エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

「2017年、業務用アプリの90%がモバイル化する」Salesforceが描く新しい開発の形

公開

 
セールスフォース・ドットコムのSalesforce Platform担当EVP、マイク・ローゼンバウム氏

『Salesforce Developer Conference Tokyo 2013』に来日したSalesforce Platform担当EVP、マイク・ローゼンバウム氏

ここ1、2カ月の間、業務用アプリケーション大手サイボウズのクラウドアプリ開発・実行基盤のスマホ版リリース、NTTドコモの法人向け業務用アプリケーションソフトの定額配信の発表と、業務用アプリケーションの世界でもスマートフォン対応の話題が相次いでいる。

さる9月6日にJPタワー・ホール&カンファレンスで開催された『Salesforce Developer Conference Tokyo 2013』では、スマートフォンやタブレット機器の急速な発展により、今後対応が必要になるであろう業務アプリケーションのモバイル対応について多くのセッションが行われた。

当日は米国セールスフォース・ドットコムのSalesforce Platform担当EVP、マイク・ローゼンバウム氏と、テクニカルプラットフォームマーケティング担当ディレクター クイントン・ウォール氏が基調講演を行った。

業務用アプリ「モバイル最適化」のカギは細切れ時間の使い方

「コンピュータのインフラがメインフレームからサーバへ、サーバからクラウドへと移行してきたように、アプリケーションを動かすデバイスも常に進化し続ける。2017年には業務用アプリケーションの90%がモバイル化するだろう」と語るのはマイク・ローゼンバウム氏。その潮流に乗るためには、業務アプリケーションを開発する際に“モバイルファースト”による設計をしなくてはならなくなるという。

では、業務アプリケーションの“モバイルファースト”設計とはどのようにすればいいのだろうか。

クイントン・ウォール氏は次のように説明する。

「現在、コンシューマアプリケーションがユーザビリティに基づき設計されているように、これからは業務アプリケーションでもユーザーの興味、使っていて楽しいかなど、勘案して設計していかなくてはなりません」

TwitterやFacebookなどのコンシューマ向けアプリに代表される「フィード」によるコミュニケーションや、LINEのスタンプ購入機能などに見られるユーザーによるカスタマイズ性などは特に顕著な例だという。

テクニカルプラットフォームマーケティング担当ディレクター クイントン・ウォール氏

アプリ利用時間の内訳を説明するテクニカルプラットフォームマーケティング担当ディレクターのクイントン・ウォール氏

「人が1日でアプリを使う時間は約4時間。しかし、アプリを立ち上げて使う時間はデバイスによって異なる上、しかも細切れになっています。特にスマートフォンではアプリ立ち上げ後1回あたり1.2分のセッションを19回繰り返しているというデータもあります。われわれはこの細切れになった時間を“Micro-Moment”と呼んでいます」

“Micro-Moment”に見られるように、1回のセッションでユーザーがアプリケーションに触れている時間は短い。

そこで重要になってくるのが、短い時間でもコンバージョンできるような仕組みを作ることだとウォール氏は語る。

「LINEならスタンプ機能、Facebookなら“いいね!”など、人気を博しているアプリは立ち上げから短時間で何かしらのコンバージョンができる仕組みができています。業務アプリケーションでも位置情報の迅速な表示、ページ遷移に時間を掛けないようシングルページで収まる設計など、コンバージョンまでの時間短縮が命題になります」

開発環境の変化により誰でも「良いもの」が作れる時代に

また、業務用アプリ開発でネックになるのは「デザインのダサさ」。Salesforceが提供する『Salesforce Mobile Pack』ではすべてのエンジニアが「良いもの」を作れるように、20種類のデザインテンプレートを用意しているという。

同社提供のサービスでは、HTML5、CSS、JavaScriptなどの標準的なWeb技術はもちろんのこと、ドラッグ&ドロップでも開発できる環境が実現されるという。

アプリケーション開発の門戸を広げることで、同社の業務用アプリのプラットフォームとして発展していくための戦略だろう。

オフライン対応

オフライン時に更新した情報を反映するタイミングは管理者側で細かく設定できる

では、現在テスト的に開発されている“モバイルファースト”な業務用アプリにはどのようなものがあるのか? 同社のセールスサポートエンジニアに質問すると、一例として「営業職向けのルート管理アプリ」を紹介してもらった。

実際にデモを見せてもらったところ、アプリ立ち上げ後、すぐに目的地までのルートが表示され、ストレスはほぼ感じない。オフラインの環境でユーザー側からデータを上書きする際も、オンライン環境に移動してから本当に上書きするかどうかのアラートが出るような設定も可能になっていた。まさしく“モバイルファースト”な設計といえよう。

このアプリケーションには、業務用アプリケーションにおいてユーザーの“Micro-Moment”を効率よく活用することがいかに大切か、という同社の思いを感じた。

取材・文・撮影/佐藤健太(編集部)