エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

Windows XPのサポートが終わったら、Microsoftも終わるんじゃないだろうか【連載:村上福之】

公開

 
村上福之のキャラ立ちエンジニアへの道

株式会社クレイジーワークス 代表取締役 総裁
村上福之(@fukuyuki

ケータイを中心としたソリューションとシステム開発会社を運営。歯に衣着せぬ物言いで、インターネットというバーチャル空間で注目を集める。時々、マジなのかネタなのかが紙一重な発言でネットの住民たちを驚かせてくれるプログラマーだ

Windows XPのサポートが切れるというニュースが、NHKでも報道されましたね。僕はネガティブ思考なので、Microsoftの広報の方が裏でめちゃくちゃ頑張っているのではないかと勘ぐって妄想しています。

NHKで「XPサポート終了で注意呼びかけ」と聞いて始まるもろもろのお話 – Togetter

Windows XPのサポートが切れたら、ニッポンの一般家庭の場合、何も知らずにそのまま使い続けるか、タブレットかスマホに移行するだけだと思うのです。ビジネスではそのままWindowsを使い続けるのでしょうけれど、個人ユースでWindowsのお世話になる必要性がなくなってきていると思います。

From Amit Chattopadhyay
新デバイスをリリースするも、思うように販売台数が伸びないMicrosoft。ここからどう巻き返すか?

僕のオカンにiPadをあげたのですが、まったくWindowsのPCを使わなくなり、普通にiPadで生協に注文をしています。Windows 8もWindows RTもWindows Phoneも、期待していたほど、売れているようにみえません。特に、Windows Phoneは出来が良いのに非常に残念です。

そうなると、Windows XPが終わると、そのままMicrosoftもゆっくりと衰退するのではないかと思っています。

個人的に、Windowsの開発をけっこやっていた時期があったので、Microsoftには思い入れがあるのですが、どうも最近のMicrosoftさんは大丈夫なのか心配です。

多くのニュースでWindows 8が期待したほど売れず、PCの出荷台数の落ち込みも過去最高レベルであることを報道にしています。

世界PC出荷台数、過去最高の落ち込み――IDC調査

Windows RTは、NVIDIAがびっくりするくらい売れないので、世界各地で返品や投げ売りが発生しているようです。

Windows RTに「がっかり」「もっと売れると思っていた」とNVIDIAのCEO

Windows Phoneも、あんまり売れているようには見えません。そもそも、アプリがあまりに集まらないので、米Microsoftは開発者にお金をバラまくようになりました。とりあえず、アプリを登録すると100ドル、モノによっては、2000ドルくれるようです。

ちなみに、iOSは開発者登録するだけで、逆に1万円程度、アップル帝国に支払わないといけないのですが、米Microsoftは、1本ごとにお小遣いをくれるようです。

米Microsoft、Windows 8/Phoneアプリ開発者に最大2,000ドル提供

Windows Phoneの開発ページは非常にサンプルや解説が充実していて、親切で技術文書もよくできているのですが、盛り上がりにいまいち欠けているようです。アプリ開発者にアピールするため、外部と組んだキャンペーンでは萌えキャラも作ったのですが、やっつけ過ぎなので、一部で、いまいち萌えなくて話題になっているようです。

Windowsストアアプリ選手権のキャラ「今出しょう子」がやっつけすぎると話題

また、非常にどうでもいいことなのですが、Windowsのクラウド系PRキャラであるクラウディア窓辺の設定もいまいちイケてないと思っています。PRキャラのくせに、設定年齢が28歳というのが、マーケティング的に萌えどころがどこなんだと問い詰めたくもなります。どうやら、Windows1.0の発売日と同じ誕生日にしたいという、会社のどうでもいいコダワリで、キャラ設定のキモをドブに捨てているように思います。

登場人物紹介 | クラウド ガール -窓と雲と碧い空

From deneyterrio
マーク・ザッカーバーグ率いるFacebookは先日、スマートフォン自体をFacebook仕様にできるFacebook Homeを発表

そういえば、先日発表したFacebook HomeはAndroidです。MicrosoftはFacebookと資本関係にあるのですが、どうなんだと思ってます。Microsoftいわく、「俺、それやったわー、2年前にやったわー」らしいです。

Microsoft 幹部曰く、「Facebook Home は Windows Phoneのパクり」 | スラッシュドット・ジャパン IT”

FacebookとMicrosoftが提携して目立ったことは、Facebook上の地図が、Bingの地図になったくらいです。個人的には、普通にGoogle Mapsの方が便利だったように思います。

最近のWindowsのプラットフォームがいまいちイケてない理由は、どうでもいい自社製品のしがらみのせいだと思っています。

Windowsプラットフォームに搭載されているIE系ブラウザはHTML5のサポートが悪いですし、Windows系に搭載されている地図アプリのBing MapsはGoogle Mapsの精度と比べると幼稚園児の落書きレベルのような地図ですし……。中途半端に出資関係にあるFacebookとの連携を上手くやるのかと思いきや、Windows8ではPeopleという独自アプリと統合して、Windows 8のパネル状のUIでFacebookを実装されて、微妙に意味不明になっているように思います。

正直、普通にブラウザでFacebookを使った方が使いやすかったです。

2年以内にタブレットの出荷台数がPCを抜くのではないかと言われています。もちろん、そのタブレットはWindows RTになりそうには思えません。

正直、このままだとMicrosoftの未来がものすごく明るくないように見えて仕方ありません。Microsoftさんには、もっと頑張ってほしいのです。

>> 村上福之氏の連載一覧はコチラ