エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

「わたしだからできることもある」PHPカンファレンスの実行委員長女子が今年にかける想い【対談:法林浩之×前島有貴】

公開

 
お酒を片手に「一流エンジニアの人生論」を紐解くトークイベント『TechLION』のファシリテーター・法林浩之氏が旬のエンジニアを招き、ゲストの「オン(仕事)とオフ(プライベート)の考え方」からキャリア形成のヒントを掘り起こす連載企画。今回は『PHPカンファレンス2014』の実行委員長を務める前島有貴さんをゲストに招き、今年初めて実行委員長を務めることになった経緯やPHPとの関わりについて聞いた。
法林浩之のトップエンジニア交遊録

法林浩之

大阪大学大学院修士課程修了後、1992年、ソニーに入社。社内ネットワークの管理などを担当。同時に、日本UNIX ユーザ会の中心メンバーとして勉強会・イベントの運営に携わった。ソニー退社後、インターネット総合研究所を経て、2008年に独立。現在は、フリーランスエンジニアとしての活動と並行して、多彩なITイベントの企画・運営も行っている

法林浩之のトップエンジニア交遊録

前島有貴

1986年生まれ、島根県出身。2007年に松江高専 情報工学科を卒業後、システム開発会社に就職。2011年2月に友人数人と共に株式会社クロコスを設立。2012年8月にヤフーグループ入り。今年、PHPカンファレンス2014の実行委員長を務める。2014年6月に開催される『TechLION vol.17』にも登壇予定

PHPカンファレンス2014の実行委員長である前島さんが相手ということで、PHPのTシャツを着て対談に臨む法林氏

PHPカンファレンス2014の実行委員長である前島さんが相手ということで、PHPのTシャツを着て対談に臨む法林氏

法林 前島さんは、というか僕らはいつもゆちみりさんと呼んでいるので、いつも通りに呼ばせてもらいますけど、ゆちみりさんは今、クロコスにいますよね。何人かで一緒に作った会社ですよね?

前島 そうです。7人で作りました。そのうち5人がエンジニアです。もともとは、別々の会社で働いていた同じくらいの年齢のエンジニアで、nequalというエンジニアグループを作って、サークル活動みたいなことをしていました。

でも、自分たちで作ったサービスを育てたり稼いだりするスキルがないよねと思っていたとき、今はヤフーにいる投資家の小澤隆生さんを紹介されて、小澤さんの家にみんなで相談しに行って、といった流れです。

法林 いきなり家に行ったんだ。どんな話をしました?

前島 「これからはFacebookが来るよ」と言われて。でも、自分たち的には使いづらかったんですよね。

法林 それ、いつの話?

前島 2010年末ですね。ミクシィの方が使いやすいし楽しいと思ってました。

法林 そのころだと、Twitterはもう普及していて、Facebookはこれからという雰囲気でしたね。

前島 そうなんです。でも、1週間試しに使ってみたら、メッチャ楽しくて(笑)。APIも充実してるし、シンプル過ぎるところも、開発者視点で見ると、そこがいいと思うようになって、確かに「これは来るな」と思いました。

で、小澤さんに、「これからは日本でもWildfireみたいなサービスの需要が増える」と言われていたことを思い出して。そういうソーシャルメディア系のサービスを提供する会社を、このメンバーで一緒に作ろうという話になりました。

同じ趣味の友人とだから、一緒に働いていてもツラくない

法林 ゆちみりさんは、オンとオフはしっかり切り替える方ですか?

友人たちと起業したため、仕事だけの関係だと言いにくいことも腹を割って話せるのだという

友人たちと起業したため、仕事だけの関係だと言いにくいことも腹を割って話せるのだという

前島 ごちゃまぜの方が楽しいので、切り替えないです。オンとオフを切り替えたい人って、仕事があんまり楽しくない人なんじゃないかなぁと思います。

わたしは家でも仕事のこと考えるし、会社にいてもちょっと息抜きに散歩に出かけたりして、いつもリラックスしてます。

法林 クロコスの創業は2011年2月ですよね。Facebookの面白さに気がついたのが2010年末だから、早い、大きな決断だなぁ。創業メンバーとはどこで知り合ったんですか?

前島 PHPの勉強会です。あとはPHPカンファレンス。

法林 ゆちみりさんは、いつごろからPHPカンファレンスに参加しているんですか?

前島 6年前くらいです。周りにあんまり同世代の人がいなかったですけど。

法林 だとすると、同じくらいの年代の人を見つけると、仲良くなりやすかった?

前島 それは確かにありますね。

PHPコミュニティの良さは「心地よいユルさ」

法林 コミュニティを作るには、人数は少ない方がいいというのが僕の持論なんですよ。人数が多すぎると、実は情報はたいてい公開されていて、コミュニティ内で交換の必要がないので。だから、少数派の若い人たちが、おっさんたちにない考えを共有できたのかなと思います。若いゆちみりさんは、そもそもPHPとどこで出会ったんですか?

前島 最初に入った会社の最初のプロジェクトで、PHPを使っていたので。

法林 なるほど、たまたまってことですね。今、クロコスでの言語は?

前島 基本はPHPです。でも、PHPじゃないといけないってこともないです。そもそもPHPって、コミュニティもユルくてふんわりしているんですよね。強い結束力はないけど、何となく仲良しという感じ。

法林 僕はそれがすごくいいところだと思うけど、それは、人数が多いからなのかな。その割には、すごく有名な人、キャラが立っている人は少ない印象です。PHPは主に仕事で使う言語だから、プログラマーもあまり言語を偏愛していない感じです。

前島 PHPを超極めるぞ、という人は確かにあまりいないですね。みんな新しいモノが好きで、最近はPHP以外、RubyとかPythonを選ぶ人が多いし。わたしも、PHPをバカにされても、全然、気にしないです(笑)。

「就職が楽」という甘い言葉につられ高専へ

法林 実はそれは強さでもあるよね。そのPHPを、会社に入って最初からバリバリやってたんですか?

前島 最初の2年くらいはずっと、辞めたいし、いつ島根に帰ろうかと思ってました。

法林 え、そうなんだ。ゆちみりさんは島根にある高専の出身ですよね。僕の印象だと、高専出身のプログラマーって、さくらインターネットの田中邦裕さんみたいに、もとからプログラム大好きな人が多いけど。

前島 わたしは松江高専の情報工学科の出身なんですが、情報系の高専生って、バリバリプログラマーになるぞっていう人と、高専って就職が楽みたいだから何となく入ってみたっていう人に2極化してるんです。わたしは完全に後者。

「勉強好きじゃなかった」談義に花が咲く

「勉強好きじゃなかった」談義に花が咲く

中学生の時、ホームページを作るのが好きだったので、それを見た親から「高専っていうのがあるよ」と言われて、そうなんだーと流されて入ったので。でも、入ってみたらプログラミングは難しくて、全然勉強しませんでした。

法林 僕も大学のころは勉強しないでテトリスばっかりやってたけど(笑)、でも、それは初耳。バリバリプログラマーになるぞってタイプかと思ってた。

前島 高専出身の有名プログラマーって、そういう人が目立つので、わたしもそうだと誤解されることが多くて、何か言われるたびに「いえ、そんな」、「すみません」って気持ちになります。

法林 高専の学生のころは、将来、どうするつもりだったの?

前島 それも流されて、好きじゃないけどこのままプログラマーになるのかなと思ってました。

島根県民ならではのRubyとの距離感

法林 流されて(笑)プログラマーとして就職して、辞めたいと。プログラミングが面白くなったきっかけは何だったんだろう。

前島 当時の上司に、PHPの勉強会に連れて行かれたんです。

法林 その上司は偉い! こんな逸材を発掘して。初めて参加した勉強会の印象はどうでしたか?

前島 みんなメッチャ楽しそうで、わたしの嫌いなことをこんなに楽しくやってるっていうことは、もしかしてプログラミングって楽しいのかなと思って、勉強しようと思いました。で、実際に自分で書けるようになると、面白くなりました。

法林 それはよく分かるなぁ。分かるようになると面白くなるよね。

前島 そうですね。それで1人でもいろいろな勉強会に参加するようになって、人脈も広がりました。

法林 それで、PHPカンファレンスの実行委員長になるまでになったんですね。もし、就職して初めてのプロジェクトでRubyを使っていたら、Rubyカンファレンスの実行委員長だったかもしれない。ところで、島根といえばまつもとゆきひろさん、まつもとさんといえばRubyですよね。

前島 本当に島根では有名で、うちの親はIT関係でも何でもないんですけど、「まつもとさんが新聞に出てたよ」とか、よく言ってます。Ruby関連のイベントも多いし、東京で開催している島根Uターン就職フェアみたいなのに様子を見に行っても、どこもRuby、Rubyと。

法林 島根は人口が少ないこともあって、人口1人あたりのコード生産量はかなり高そうですよね(笑)。で、この質問は何百万回もされてると思うけど、ゆちみりさんは、Rubyは教わらなかったんですか?

“Ruby大国”島根出身ならではの悩みも

“Ruby大国”島根出身ならではの悩みも

前島 本当によく聞かれるんですが、でも、私の頃はまだ、Rubyを教えられる先生がいなかったんだと思います。学校ではJavaとかC+とかを教わってました。

法林 Rubyは?って何度も聞かれて、プレッシャーじゃないですか?

前島 はい。書いてないって言えない(笑)。それもあってか、Rubyの勉強をしていた時期もあります。Ruby検定をとってみたり(笑)。

カンファレンスに若い参加者を集めるには透明化が必要

法林 なるほど。ちょっと将来のことも聞きたいんですが、これからはどうしていきたいですか?

前島 その時楽しいと思えることを、楽しいメンバーとやれればと思います。

法林 まだ若いから僕と違ってこの先が長いけど(笑)、当分はエンジニアですか?

前島 はい、今のところは。でも、すごい決意を持ってプログラマーになったわけではないので、変わっていくこともあるのかなと思います。

法林 最初は、プログラミングが嫌いだったわけだもんね。今の自分は予想外?

前島 超予想外ですよ!

法林 では、PHPのコミュニティではこういうことをやりたいっていうのはありますか?

前島 もっと若い人に入ってもらえるようにしたいです。それもあって、運営にも学生の子に入ってもらっています。

法林 今は学校でも「情報」を教えるから、学ぶ機会は増えているはずですよね。でもおそらく、授業で教わるのと、そういうコミュニティに参加するのとの間には、高いハードルがある。

前島 1人で参加、ってわけにはなかなかいかないですよね。誰かに誘ってもらわないと。それに、若い子も少ないけど、特に女子が少ないです。もしかすると、PHPには女子が多いという印象があるかもしれないけど、勉強会とかになると、参加者は何十人かいても、女子はわたしともう1人くらいしかいないです。

言語系イベントに女子を呼びたければ女子をトップに据えるべし

法林 なるほど。ゆちみりさんは実行委員長として、女性の参加者を増やす策はありますか。

前島 事前にカンファレンスの内容をある程度公開したり、スタッフの顔を出したりしようと思っています。

法林 確かに、それはいいですね。なかなかない発想ですよ。

前島 そういうことをしながら、実は女子もいるんだよということを出して行きたいですね。露骨に「女の子、来て!」というのではなくて、女子でも来やすい雰囲気を作りたい。

法林 そのあたりは運営をやったことがある人なら分かると思うけど、本当に難しい。特に男がそういうことをやると、下心があるように思われるし。

前島 その点、わたしはチャンスをもらったかなと思っていて、実行委員長が女性の時だからできることもあるし、いったんそれが始まれば、続けることもできると思います。

法林 同じことをやるにしても、女子が責任者だと、見え方が違うし、参加者にも女子が多いと、会場の雰囲気が変わるからね。そういう意味でも、今年のPHPカンファレンスは楽しみです。みなさんもスケジュールが合えば、ぜひ参加するべきですよ。

取材・文/片瀬京子 撮影/佐藤健太(編集部)

>> 法林氏、前島さんが登壇するトークライブ『TechLION vol.17』はこちら
>> 「法林浩之のトップエンジニア交遊録」過去記事一覧はこちら