エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

女性ユーザーにも好評!『LINEフィッシュアイランド』プロデューサーに聞く、スマホ時代の本格RPG開発

公開

 

最近はNHN PlayArt、ウォルト・ディズニー・ジャパンおよびLINEの3社共同で制作・開発した『LINE:ディズニーツムツム』が大ヒットを記録するなど、注目を浴び続けているLINEゲームの数々。

その中で、安定した人気を保っているのが、NHN PlayArtが昨年11月に配信を開始した3Dの本格RPG『LINEフィッシュアイランド』だ。

リリース開始後すぐに、AppStoreおよびGoogle playの上位にランクイン。RPGの釣りゲーにもかかわらず、比較的女性ユーザーが多いのが特徴で、旬が短いとされるスマホゲームの中にあっても息の長い人気を保っている。

今回は、プロデューサーとして同ゲームの企画・開発を主導した己越千清氏に、日々リッチさを増すスマホゲーム開発の現場と、今後の展望などについて話を聞いた。

3Dならではのリアルさと立体感を追求した本格RPG

『LINEフィッシュアイランド』

昨年4月、NHN PlayArtの発足とともにプロデューサーとして入社した己越氏。本格的に『LINEフィッシュアイランド』の開発に取り組んだのは、6~7月のころだったという。

今回、特にこだわったのはまずグラフィックだ。3Dを使った鮮やかな映像再現と、釣り上げる魚のリアリティを重視したと話す。

「3Dの場合、通常よりも撮影角度が多くて工数がかさむのですが、よりリアルな釣りゲームの感覚を味わってもらいたくて、釣り場と魚のリアルさには徹底してこだわりました」

現在、運営チームのコアとなっているのは己越氏を含めて5人。開発・デザイン・企画のメンバーまで含めると日本だけで15名ほどになる。

また、開発にあたっては本社NHN Entertainmentに在籍するデザイナーやエンジニアにも協力してもらったのだという。本社のある韓国では、同ゲームの原型となる釣りゲームがすでにヒットしていからだ。

己越氏自身、チームの開発スタッフ2人とともに、何度も現地に滞在したと話す。

「本社のスタッフには、これまでハンゲームで培ってきたノウハウを活かしてどんどんアイデアを出してもらいました。その際、われわれは、日本でウケそうなキャラクターなりデザインを、しっかり説明しました」

マーケットが異なれば、ウケるゲームのディテールも異なる。日本のユーザー向けに『LINEフィッシュアイランド』を届けるには、ディテールの面でオリジナルな魅力をもたらす必要があると考えた。

「このゲームはメインキャラクターが女の子なのですが、髪型からスカートの長さまで、徹底的にこだわって4回くらい作り直しになりました(笑)。さすがにデザイナーにあきれられましたが、それくらい、日本で受け入れられる水準のクオリティを目指しましたね」

もう1つこだわった点は、釣り上げる魚のディテールだ。3Dゲームとはいえ、あまりにリアルに再現してしまうと魚が苦手なユーザーから敬遠されることも考慮して、「リアルでありながらコミカル」という微妙なクオリティを実現するのが難しかったと話す。

ギリギリまで無課金で前に進めるゲーム構成にした理由

NHNに入社する前はPCゲームの開発会社に勤めていた己越氏

こうしたグラフィックのリアルさ、美しさ以上に己越氏が力を入れたのが、リリース後の運営だ。

スマホ向けゲームは、ユーザーがいつ、どれくらいの時間プレイしているか、飽きさせないためにはどんなタイミングでどんなイベントを実施すればいいかなどを考え抜いて、スピーディに反映させるのが求められる。

その努力があってこそ、前述した「旬の短さ」を越えて、飽きられないゲームとして愛されているわけだ。

「飽きられないためには適宜イベントを提供するのが大切ですが、朝の通勤時間やランチタイムにはごく短時間でも満足できるレベルのイベントを提供しつつ、夜や週末はもう少し難易度の高い大会を企画する、などと工夫しています。これまでの経験や調査結果を通して、少しでも長くユーザーでいてもらうためには、こういうリアルタイムな企画と実装が大切だと考えています」

加えて、ゲーム内で獲得できる報酬だけでアイテムが強化できたり、レベルアップできるなど、あえて収益性を度外視した作りにもなっている。

「このゲームは、それほど収益を重視していません。無課金でもユーザーがどんどん次のステージへと進めることを優先しました。前へ前へ進んでいけることにハマってもらうのが、“本格RPG”の醍醐味だと思っていますから」

そう話す背景には、己越氏が前職でPCゲームの開発に携わっていたことがある。

現在のスマホの性能ならば、今まで主流だったパズルゲームやカードバトルより、もっとリッチで“広い世界”をユーザーに提供できる――。そんな思いが、『LINEフィッシュアイランド』のRPGとしてのアドベンチャー性にも多分に盛り込まれている。

さらに“リッチ化”するスマホ向けゲームの未来予想とは?

では、日々リッチになっていくスマホ向けゲームは、今後どう進化していくのだろう。

「カジュアルなものが主流というのは当面、続くと思いますが、やはりもっともっと本格的なRPGが登場してくるでしょう」と己越氏は予測する。

「ただ、どんなにゲーム自体が本格的なRPGであっても、複雑な操作をさせるために、両手と、複数の指を使わなくちゃいけないようなものはダメだと思いますね。それならコンシューマー向けのゲーム機で充分です。あくまで既存のスマホで、片手で、指1本で操作できながら本格的なRPG。実現するのは難しいですが(笑)、理想です」

現在、『LINEフィッシュアイランド』はあえて“LINE”というプラットフォームを活かしたソーシャル性や連携機能を持たせていないが、これもユーザーからの要望や動向を踏まえて検討していきたいと話す己越氏。

ますます多様に、高度になるユーザーニーズを着実に捉えたゲーム開発が進んでいる。

取材・文/浦野孝嗣 撮影/小林 正

『LINE フィッシュアイランド』概要
対応端末:iPhoneAndroid
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2013 年11 月21 日
価格:無料(アイテム課金)
開発:NHN PlayArt株式会社/NHN Entertainment Corp.
運営:LINE 株式会社
(c) NHN PlayArt Corp. & NHN Entertainment Corp