エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

クックパッド 片山育美さん/UIデザイナーとしてユーザーが幸せになるものだけを作りたい【From Woman type】

公開

 

仕事でもプライベートでも輝いている女性をクローズアップ! 自分らしいワーク&ライフスタイルで充実した毎日を送っている女性たちから、ハッピーに生きるヒントを教えてもらっちゃおう。

※記事提供:『Woman type

 

今回紹介するワーキングビューティーは、クックパッドのUIデザイナー、片山育美さん。入社2年目にして新規事業の『やさい便』をはじめ、数多くのサービス開発に携わっている彼女。あまり聞きなれないUIデザイナーの仕事内容から、揺らがない仕事軸、そして根っからのエンジニア魂を感じられるプライベートに迫る!

入社当初はまったく知らなかった「UIデザイナー」の仕事

―― 今のお仕事は「UIデザイナー」ということですが、どのようなお仕事なのですか?UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、仕事を簡単に説明すると、ユーザーがインターネットサイトの画面を使いやすくなるよう、レイアウトや文字やアイコンの表示の仕方、入力方式などを設計・実装するのがUIデザイナーの役目です。レシピサイト『クックパッド』の画面で例えると、レシピの並べ方、アイコンのかたちや付け方、レシピへの誘導の仕方などをカタチに落とし込む仕事です。

―― そもそもなぜUIデザイナーに?

新卒で当社に入社した時は、サービス開発のエンジニアでした。「UI」についてもよく分かっていなかったですね(笑)。入社1年目の春に、ユーザーを新機能サービスへ誘導するためのユーザーテストのページを作る機会がありました。わたしと先輩がそれぞれ1パターンずつ作ったのですが、わたしは、ゴチャゴチャしたデザインだとユーザーは広告バナーだと勘違いしてスルーしてしまうだろうと考え、興味を引くキーワードだけを掲載したシンプルなものを作ったのです。

ユーザーテストの結果、わたしが作ったページには、先輩が作ったページの20倍ものアクセスが。「ユーザーの気持ちになってサイトの画面や機能を作る仕事って面白い!」と思って上司に話したら、それが「UIデザイナー」なのだと教わりました。それからまもなくUIの新規部署が立ち上がり、異動することになったんです。―― まさに、”転機”だったのですね。現在、異動されて約1年ですがどんなお仕事に携わっているのですか?

同じ部署には4名のデザイナーがいるのですが、それぞれ担当業務がはっきり別れていて、わたしは新規事業の『やさい便』や、『クックパッド』のiPhone・iPad専用アプリなど、新しいサービスや新しいデバイス向けのクックパッドアプリを手がけています。

一度リリースして無事にシステムが動けば終了というわけではなく、ユーザーにとって本当に使いやすい導線になっているか、分かりやすい設計になっているかなど、社員や友人、実際のユーザーさんに直接ヒアリングして試行錯誤しながら改良を続けていきます。―― クックパッドのUIデザイナーの中でも一番若手だと伺いましたが、新規事業も任されているなんてすごいですね。

ありがとうございます。よく老けてみえるって言われます(笑)。以前は、それが嫌だなって思うこともあったのですが、社会人になってからは「新卒に見えない=しっかりしている」と言ってくださる方も多いので、今は老けて見えることが自分の”武器”だと思えるようになりました。

ユーザーにとっての「1ピクセルの差」に執着できるかどうか

##

2010年に未踏ユースに採択された経験を持つ片山さん。「もんじゃ」というニックネームがある

―― お仕事内容を伺っていると、「終わりのない仕事」というイメージがあります。毎日お忙しそうですが、モチベーションはどうやって保つのですか?モチベーションを保つというよりは、仕事をする上で大切なことを忘れないために、「投げ出さない」という言葉をデスクに貼っています。というのも、昨年の11月に、スマートフォン版クックパッドのUI改善合宿を行った時の衝撃があったから。

そこでは、弊社創業メンバーの1人もUIデザイナー3人と一緒にデザインを作っていたのですが、その時びっくりしたのが、彼が1ピクセルにこだわるんですよ。デザイン性や見た目の美しさではなく、「ユーザーにとって使いやすいかどうか」の1ピクセルにこだわるのです。
ユーザー視点のサービス開発において「絶対あきらめない」という彼の姿勢に感動してしまいましたね。それからは、常にいまあるものはベストではない、投げ出さず改善していこうという気持ちを忘れないようにしています。
―― 常に「ユーザー視点を忘れないこと。そのためになることは絶対投げ出さない」というのが片山さんの”仕事の軸”なのですね。ちなみに、尊敬している人はいますか?先ほどお話した上司もそうですが、やっぱり小さいころから近くで見てきた母ですね。

母は小学校の教師だったのですが毎日朝から晩まで忙しく働いていました。でも、家族の前ではいつも笑顔で。きっと落ち込むこともあったでしょうが、決してそんな素振りは見せませんでした。いつも前向きに物事に取り組んでいる背中を見て育ったので、わたしもそうなりたいと強く思います。

ストレス解消の趣味は休日にiPhoneアプリを作成すること

―― 忙しい毎日を乗り切るために、健康に気を付けていることはありますか?外食するとどうしても野菜が不足してしまうので、弊社のサービス『やさい便』を実際に利用して旬な野菜を自宅に届けてもらい、なるべく自炊するようにしています。なかなか買い物にいく暇がないのでとても重宝していますね。

また、社内のキッチンに数種類のお茶のティーパックがあるので、気分に合わせて温かいものを飲み、冷え性対策をしています。―― ではストレス解消法はどうですか?

実は、プライベートでiPhoneアプリを作ることがストレス発散につながっています。意外と1日くらいで作れちゃうんですよ。今までいくつかリリースしているのですが、恋人と会うまでの時間をカウントしてくれる『恋人アラーム』や、カップルで楽しめる『恋人クイズ』など恋愛ツールネタは特に人気で、後者は20万ダウンロードを記録しました。

自分の好きなこと、やりたいことをしたら誰かを幸せにできる。これって、まさに一石二鳥じゃないかって(笑)。「一石二鳥」ってぐうたらなイメージで使われますけど、わたしは、仕事でもプライベートでもこの「一石二鳥」は良いことだと思うんですよね。―― 最後に今後の目標を教えてください。

先ほどの「一石二鳥」につながるのですが、自分のやりたいことでユーザーをもっともっと幸せにしたい。そのためにまず、自分が「やりたい」と思ったことが実現できるよう、デザインやプログラミングのスキルをしっかり身に付けたいですね。

オンでもオフでも、何かをするときに迷ったら「自分のやりたいことかつ、誰かを幸せにできることか」と自分に問い、「◯」なものを選択するという片山さん。UIデザイナーという天職に出会い、今日も『クックパッド』のユーザーのために奔走しているに違いない。

取材・文/岩井愛佳  撮影/赤松洋太

 

<姉妹サイト『Woman type』その他の記事>
>> 社員3名、月給5万円からスタートしたクックパッドでの9年間―小竹貴子さん×藤井佐和子さん対談
>> サイバーエージェント 尾端安奈さん/「いつかメディアを作りたい」夢を叶えて初挑戦したプロデューサー
>> iPhone無料アプリ『ベジ日記』 食べた野菜と栄養を記録できる日記アプリが無料リリース!