エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

「愚の骨頂だったことが『いいね』に変わる」猪子寿之が見据える、次の時代のクリエイティブ【特集:New Order_10】

公開

 
チームラボ 代表
猪子寿之氏

1977年生まれ。東京大学工学部応用物理・計数工学科を卒業と同時にチームラボを創業。「ウルトラテクノロジスト集団」の代表として、最先端テクノロジーの研究や各種Webプロデュースを行うIT業界の異端児。最近は、そのクリエイティブの範囲をアート領域にも拡大しており、『百年海図巻』など、技術とセンスを高度に組み合わせた数々の作品を世に輩出している

―― 猪子さんはチームラボで、テクノロジー×アート×リアルの融合を数々実践されています。今後、テクノロジーはわたしたちの生活や仕事にどう絡んでいくとお考えですか?

今僕らが持ってるPCとか携帯電話とかって、ネットワーク化されることで大きく変わったと思うんだけど、これからはそれだけじゃなくて、世の中にあるほとんどのモノがデジタルテクノロジーによって再構築されていくと思うんですよ。

例えばiPhoneってさ、「携帯電話の延長線上」に生まれたものだと考えてる人が多いと思うんだけど、そもそもこれって本質的には全然別で。携帯電話は固定電話の延長線上で生まれたかもしれないけど、iPhoneは携帯電話の延長じゃなく、むしろ「ネット端末の延長」に生まれたモノだって思うんです。

何でiPhoneが世界中で受け入れられたのかを僕なりに考えると、それは「携帯電話よりもネットワーク社会に最適化された製品」だったから。電話機の延長線上じゃないところから携帯電話を考え直したって発想の飛躍がクリエイティブだったし、あれだけの人を熱狂させたんだと。ネットワークとかデジタルテクノロジーが世の中を変えるって、そういうことだと思うんですね。

スマートTVなんかもそう。あれも、今までのTVの延長線上にあるモノだってみんな誤解してる。もしかしたら、開発してる側の人たちもそうなのかもしれない。だから、出てくる話が「リビングでSkypeができる」とか、「TVでもFacebookが見れる」とか、そういう話になっちゃう。それって全然違うんですよ。

だって、SkypeやFacebookって、スマートフォンの方が利用シーンに合ってるし、家ならPCで使った方が見やすいじゃないですか。両方ともパーソナルユースを前提に最適化されてるサービスだから、当たり前の話だと思いません?

だから、スマートTVでSkypeしたり、リビングでFacebookを見るなら画面はやっぱり大きい方が良いはずだ、みたいな話って、さっきの携帯電話とiPhoneの比較と一緒で本質的じゃないわけですよ。

これからは「テクノロジー×空間演出」に可能性があるはず

取材中、何度か長い沈黙が。だが、口を開いてから紡ぎ出てくる言葉は、どれも本質をとらえていた

取材中、何度か長い沈黙が。だが、口を開いてから紡ぎ出てくる言葉は、どれも本質をとらえていた

じゃあ、スマートTVは一体何なのかってことになると思うけど、僕は複数人が同じ空間で利用できるネット端末だなって思うんですよ。今はそれに気付いている人があんまりいないから、まだ最適化されたサービスとかインターフェースが誕生してないけど。

ただ、僕はそこにニーズが確実にあると思うし、チームラボがテクノロジー×アートとか、テクノロジー×リアルの領域でモノづくりを手掛けているのも、この「空間をデジタルテクノロジーで変える」ことに可能性を感じているからなんですよ。

同じ空間に集まって、誰かと何かを共有するって、本質的に楽しいじゃないですか。ライブとかショッピングだってさ、ネットを使えば一人で音楽聞けるし買い物だってできるのに、あえてライブ会場に足を運んだり店舗に行ったりするのはなぜなのか。それってやっぱ、楽しいからだと思うんですよね。

自分が好きなものを、同じように好きな人たちと同じ空間に集うのって、すごいエクスタシーじゃん。であれば、テクノロジーを使ってそれをどんな風に演出するか、どう発展させていくかって考えるのが、重要なんじゃないかとずっと思っていて。

これまでチームラボが開発したり、プロデュースしてきたいろんなプロダクトも――例えば『チームラボハンガー』とか『チームラボボール』なんかですけど――、その一端なわけで。『チームラボボール』なんかは、ライブ会場とかに集まってくる人たちをテクノロジーで盛り上げるには……って発想から生まれてるし。

話をiPhoneに戻すと、ニーズはあったけど誰も応えられてないって領域に生み落とされたプロダクトは、人の目の前にあった次元を一足飛びに越えちゃうような発想から生まれてる。これと同じように、一つの空間にいる複数の人を対象にしたサービスなり、インターフェースってどんなもんなんだろって考えると、リビングにあるTVだけじゃなく、商業施設全体とか、都市そのものがネット端末の延長になるってことも考えられる。

アップルがiPhoneでやったみたいに、ハードだけじゃなくって、ソフトやインターフェース、ネットワーク設計まで全部セットにして提案できないと、大きなインパクトは生まれないと思うけど。

「異端者」が生んだルールに気付かないプレーヤーから消えていく

「実はみんな、どうすればもっとテクノロジーで世の中を面白くできるかって答えを、知ってるんじゃないですかね」

「実はみんな、どうすればもっとテクノロジーで世の中を面白くできるかって答えを、知ってるんじゃないですかね」

―― 一般のエンジニアが、猪子さんのように発想を飛躍させるというか、常識の枠を越える発想力を身に付けるには何が必要だと思いますか?

うーん。どうなんですかね? 何て言うか、みんなさ、実はこういう考え方が必要かもってこととか、デジタルテクノロジーを駆使すれば可能かもしれないってことを、もう知ってると思うんだよね。単純に、それを具現化する機会がないだけで。

もっとこうやったら面白いって思いは、エンジニアなら誰しもあるんじゃない? 違うのかな。だって……。

―― それなのに、多くの人が実行できない理由って何なのでしょう? また逆に、なぜチームラボはそれができちゃうのか。

うーん。チームラボは、非上場で株主もたくさんいる会社じゃないから、「儲かんなくてもやる」っていうスタンスがあるからかもしれないですね。

それに、さっき話したみたいに「空間」を相手にして実験的なことをやろうとすると、それなりに複雑なことも出てくるから、幅広い専門職を集めてやらざるを得なくってさ。チームラボには、幸いなことにいろんな専門分野のエンジニアたちが集まってくれたから、何とかみんなの力でやれてるんじゃないかと思いますよ。僕の発想がどうこうとかいう以前の話かも。

―― では、質問をポスト・ジョブズの話題に戻します。ユーザーの立場から見ていると、iPhoneやiPadが登場した時のように、テクノロジーがあるタイミングを境に突然飛躍したように見えることがあります。それは何が原因だと思いますか?

確かにiPhoneとかiPadはパラダイムシフトを起こしたけど、技術開発に大きな飛躍があったからじゃないと思う。技術ってさ、階段を一歩一歩上るようにしか進化していかないから。

じゃあ、何であんなに大きな変化が起こったのかって言えばさ、アップルみたいな会社がソフトウエアにもハードウエアにも手を突っ込んでやってきて、その上でネットワークも前提にしたモノづくりをしたからじゃん、って思うんですよね。当然、プレーヤーが違えば考え方も違うし、モノの作り方も変わるから、でき上がったハードから受ける印象も違った。

これまでのモノづくりは、まずハードありきで、ソフトやUI、ネットワーク機能なんかは分業でさ。後から付け足すような開発の進め方を長年し続けてきたわけだよね、どこのメーカーも。でも今は、ネットワークを前提としたモノづくりの方が主流になっちゃった。ネットワークの進化とアップルのチャレンジで、プロダクト開発のルールが完全に変わっちゃった。

だから、今のモバイルの世界は、アップルとかグーグルみたいな会社が、業界のメインプレーヤーになってるでしょ。逆に、ルールが変わってたのを理解できなかった日本の電機メーカーが、どんどん携帯分野で競争力を失っちゃってるのは、もう当然なんだよね。

先の見えない時代にモノを創る人は、己の美意識を貫くしかない

たださ、ジョブズは今の状況を完全に見通して、iPhoneとかを作ってたわけじゃないと思うんですよ。彼独特の美意識が、時流が生んだ新しいルールにたまたまフィットしただけというか。

だって、iPodを出す前のアップルって、ハードにこだわり過ぎて、マイクロソフトとのOS競争に負けたわけじゃないですか。MBAの教科書じゃないけど、当時は「なぜアップルはマイクロソフトに負けたのか」みたいなテーマでわんさか議論されてた。それに、ジョブズ自身も、その美意識のせいで、一度は自分の会社を追われてるわけじゃない?

なのに、その「マイクロソフトに負けた理由」が、今はアップル好調の源泉になってる。ビジネス的に考えたら、けっこう前から「ソフト産業はハードに手を出すべきじゃない」っていう常識があったわけだけど、ジョブズはその定説にしたがわなかったんだよね。

それって、ジョブズに先見の明があったからってよりも、「誰が作ったのかも分かんないようなハードに、アップルのソフトウエアを載せたくない」っていう、彼の美意識だけが理由なんじゃないのかな。だから、やっぱ自分たちで全部作ろうってことになって、そしたらネットワークの時代が来て、彼の美意識が良しとされるようになった。ただそれだけのことだと思うんだよね。

要は、それまでのビジネスじゃ「愚の骨頂だ」って言われていたことが、そうじゃなくなるターニングポイントがあるってことなんじゃないかな。ビジネス的に著しく合理性が欠落しているモノづくりが、突然「いいね」に変わるというか。今って、その変わり目を迎えてるんですよ、きっと。

だからこれからは、携帯電話やPC、TVだけじゃなく、ほかのモノもどんどんデジタルテクノロジーで再構築されると思う。この先、メインプレーヤーが変わっていく業界も増えていくはずですよ。

―― 猪子さんご自身が貫いてきた「美意識」とは? そして、それがジョブズのように「時代に受け入れられない状況」に陥った時、くじけたりしないんですか?

どんどんネットワークありきの社会になっていけば、デジタル関連のクリエイションが、世界を再構築して人間を新しい領域に連れてってくれるって信じてるんだよね。それがジョブズの美意識と似てるかどうかは分かんないけど。もうほとんどカルト的に信じてる。デジタルテクノロジーが都市生活に違った体験を生んだり、古い文化を新しい価値に生まれ変わらせることができるって。

そう信じて、チームラボでもいろんなことをやってきたから、くじけることもたくさんありましたよ。僕らはアップルと違ってまだまだ力がないし、クライアントワークで食わせていただいてる会社だから、スゲー良いモノができたと思っててもお客さんに全然受け入れてもらえなかったり。想像してたモノが全然できなくて、これ以上前に進めないってことも少なくない。

でも、僕、そういうのあんまり気にしないんすよ。ダメだった時は、開き直るしかない。小声で「社会が悪い」とか言っちゃう(笑)。そんで、タイミングを改めてまた挑戦するの。

みんなもそれぐらいの気持ちでやっていく方が、結果が付いてくると思うんですよね。

まぁ、あんまり人さまの参考にはならないかもしれないけど。僕、人として欠落しちゃってるから(笑)。

取材・文/武田敏則(グレタケ) 撮影/竹井俊晴

【特集:New Order記事一覧】
「特集:New Order」は、4月3日から毎日一人ずつ、記事を公開していきます。
>> 01_「『Why?』のある企業だけが生き残る」中島聡が語る”3度目のワールドシフト”の正体
>> 02_「共感が情報通信を変える」初音ミクを生んだ伊藤博之が考えるコンテンツ産業の未来形
>> 03_「日本を立て直すにはこれしかない」ゲーム界の寵児・國光宏尚の世界制覇シナリオ
>> 04_「60歳以上は信用するな!」夏野剛が若者に伝えたい、ワークスタイルの新フォーム
>> 05_「デザインは可能を芸術に昇華させること」上杉周作が語るこれからのプロダクトデザイン
>> 06_「ニーズは発明の後に生まれる」高橋智隆が指し示す、モノづくりの新機軸
>> 07_「ジョブズになれると思うな!」成毛眞が主張する、変革者になれない人の人生論
>> 08_「SNSの効用はオフラインでこそ発揮される」津田大介が語る、コミュニケーション革命の深層
>> 09_「クラウドがWebサービスづくりのルールを変えた」AWS長崎忠雄が語る”New world of IT”の全景