エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

「ソーシャルメディアの効用はオフラインでこそ発揮される」津田大介が語る、コミュニケーション革命の深層【特集:New Order_08】

公開

 
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト
津田大介氏

1973年生まれ。早稲田大学在学中からITやネットに関する文章を多くの媒体で執筆。2006年から2008年まで文部科学省の文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会の専門委員を務める。2007年に「インターネット先進ユーザーの会(現一般社団法人インターネットユーザー協会)」を設立。Twitter活用の先駆者として知られ、近著に『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『動員の革命』(中央公論新社)がある。関西大学総合情報学部特任教授。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師

―― ソーシャルメディアの利用が生活に浸透してきたことは、既存メディアにどのような影響を及ぼすのでしょうか?

スマートフォンやタブレットの普及が一気に進んでいる中、今後Webの世界では、アプリが中心になるだろうと考えています。これまでのようにWebでニュースを見るよりも、アプリの最適化された環境で情報を仕入れるようになる。こうしたアプリ中心のビジネスモデルは、ジョブズがつくった大きな功績の一つでしょう。

アプリの世界は、なんと言ってもマネタイズがしやすい。個人でも、自作のアプリで大ヒットを飛ばすエンジニアが出てきていることから、ロングテールでクリエイターが育っていると言えます。

一方、マスメディアにも動きがあります。大手新聞社は、ニュースサイトからニュースアプリに軸足を移しつつあり、原則として記事を有料化する方向に向かっています。

こうなると、情報は無料であるのが当たり前の世界から、有料の情報を取りに行く世界になってくる。しかし、メディア各社は以前ほどの売上は確保できません。「紙の新聞に月4000円を支払うなら、もっと低額の電子版にしよう」と思うユーザーも増えてくるはず。

マスメディアだけが情報を独占する時代は終わり、会社の規模も縮小せざるを得ないでしょうね。2000人の記者を抱える組織が、1000人や500人くらいのサイズになっていくかもしれません。

もちろん、新聞やテレビがなくなるとは思えません。プロフェッショナルとしてのジャーナリズムが消えることはありませんし、これからも自分たちで取材して一次情報を集めてくる役割を担っていくことでしょう。また、情報が有料化されると言っても、ストレートニュースのような一定の報道は今後も無料で続いていくはずです。

ただし、そこから一歩突っ込んだ調査や専門家による知見については、ソーシャルメディアが最初の情報流通の起点となり、流通した知見がマスメディアによってピックアップされたことで再拡散され、そのフィードバックがソーシャルメディアに逆流してくる――。そんな流れが当たり前になるんだと思います。かつては皆、マスメディアから一方向で流される情報を、疑いもなく享受していましたが、もはやマスメディアは絶対的存在ではなくなりました。

大量の情報をフィルタリングしてくれるのが「人」

 

キャプ

「ネット3割、新聞や書籍から3割、後の4割はオフラインから情報を得ようとするのが、最もバランスがとれている」(津田氏)

東日本大震災によって、多くの人がソーシャルメディアの力を実感したことでしょう。物流が止まって新聞も届かない、テレビは発表報道ばかりという状況で、逃げるべきか、とどまるべきか、今ここにいる自分に必要な情報はマスメディアからは得られない。多くの人が頼りにしたのが、TwitterやFacebook、mixiの情報でした。

ソーシャルメディアの登場は、情報の量を爆発的に増やし、情報の流れを変えました。ではこの膨大なデータから、新聞には載っていない裏の話や、テレビのコメンテーターとは異なる多様な意見、特定地域の話題などを、どうやって集めればいいのか。

フィルターとなるのは、「人」です。「あの分野なら専門家の○○さんに聞きたい」、「△△さんの意見なら信頼できる」など、それぞれが人というチャネルを通じて、自分のほしい情報を手に入れる時代になっているのです。

―― メディアが多様化することで、デジタルデバイドが情報格差につながることはないのでしょうか?

マスメディアだけにしか触れていない人と、ソーシャルメディアもうまく使いこなしている人とでは、確かに情報格差が生じるでしょうね。とはいえ、ネットだけ活用すればいいのかと言えば、それは違います。

僕自身の感覚では、ネットが3割、新聞や書籍などの文字媒体が3割、オフラインが4割くらいのバランスが良いですね。便利な世の中だからこそ、リアルな世界でFace to Faceのコミュニケーションを取ることも非常に重要だと思っています。

むしろソーシャルメディアによって、Face to Faceのコミュニケーションが劇的に変わったことに目を向けるべきです。

例えば数年ぶりに古い友だちと会った時、まずは一通り近況報告をしますよね。これがけっこうムダな時間だったりする。でも、もし日ごろからTwitterなりでお互いの日常をフォローしていれば、「この前、上司に怒っていたけどどうしたの?」といきなり本題に入ることができます。

つまり、ソーシャルメディアの活用が、オフラインでのコミュニケーション密度を高め、流れる情報量を掛け算で増やすのです。人間関係を構築する上で、互いの距離を一気に縮められるというのは、実はとてつもない革命だと思いますよ。

セレンディピティの増大こそ、ソーシャルメディア革命最大の恩恵

キャプ

「ソーシャルメディアがコミュニケーションを活性化させてのはいわずもがな。ビジネスや経済にも大きなインパクトを与えている」(津田氏)

これまでなら、友だちになりたくても機会を逸してしまえばそれまででしたが、ソーシャルメディアを通じて接点を持つことができます。面識はなくても、その人の人柄や考え方が何となく分かってくれば、どこまで踏み込んでいいのかというポイントもつかめるので初めて会う相手でもすぐに仲良くなれる。

逆に一度しか会ったことのない人とも、一生関係を続けていくこともできます。おそらくソーシャルメディアを活用している人は、親友と呼べる人の数が1ケタも2ケタも違ってくるはずです。

リアルな世界だけでも人とつながることはできますが、普通は何度か食事したり、飲んだりするうちに少しずつ親しくなっていくものです。ソーシャルメディアは、そのスピードを格段に早めてくれます。

建前とか形式とか手続きとか、踏まなくていけないプロセスをすっ飛ばして、人と人とが深いところで直につながることができる。ここで生まれた深い出会いがきっかけとなって、人生が変わることだってあるでしょう。

実際に、ソーシャルメディアを介して知り合った人と、交際から結婚に発展したり、転職につながったり、社会的地位も年齢も異なる人と交流を深めていく例もあります。

それをつかめるかは本人次第ですが、セレンディピティがそれまでの100倍にも、1000倍にも増えることが、ビジネスや経済に及ぼす影響ははかり知れません。

「技術×何か」の掛け合わせがイノベーションを促進する

 

―― こうした状況は、エンジニアなどサービスの作り手にとって、どのようなチャンスにつながるのでしょうか?

ソフトウエアエンジニアのニーズが、ますます求められるようになるのはいわずもがな。今後はITスキルを何かまったく異なる分野で活かすことが重要になってくると考えています。

ソーシャルメディアの台頭によって、情報の量が劇的に増大しているという話をしましたが、ではこの多過ぎる情報をどうやって処理するのか。佐々木俊尚さんの言うキュレーション、人の力で意味のある情報を仕分ける方法もあれば、テクノロジーを活用する方法もあります。僕は両方必要だと思います。

この領域で一番熱い技術分野は、データマイニングじゃないですかね。ソーシャルゲームなどのWebサービスの世界でも、データマイニングを使ってKPI分析などを行っています。そうしたスキルを持つエンジニアが、情報を選別して意味付けするキュレーションの能力を身に付けたら極めて強い。

例えば、最近データジャーナリズムというものが注目されています。世の中にある膨大な量のデータを解析し、分かりやすく表現することによって、社会を読み解いていくというもので、数学的な知識やプログラミングのスキルが必要です。僕がエンジニアだったら間違いなく取り組んでいますね。

技術的な素養のまったくない編集者やライターが、今からプログラムの勉強をしてエンジニアとして大成するのはなかなか難しい気がします。でも逆に、アプリもWebサービスも作れるエンジニアが、編集的なセンスを磨いたり、原稿を書くトレーニングをしたり、ジャーナリズム的な視点や方法論を後天的に身に付けていくのは、前者に比べればそこまで難しくはないと僕は思います。

コードが書けて、アプリも作れて、データマイニングもできて、それを社会事象の分析や、ジャーナリズムに応用させられる。そんな新時代のスーパージャーナリストが生まれるのも、時間の問題じゃないでしょうか。僕も今大学生だったら、間違いなくプログラム言語の勉強をしていたと思います。

もちろん、技術者はジャーナリズムに限らず、それぞれ興味のある分野を探せばいい。掛け合わせる対象が何であれ、イノベーションは高度な専門能力をまったく異なるものと組み合わせた時に起こります。

スティーブ・ジョブズは、強烈な意志をもって世界を変えました。FacebookやGoogleも世界を変えた。イノベーションはテクノロジーによって起こってきたし、これからの世の中もテクノロジーによって変わっていくことでしょう。エンジニアとしての能力は、あらゆる場所で活かすことができ、その異質な出会いが新しいものを生み出していきます。

それをすべて一人でやる必要もありません。ソーシャルメディアを介して、目標を同じくする人と出会うチャンスも増えています。それぞれの能力を掛け合わせた小さなチームで、新しい世界を創り出していく。そんな人たちが、どんどん出てくることを期待しています。

取材・文/瀬戸友子 撮影/竹井俊晴

【特集:New Order記事一覧】
「特集:New Order」は、4月3日から毎日一人ずつ、記事を公開していきます。
>> 01_「『Why?』のある企業だけが生き残る」中島聡が語る”3度目のワールドシフト”の正体
>> 02_「共感が情報通信を変える」初音ミクを生んだ伊藤博之が考えるコンテンツ産業の未来形
>> 03_「日本を立て直すにはこれしかない」ゲーム界の寵児・國光宏尚の世界制覇シナリオ
>> 04_「60歳以上は信用するな!」夏野剛が若者に伝えたい、ワークスタイルの新フォーム
>> 05_「デザインは可能を芸術に昇華させること」上杉周作が語るこれからのプロダクトデザイン
>> 06_「ニーズは発明の後に生まれる」高橋智隆が指し示す、モノづくりの新機軸
>> 07_「ジョブズになれると思うな!」成毛眞が主張する、変革者になれない人の人生論
>> 09_「クラウドがWebサービスづくりのルールを変えた」AWS長崎忠雄が語る”New world of IT”の全景
>> 10_「愚の骨頂だったことが『いいね』に変わる」猪子寿之が見据える、次の時代のクリエイティブ