やすことで、「会話力が向上した」というAさん。しかし、一方で「無駄も少なくなかった」と話す。

<後悔した理由>

プライベートレッスンで、かつ、自分の仕事で使える内容のみを集中的にレッスンしてくれるならアリだったのかもしれませんが、IT方面に精通している英会話講師は少ないですよね。また、ビジネス英会話にしてもエンジニアやプログラマーレベルでは使わないような表現を学ぶことが多く、仕事の役に立ったという実感が持てませんでした。

CDやDVD教材でリスニング力を鍛える

某有名教材などリスニング力を鍛えるCD・DVDなどで、「リスニング力」を鍛えていたというBさん。確かに英語を聴き取る力は身に付いたが、「これでは不十分だった」と話す。

<後悔した理由>

日本で流通しているリスニング教材の大半が「アメリカ英語」で発音されたもの。しかし、多国籍企業の職場にはいろんな人種の人が働いていて、それぞれの発音やアクセントのクセに慣れるのが大変でした。いまならアメリカ英語ばかりでなく、いろんな英語を聞いて慣れておく努力をすると思います。

仕事に関する記事を和訳する練習

仕事で使えるリーディング力を身に付けようと、英和辞典を片手に英文を一言一句和訳していて勉強していたというCさん。英文を読むのに抵抗がなくなり、ボキャブラリーも確かに増えたが、仕事の役に立ったかと言えば、少し疑問が残るという。

<後悔した理由>

仕事中は、分からない英単語を逐次和訳する暇がなく、英語を英語のまま理解していかないと仕事にならないのが事実です。一語ずつ訳すのではなく、全体としてどういう内容なのかを把握する力を身につけておくべきでした。

TOEICの勉強を中心とした学習

英語力をあげるためにTOEICの勉強をするのは決して無駄ではない(既出記事://type.jp/et/feature/old_contents/article/english-tips20)。しかし、800点とって渡米したのに、会話はおろか、仕事でも使えなかったとDさんは話す。

<後悔した理由>

実際に海外に出てみて実践的な英語が身に付いていないことを自覚しました。スコアを上げることばかり意識して、点数を取るための「テクニック」に走ってしまったのが原因です。ペーパーテストを解く力だけでなく、実践的に英語を使うための訓練にも取り組んでおくべ木だったと後悔しています。

いかがだろうか。まとめると、それぞれに良しあしがあるということだ。

今、日本ではさまざまな英語学習サービスを受けることができる。ただし学習形式や提供業者が変われば身に付く英語力に差が出るのは言うまでもない。インタビューに答えてくれたエンジニアの意見がすべてではないが、セカ就を考えているエンジニアには参考になる点も少なくないはず。自分なりの英語学習法を確立してもらいたい。

【おまけコラム】Howは使える

How を使った表現はいろいろあるが、今回はネイティブの同僚との会話でも使える表現を紹介する。

・How are you?(=How is it going ? など)(元気?)
※メールでも日常会話でもよく使う表現。日本だと、久々に会った人に「お元気ですか?」と話すことはあるが、海外だと挨拶の一つとしてよく使う。

・How have you been ? (今日までどうしてた?)

・How long ~?(どのくらい(時間が)かかる?)

・How much ~?(いくらかかる?)

・How is it ?(どう思う?どんな感じ?)
※相手の感想などを聞く時に使う。

取材・文/大井 あゆみ(『シンガポール経済新聞』運営Diversolutions.Ptd.Ltd代表取締役)
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo