アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

ITプロジェクト推進担当/日本を代表する総合法律事務所・弁護士業界経験不問

  • 正社員
  • 面接情報有
  • 年収:450〜1000万円
  • 掲載期間:2022.07.29〜2022.08.25
ITプロジェクト推進担当/日本を代表する総合法律事務所・弁護士業界経験不問

この求人の特色アイコンの説明

  • 未経験歓迎
  • 学歴不問
  • 第二新卒OK
  • ベテランOK
  • 複数名採用
  • 完全週休2日
  • 休日120日
  • 賞与複数月
  • 上場企業
  • 転勤なし
  • 土日面接可
  • 面接1回

弁護士業界のご経験は不問。
キャリア採用者の前職は多種多様!
弊所にぜひ新しい風を吹かせてください。

入所にあたり、弁護士業界のご経験や法律業務の知識などは問いません。実際に弊所で活躍するIT部門のメンバーはコンサルティングファームやSIer、事業会社など様々な業界の出身者がおりプロフィールは多彩。前職での経験や実績を存分に活かし、弊所に新しい風を吹かせていただければと考えています。

弊所は、国内における本格的な国際法律事務所の草分けとして、1950年代初頭から実績を残してきたアンダーソン・毛利事務所と、友常木村法律事務所、ビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所が合併・統合して誕生した総合法律事務所です。

直近10年で弊所の人員規模は約2倍となり、業務の拡大と多様化が進む中、ITを駆使した生産性向上と、サービスクオリティの更なる向上を目指しています。

そのためにはITやセキュリティ、監査に関わる数々の重要プロジェクトを推進し成功させることが不可欠。今回ぜひたくさんの方にエントリーしていただけることを望んでおります。

募集要項

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業が募集している求人の詳細です。

募集背景

弊所は事業成長とともに、この10年で約2倍の人員規模になり、扱う案件の大規模化、複雑化が進む中、オペレーションの更なる生産性向上と高度化が求められています。

その実現には、リーガルサービスを支える情報システム部門の変革が必須であるため、今回ビジネス変革の担い手となる新たなメンバーを募集します。

仕事内容

お持ちのスキル・経験を考慮の上、下記業務の中から担当を決定します。

■監査&リスク管理分析
監査やリスク管理を行うチームのコンプライアンス分析担当。内部監査プロセスにおける計画から実施、レポーティング、改善フォローといった対応や外部監査対応、業務委託先の監査対応、情報セキュリティ教育等。

■PMO、PL
インフラ基盤戦略立案、ファイルサーバーや文書管理システム更改、VDI基盤構築、認証システム最適化、所内電話基盤更改など中長期にわたる大規模プロジェクトへ参画し、企画から管理まで携わっていただきます。

■所内業務プロセスの自動化推進
リーガルサービスやITサービスの業務プロセス自動化推進担当として、業務ヒアリングからプロセス自動化の要件定義、最適なツールの選定と設計・実装、実装後のユーザーサポートまで一連の業務を手がけていただきます。
注目IT部門強化の背景

弊所においては、VDI基盤の導入・拡張やメールに代わるコミュニケーションツールの導入・高度化等、柔軟な働き方の実現によって業務効率化とコスト削減を推進するDigital-Transformationと、老朽化する文書管理システム等の基幹システム刷新や災害対策基盤の構築など、システム基盤強化の実現によりITシステム安定化を推進するLegacy-System Modernizationを両輪で推進する方針としており、実現に向けてIT部門の強化が求められている状況です。

また近年はLegal TechやRPAの導入などDigital-Transformation領域により力を入れています。

応募資格

【必須スキル・経験】
■ITアプリケーション、インフラの基礎知識
■論理的思考力、コミュニケーション力
■問題分析・解決能力
■技術的向上心、技術キャッチアップ力

【下記いずれかのスキル・経験をお持ちの方】
■内部監査、外部監査、その他の関連業務経験(目安1〜3年以上)
■情報システムのユーザー部門やコーポレート部門との折衝経験
■総務人事部門や会計部門などコーポレート部門でのビジネスアプリケーション導入や製品選定経験
■ERPソフトウェアのコーポレート部門に対する導入コンサルティングや保守業務の経験
■アプリケーションやインフラ等の開発、保守、および運用等の業務経験
■プロジェクトマネジメントに関連する基礎知識(PMBOKなど)
■他部門、業務部門との折衝経験
歓迎する経験・スキル

■ユーザー教育経験、セキュリティ教育経験
■プロジェクト管理経験
■資格(CISM/CIA/CAIS/CSA/ISMS/ITIL関連等)
■SIer、コンサルティングファーム、事業会社における総務人事部門や会計部門等の業務改善
■マネジメントレベルへの報告、会議ファシリテート経験
■アプリケーションやインフラ等の開発、保守運用等の業務経験
■PMP、プロジェクトマネージャー(IPA)、プロジェクトマネジメントオフィスでの業務経験
■Winactor、UiPath、PowerAutomateDesktop等のRPA関連スキル・経験
■Workato、Zapier等のノーコード・ローコードツールによるシステム連携や自動化実装の経験
■ビジネスレベルの英語力(TOEIC600以上)を有する方

過去の採用例

SIerやコンサルティングファーム、事業会社など、IT部門の所員の前職・プロフィールは様々です。

雇用形態

正社員

想定給与

月給25万円〜44万円(別途残業代、手当等あり)
※経験・スキルに応じて決定します
※試用期間(6ヵ月)あり。期間中の待遇に差はありません
※残業手当は別途全額支給します
実際の給与例

【年収例】
年収639万円程度/30代前半
年収904万円程度/リーダークラス

      

勤務時間

フレックスタイム制
標準労働時間7時間30分/日
コアタイム 午前10時00分〜午後4時00分(昼休み1時間)
残業について

残業月平均時間は20〜30時間ほどです。

勤務地

弊所東京オフィス
(東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング内)
※「大手町駅」C6a出口直結
勤務地エリア

東京都(中央区)

勤務地をさらに表示 ∨

働き方
項目の説明

リモートワークOK

休日休暇

■完全週休2日制(土日)
■祝日
■年末年始(12月30日〜1月4日)
■年次有給休暇(初年度15日)
■特別休暇(慶弔休暇、出産・育児休暇、介護休暇、夏季休暇等)

待遇・福利厚生

■社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
■退職金制度
■財形貯蓄
■産業医健康相談
■クリスマスパーティー
■勉強会
■サークル活動(ゴルフ、テニス、フットサル等)
■ベネフィット・ステーション
■電話健康相談・カウンセリングサービス
■インフルエンザ予防接種補助
■育児のための短時間勤務制度(小学校3年生を終了するまで)等

掲載終了予定日:2022.08.25

もっと知りたい!会社の素顔

募集要項だけでは伝わらない 会社の魅力をお伝えします。

社員インタビュー

所員の声(前職:事業会社SE)

SIerで勤務したのち、事業会社の社内SEを経験。その後さらに弊所へ転職しました。弁護士業界は未知の領域でしたが、だからこそ面白く経験の幅も広がりそうだと思い応募。実際に所内のIT部門には事業会社やIT業界から転職してきたキャリア採用者が多く、入所に際して敷居の高さやなじみにくさは全くと言って良いほどありませんでした。

弁護士業界は保守的なイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、弊所はデジタル化による業務改革に積極的なため、入所後はやりがいを大いに実感できます。グローバルなサービス展開をしているため、ちょっとした業務改善やIT化であっても、事業に対して大きな効果が生まれます。

所員の声(前職:事業会社SE)
【写真:弊所弁護士】弁護士業務の大幅な効率化を実現し感謝される機会も多くあります。
所員の声(前職:コンサルティングファーム コンサルタント)

以前はコンサルティングファームで勤務し、企業の業務改革支援に携わっていました。昨今の法律事務所を取巻く環境は激変していて、弊所がITを通じた業務改革を強く推進していると知り、自らのコンサルタント経験を大いに活かせるのではないかと思い入所を決めました。

全くの業界未経験から入所しましたが、所内には私と同じコンサルティング業界のほかIT業界や事業会社から転職してきたキャリア採用のメンバ―が在籍していて、プロフィールも個性も様々。所員各自に裁量を与えるフラットな組織のためパートナー弁護士とも直接話しやすく、意思決定もスピーディ。自らの提案が形になるのは前職に比べて断然速く、やりがいを実感しています。

所員の声(前職:コンサルティングファーム コンサルタント)
【写真:弊所内】グローバルな事業展開をしている弊所はITでの業務改革効果も大きく、やりがいがあります。
  • 【写真:弊所エントランス】東京駅・大手町駅からアクセス抜群の大手町パークビルディング20階がオフィス。
    【写真:弊所エントランス】東京駅・大手町駅からアクセス抜群の大手町パークビルディング20階がオフィス。
  • 【写真:IT部門マネージャー 金子さん】「個人の裁量が大きく、主体的に動けてやりがいを実感できます」
    【写真:IT部門マネージャー 金子さん】「個人の裁量が大きく、主体的に動けてやりがいを実感できます」
  • 若手弁護士からパートナー弁護士まで皆話しやすく、業務上の相談や協力もお願いしやすい職場です。
    若手弁護士からパートナー弁護士まで皆話しやすく、業務上の相談や協力もお願いしやすい職場です。

会社概要

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業の会社概要です。

事業内容

国際・国内企業法務(国際的企業買収(M&A)・企業提携案件、各種契約関連業務、対外・対内直接投資、証券の発行その他の国内・国際金融業務、不動産関連業務、電子商取引・電子金融取引、経済法関係事件、知的財産関係案件、労働事件、訴訟、仲裁その他の各種紛争処理案件、国際倒産・事業再生案件、危機管理案件等)

設立

1952年7月8日

従業員数

日本法資格弁護士 約525名、非日本資格弁護士 約65名、弁理士 約20名、その他 約650名

平均年齢/35歳5カ月(2022年4月現在)

代表者

パートナー弁護士  中川 裕茂

応募について

選考プロセスをはじめ、応募時に必要な情報や連絡先を確認できます。

選考プロセス

  1. STEP01

    応募エントリー

  2. STEP02

    書類選考

  3. STEP03

    面接

  4. STEP04

    採用条件確認

  5. STEP05

    内定・入所

面接日、入所日はご相談に応じます。

連絡先

〒100-8136

東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディング

TEL / 03-6775-1000 (代表)

掲載終了予定日:2022.08.25

転職活動・求人応募についてよくある質問

Q.なかなか求人への応募に踏み切れない場合、どうしたら良いでしょうか?

興味のある求人を見つけたら、早めのご応募をお勧めします。 応募後の面接は、企業の採用担当者や社員と直接話すことができる絶好のチャンス!
企業の雰囲気などを感じることで、より良い転職活動に繋がります。まずは企業との接点を持つことが大切です。

Q.応募資格を満たしていない場合、応募はできないのでしょうか?

企業により異なりますが、応募資格を満たしていない方が採用に至った事例も多数ございます
不安点は面接時に質問するか、応募前に企業へ確認することをお勧めします。その際には、求人ページ内にございます「連絡先」へお問合せください。

Q.すでに別の求人に応募し、選考が進んでいます。他にも気になる求人があるのですが、応募しても良いのでしょうか?

複数社へ同時に応募することに問題はございません。同時に複数社の選考を進めることで、効率的に転職活動が行えるだけでなく、
転職先企業の決定時に比較検討が可能となり、失敗しない転職へと繋がります
。複数内定の獲得を目指して、積極的に応募しましょう!

この企業が同時募集している職種

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業のその他の求人です。

プロジェクトマネージャー・ITコンサルのピックアップ企業

typeのオススメ企業の求人をピックアップ!


同一カテゴリの求人をもっと見る

今見ている求人が含まれる職種や勤務地、こだわり条件などのカテゴリからほかの掲載企業の転職・求人情報を探すことができます。

その他の条件で探す

typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

職種から探す

勤務地から探す

こだわり条件から探す

スキル・資格から探す

業種から探す

希望年収から探す

この求人情報について

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業の中途採用情報です。同社の募集している職種の仕事内容や給与、応募資格などを知ることができます。後から見たい場合は検討中リストに保存すると便利です。