東京都 デジタルサービス局

ITコンサルタント/システムアーキテクト(デジタルシフト推進担当課長)東京都の構造改革・DX化を推進

  • その他
  • 年収:1000〜1200万円
  • NEW
  • 終了間近
  • 掲載期間:2022.08.09〜2022.08.15残り5
ITコンサルタント/システムアーキテクト(デジタルシフト推進担当課長)東京都の構造改革・DX化を推進

この求人の特色アイコンの説明

  • 未経験歓迎
  • 学歴不問
  • 第二新卒OK
  • ベテランOK
  • 複数名採用
  • 完全週休2日
  • 休日120日
  • 賞与複数月
  • 上場企業
  • 転勤なし
  • 土日面接可
  • 面接1回

世界有数の都市、東京のデジタル化を進める
都政の構造改革の推進役として活躍する醍醐味。

1400万人の人口が暮らす日本の首都・東京。
世界有数の都市になる確かなポテンシャルを持つ
東京の可能性を引き出し、東京で住む都民が
より質の高い生活を送れるよう、令和元年に
“スマート東京”という概念を提示しました。

このスマート東京の実現に向けた施策を
具体化・加速化させるため、
令和3年に『デジタルサービス局』を設置。
デジタル技術を活用した都政のQOSの向上のため、
さまざまな業務をリードしています。

今回は、東京をスマートシティにするために必要な
“都政の構造改革”推進のための各種プロジェクトに携わる
ITコンサルタント/システムアーキテクトの募集。

東京都のシステム設計方針の策定をはじめ
都庁内で抱えている根本的な組織の課題解決、
サービスのデザインなど、上流フェーズから
都庁全体のDX推進をリードしていただければと思います。

IT業界で培われた知見・スキルを活かして、
多くの都民の生活の質(QOL)向上をデジタルの力で実現する。
そんな醍醐味あふれた業務で活躍しませんか?

募集要項

東京都 デジタルサービス局が募集している求人の詳細です。

募集背景

東京都庁内外のユーザーに向けた質の高いデジタルサービスの提供や、デジタル技術を活用した都政のQOSを飛躍的に向上させるためのリード役として、令和3年4月にスタートした東京都デジタルサービス局。今回はシステム全体のデザインや、アーキテクトを担っていただける経験者の方を、募集することになりました。

仕事内容

これまでにIT業界で培われた経験を活かして、
以下の業務でご活躍いただきます。

≪システムアーキテクト≫
◆新しい東京都を支えるシステムの設計方針の策定
◆システム構築の目的・要件を見極めたうえでのアーキテクチャの検討・実行
◆東京都での調達の仕組みを理解した上でのプロジェクトにおける
スコープ・コスト・スケジュール・リソース・リスク・調達方法についての助言及び支援
◆各プロジェクトのマネジメント方針、プロセス策定・実行

職員へのスキルトランスファーによるIT知識の向上のほか、
都の各局から寄せられた課題に対し、
ソリューションを生み出すことがポイントです。
経験・スキルを活かして、職員全体の成長を
促進していただければと思います。

≪ITコンサルタント≫
◆事業や業務の現状分析、課題抽出、課題解決策の立案支援
◆システムの企画構想支援および要件定義支援
◆調達における仕様書レビュー等の各種アドバイザリー

システム構築プロジェクトをスムーズに進めることがミッション。
ICTの領域も含め、ビジネスのプロセス全体の企画検討・実行を推進する
ポジションとして活躍できます。
案件例
エンジニア限定取材

東京都の各部署で使用される予定の、新たなシステム開発の計画が進められています。DX推進のカギとなるもので、開発規模も非常に大きいものとなります。正式にリリースされれば都においてはエポックメーキングとなるニュース性の強い案件。都としても大きな期待をかけるプロジェクトに関われます。

注目総合的・多面的な視点を身につけられる環境です。

東京都のさまざまポジション・部門の
集合体である都庁で業務に取り組むことになるため、
日々多彩な情報が寄せられることになります。

知事や副知事の動向、各局ごとの事業、
自治体の活動…など、総合的、多面的な視点を
持ちながら業務を考え、推進していくことになります。

難しい判断を迫られるシーンも少なくないでしょう。
だからこそ、視野を広げて
豊富な知見を習得できる業務でもあります。

注目未来の東京をカタチづくる“シン・トセイ”の推進に参画!

世界有数のグローバルシティ・東京も、先進国の首都の中ではデジタル化・DX化が遅れていることは否めません。

そこで世界水準のDX推進都市を目指し、誰もが安全安心に幸せを享受できるよう官民一体で推進する『シン・トセイ 都政の構造改革QOSアップグレード戦略』という未来をつくるプロジェクトなどにも積極的に参画しています。

ITコンサルタント/システムアーキテクトは、この戦略を実装に落とし込むために理念と現実との間の橋渡し役としての活躍が期待される重要なポジションです。

培ったスキルを活かし、デジタルを梃子とした都政のOS向上、都民のQOL向上の実現を目指しませんか?

応募資格

◆令和4年11月1日に入都可能であること
◆学歴不問
◆情報システムの構築・管理に従事した実務経験を10年以上お持ちの方
◆多様な関係者と効率的かつ円滑にコミュニケーションできる方
◆ICTに詳しくない人に対しても、内容や意義を分かりやすく説明できる方
◆プロジェクトを統括し、成功に導いた経験をお持ちの方
◆大規模な情報システムプロジェクトにおける、下記のいずれかの業務を経験された方(5年以上を想定)
┗企画構想および要件定義フェーズにおける、プロジェクト責任者などのリーダーの実務経験
┗要件定義、システム設計・開発フェーズにおける、リーダーの実務経験
歓迎する経験・スキル

≪システムアーキテクト≫
◇主要なプログラミング言語によるコードレビューの経験
◇大規模システムにおけるクラウド利用を含んだ設計・実装・運用経験
◇システムアーキテクチャーに関する経験知識
◇マルチタスクに対するスケジューリング能力・処理能力
◇ネットワーク(インフラ)、サーバー、データベース等、技術的得意分野を一つ以上

≪ITコンサルタント≫
◇BPR業務におけるハンズオンの実務経験
◇IT投資に関する、複数シナリオに対する費用対効果比較分析の実務経験
◇サービスデザインに関する知識
◇プレゼンテーション・ファシリテーションの実施経験
◇マルチタスクに対するスケジューリング能力・処理能力

この仕事の向き・不向き

向いている人

◎コミュニケーションを密にとることができること
日々の業務で自ら進んでヒアリングを掛けたり、足を運んだりする事が頻繁にあるため、積極的にプロジェクトに入り込んで課題解決に向けて動ける方が向いています。都庁内の各プロジェクト関係者や各区市町村の担当者など、コミュニケーションを図る対象は多岐にわたります。さまざまな方々とコミュニケーションを図りながら仕事を進めることに喜びを見いだせる方に最適な環境です。

向いていない人

×自分のスキルアップを主目的とする方
社会全体のデジタル化を推進するのが、今回の募集ポジションのミッション。自らのスキルアップを一番のモチベーションとする方には、向いていないかもしれません。業務によっては、先進的な技術を用いないことも多いです。それでも、デジタル技術を活用して、1,400万人の都民のため自らの経験を活かし、価値を提供することにやりがいを感じられる方に向いている環境です。

雇用形態

その他

想定給与

特定任期付職員としての採用となります。
任期は令和4年11月1日から令和6年3月31日までとなります。
(任期は最長で5年間まで延長できる場合があります。)

<給与例>
月給約53万円+地域手当20%+賞与年2回
※実際の給与例 年収/約1,040万円
※この給与情報は、2022年4月1日時点のものです。給与改定等があった場合は、その定めによります。
      

勤務時間

※始業時間は7時〜11時まで選択可能です。
9:00〜17:45(実働7時間45分)

勤務地

≪東京都デジタルサービス局戦略部≫
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎24階北側

※転勤はありません
※基本的には都庁に出勤して業務に取り組んでいただきますが、
業務によっては、区市町村等へ出張が生じる場合があります。
交通・詳細

JR各線「新宿駅」西口から徒歩約10分
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から直結

勤務地エリア

東京都(新宿区)

勤務地をさらに表示 ∨

休日休暇

◎年間休日120日以上◎
◆完全週休2日制(土・日)、祝日
◆夏季休暇 (5日)
◆年末年始休暇
◆有給休暇(2022年11月から2022年12月までの間で3日、2023年1月から1年ごとに20日付与)
◆産前産後・育児休暇
◆介護休暇
◆慶弔休暇

待遇・福利厚生

◆賞与年2回(6月・12月)
◆通勤交通費支給(上限月55,000円)
◆社会保険(労災、健康保険、厚生年金)
◆退職金制度
◆健康診断
◆屋内禁煙

掲載終了予定日:2022.08.15 残り5

もっと知りたい!会社の素顔

募集要項だけでは伝わらない 会社の魅力をお伝えします。

社員インタビュー

世界有数の都市である自治体で、業務を進める醍醐味。

もともとはシンクタンクの主任研究員でした。応募理由は、自治体の案件を“受託”する側ではなく、自治体側からプロジェクト全体をリード・発注する立場で働きたかったからです。自治体といっても東京都は、世界有数の大規模都市です。その東京を舞台にICTの推進に関わるというのは、社会的なインパクトが大きく魅力的でした。実際に業務に取り組んでみると、さまざまなステークホルダーが存在しているため、事業構造全体を踏まえた上で第一手としてまず何をするかといった大局観に関する理解が深められたように思います。東京都の仕事で結果を残すことは、とても良いキャリアレコードとなりますし、将来に向けての市場価値も高まると思います。

世界有数の都市である自治体で、業務を進める醍醐味。
岡本 拓(デジタルシフト推進担当課長/ITコンサルタント)
民での経験を官に活かすことが、自分の役割だと意識しました。

学生時代にIT会社を起業し、長期間にわたり海外に居住していました。外から日本を見て感じたことは「もっと日本を元気にしていかなければ」ということ。そこで“自分たちの生活に身近な行政を担う都庁”を活躍の場所に選んだ次第です。都庁では技術や技術を軸とした事業開発に関するコンサル業務などをメインで担当。民間で培ってきたコンサルティングスキル、システムやITに関する知識を活かして、東京都の為に働きたいと思っています。これまで30年近く、IT関連事業の立ち上げや様々な規格化に携わってきました。培ってきた知識やスキルを余すことなく、次代に向けてスキルトランスファーしていくことも自分の役割だと自覚しています。

民での経験を官に活かすことが、自分の役割だと意識しました。
八田(デジタルシフト推進担当課長/システムアーキテクト)

取材担当者より

明治時代から着実に発展を続け、現在では人口1400万人を有する東京。国内外の著名企業がオフィスを構える世界トップクラスの大都市へと成長を遂げている。 現在東京都では、都民が質の高い生活を送れるよう、東京版Society 5.0「スマート東京」の実現に向けて3つのアクションが展開されている。1つ目が、誰でも、いつでも、どこでも、世界最高のモバイルインターネットが「つながる東京」をつくる「TOKYO Data Highway構想」。2つ目が、行政が有する様々なインフラ・政策にデジタルテクノロジーを取り入れ、サービスの質を向上する「街のDX」。3つ目が、デジタル空間で全ての仕事や行政サービスが提供できるようにする「行政のDX」。今回は、これらスマート東京の実施戦略を担うべく、令和3年に新設された都の「デジタルサービス局」での募集だ。 有期契約ではあるが、行政側に立つ経験を活かしながら事業を進められる絶好のチャンスをぜひ掴み取って欲しい。

  • 世界有数の都市東京に住む都民の生活に密接するサービスや、東京を訪れる人の満足度を高める仕事に従事。
    世界有数の都市東京に住む都民の生活に密接するサービスや、東京を訪れる人の満足度を高める仕事に従事。
  • IT人材の登用で日増しにITの重要性が高まる東京は、スマートシティを目指し様々な政策を施行しています。
    IT人材の登用で日増しにITの重要性が高まる東京は、スマートシティを目指し様々な政策を施行しています。
  • 今回の募集は、マネージャーポジション。社会貢献のやりがいだけではなく、人材への還元も怠りません。
    今回の募集は、マネージャーポジション。社会貢献のやりがいだけではなく、人材への還元も怠りません。

会社概要

東京都 デジタルサービス局の会社概要です。

事業内容

デジタルの力を活用した行政を総合的に推進し、
都政のQOSを飛躍的に向上させるために2021年にスタート。
デジタルガバメント・都庁の実現を推進しています。

◆各局区市町村のDX推進の技術面からのサポート
◆デジタルに関する全庁統括
◆デジタル人材の結集・都庁職員育成

スマート東京の実現に向け、
◎電波の道で「つながる東京」
◎公共施設や都民サービスのデジタルシフト=「街のDX」
◎行政のデジタルシフト=「行政のDX」
都民のQOLの向上実現のため、上記の3本柱で施策を展開しています。

設立

2021年

応募について

選考プロセスをはじめ、応募時に必要な情報や連絡先を確認できます。

選考プロセス

  1. STEP01

    一次選考(応募書類による書類選考)

  2. STEP02

    二次選考(Webによる面接選考)

  3. STEP03

    三次選考(対面による面接選考)

  4. STEP04

    内定

typeの専用応募フォームからのご応募時に、
「志望動機」、「業務に活かせる資格・スキル」、
「募集ポジションに活かせる経験」を具体的に記入してください。

≪STEP01 書類選考≫
応募書類の記載内容により、
スキルや実務経験等を勘案し選考します。
※書類選考結果は、8月19日(金)までにお知らせします。
※選考には2〜3週間お時間をいただきます
※通過者には追って、二次選考の詳細
(日時、Web面接のURLなど)をお知らせします

≪STEP02 第二次選考≫
デジタルシフト推進担当課長としての
専門性などについて確認します。
※通過者には、三次選考の詳細
(日時、会場など)をお知らせします

≪STEP03 第三次選考≫
デジタルシフト推進担当課長としての適性や
人物面などについて確認します。

-----------------

※書類選考を含め、選考結果は応募者全員に通知します
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により選考方法について変更になる場合があります

ホームページ

東京都 デジタルサービス局https://www.digitalservice.metro.tokyo.lg.jp/

連絡先

〒163-8001

東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都デジタルサービス局

戦略部デジタル推進課ICT人材採用担当

掲載終了予定日:2022.08.15 残り5

転職活動・求人応募についてよくある質問

Q.なかなか求人への応募に踏み切れない場合、どうしたら良いでしょうか?

興味のある求人を見つけたら、早めのご応募をお勧めします。 応募後の面接は、企業の採用担当者や社員と直接話すことができる絶好のチャンス!
企業の雰囲気などを感じることで、より良い転職活動に繋がります。まずは企業との接点を持つことが大切です。

Q.応募資格を満たしていない場合、応募はできないのでしょうか?

企業により異なりますが、応募資格を満たしていない方が採用に至った事例も多数ございます
不安点は面接時に質問するか、応募前に企業へ確認することをお勧めします。その際には、求人ページ内にございます「連絡先」へお問合せください。

Q.すでに別の求人に応募し、選考が進んでいます。他にも気になる求人があるのですが、応募しても良いのでしょうか?

複数社へ同時に応募することに問題はございません。同時に複数社の選考を進めることで、効率的に転職活動が行えるだけでなく、
転職先企業の決定時に比較検討が可能となり、失敗しない転職へと繋がります
。複数内定の獲得を目指して、積極的に応募しましょう!

この企業が同時募集している職種

東京都 デジタルサービス局のその他の求人です。

プロジェクトマネージャー・ITコンサルのピックアップ企業

typeのオススメ企業の求人をピックアップ!


同一カテゴリの求人をもっと見る

今見ている求人が含まれる職種や勤務地、こだわり条件などのカテゴリからほかの掲載企業の転職・求人情報を探すことができます。

その他の条件で探す

typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。