エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[連載:ギークな女子会] べにぢょ編③ エンジニア同士の夫婦生活ってペアプロ的かも

公開

 
「エンジニアLoveなお姉さん」べにぢょさんが女性エンジニアのON・OFFのホンネに迫る”グータンヌーボ”風座談会。今回は、エンジニア的夫婦生活や、仕事で気になる男性の振る舞いについて。トラブル対応に表れる男女の違いって!?

geek-photoトビラ用.jpg

 

geek_profile.jpg

べにぢょ そういえばお二方とも、同業の方とご結婚されていますよね。ご主人とはどんな出会いだったんですか?

大場 主人とは、わたしがベンチャーに勤めていたころ、仕事を通じて会いました。客と発注先の関係として。Rubyで開発するようになったのも、今の主人がきっかけでした。

閑歳 うちは大学の同級生同士です。わたしはサーバサイドで、向こうはクライアントサイドの開発をしています。エンジニアとしては補完し合える関係なはずなのですが、実際にはあまり具体的な技術の話はしないですね(笑)。分野も業界も違うので、仕事の話でケンカになるようなこともないですし。

大場 でも、お互い仕事で困ってるときは助け合えそう。

閑歳 そうですね。相談に乗ってもらったり、人を紹介し合ったり。それ以上に、お互いの仕事が「モノづくり」っていうベースが通じているから、話してて楽なことは多いですね。

べにぢょ 一緒に開発することもあったりします?

閑歳 それはないですね。今後もないと思います。昔、占い師に一緒に仕事をしない方が良いと言われたので、肝に銘じてます(笑)。

一同 笑

閑歳 大場さんはどうですか?

大場 それぞれ違う会社で働いているので「一緒に」ってことはないですけど、仕事のかかわりもそれなりにあるので、人の紹介や情報交換したりすることはよくあります。まぁ、四六時中というわけではなく、あくまでも世間話の一環みたいな感じで。

べにぢょ エンジニア同士でも畑が違った方が、かえって良いのかもしれないですね。

閑歳 家に帰ってからも夫にコードレビューされるのとかは確かにイヤかも。

一同 爆笑

開発の仕事は、案外結婚してからも続けやすい

_MG_9233.JPG

「旦那さんと分野まで一緒だと、私生活でも仕事の話になったりして、イヤになったりするのかな、と」(べにぢょさん)

べにぢょ じゃあ逆に、旦那さんが同業で、仕事上助かることってありますか?

大場 やっぱり仕事への理解があるというのが一番だと思う。そうじゃないと、例えば仕事終わりに勉強会にも出かけるのがいかに大事かっていうこととか、違う仕事の旦那さんだとなかなか理解されないんじゃないかな。

閑歳 応援してくれてる感じはありますね。「家事をほったらかしにして!」みたいなプレッシャーはまずないですし。開発が佳境に入っているときは、向こうも「リリース頑張って」とか声をかけてくれます。

べにぢょ だとすると、お二方とも「結婚するならエンジニア」みないなとこ、あったんじゃないですか?

大場 うちはたまたま。特にそうは考えませんでしたね。

閑歳 わたしは新卒のころは出版関係に勤めていましたし、夫も学生時代はそこまでネットやプログラミングに興味があるようには見えませんでしたね。

べにぢょ じゃあお二方とも偶然だったんですか。それじゃ「専業主婦になろう」と考えたことは?

閑歳 それは一度も考えたことはないですね。

べにぢょ どうしてですか?

閑歳 専業主婦をしてる自分が単純に想像できないですね……。現実的な話では、まだまだ家のローンが残ってるというのもあります(笑)。

大場 開発は、やろうと思えば在宅でもできる仕事ですしね。

べにぢょ そういう意味ではエンジニアって結婚しても続けやすい仕事なのかもしれませんね。

土日は2人でスタバに行って仕事、なんて日も

_MG_9039.JPG

「けっこう不規則な仕事スタイルだから、早く帰れる日には急なお誘いは断って旦那さんとの時間に」(大場さん)

べにぢょ 仕事と家庭の両立って皆さんどうしてます?

大場 お互い忙しいからこそ、二人の時間はすごく大事にしています。だから突発的に飲み会に誘われたりすると、申し訳ないのですが断ってしまいますね。仕事が済んだらデート優先、家庭優先です。

閑歳 うちの場合は、あんまり気を遣っていなくてお互い好き勝手にやっている感じなんですけど、週末のどちらか一日は必ず一緒に食事をとるようにしています。平日は飲みに行ったり、勉強会に行ったり割と自由な感じで。

べにぢょ 仕事を家に持ち込むことは?

閑歳 わたしはよくあります。うちの典型的な土曜日の過ごし方は、朝食の後二人で近所のスタバに行って並んでコーディング(笑)。PCのバッテリーが切れたらお昼を食べて、みたいな。

べにぢょ へぇー、かっこいい!

大場 うちも「お互い好きなことをするのは良いこと」って感じなので、家で仕事をすることはよくあります。わたしが不機嫌に家事をしているよりは、ご機嫌で仕事をしている方が良いと言ってくれる人なんで。

べにぢょ それは理解のある旦那さんですね。

閑歳 寛容な人じゃないと、なかなか結婚できませんよね。

大場 確かに(笑)。

工程管理の発想は日々の料理づくりにも応用可能!?

_MG_9254.JPG

「開発と一緒で、料理もいろいろ同時進行でやりながら、最後に全部そろって完成するとうれしくなる」(閑歳さん)

べにぢょ じゃあ家事の分担はどのようにしていらっしゃいます?

閑歳 わが家は夫が料理、掃除や片付けはわたしという分担です。

大場 うちは真逆。忙しいことも多いのでそれほど頻繁じゃないですけど、料理を作るときはいかに手順を最適化して効率的に作るかをテーマにしてます(笑)。

閑歳 あっ、それ分かります!(笑) わたしも料理をするときは、いろんな作業を同時進行でやりながらパパッとできちゃうとすごく達成感がある!

大場 効率良く全部がピタっと完成すると、満足感を覚えるみたいな?

閑歳 そうそう!

一同 笑

べにぢょ 料理と開発って共通する部分が多そうですしね。それじゃ家事の分担は旦那さんと半々ぐらいだったりするんですか?

閑歳 うちはほぼイーブンですかね。

大場 イーブンですか……。うちはわたしの方がちょっと少ないかも。

一同 爆笑

(べにぢょ編④に続く)

                         1 | 2

[連載:ギークな女子会] べにぢょ編④ -開発に燃える男性は好感度高いけど、開発至上主義な人はちょっと……