三陽電工株式会社

ケーブル技術者/業界未経験OK/年間休日124日/賞与年2回/約10,000件の設計・製造実績/現場の声に柔軟に対応

    • 正社員

現在、この求人は@typeに掲載しておりません。

この求人情報は掲載当時の内容です。現在は内容が変更されている場合がありますのでご注意ください。

この求人の特色アイコンの説明

  • 未経験歓迎
  • 学歴不問
  • 第二新卒OK
  • ベテランOK
  • 複数名採用
  • 完全週休2日
  • 休日120日
  • 賞与複数月
  • 上場企業
  • 転勤なし
  • 土日面接可
  • 面接1回

豊かな社会の実現に貢献する歴史あるメーカー!
オンリーワンの技術で『電線』『ケーブル』づくりを極める

ハイブリッド自動車用ケーブル。
深海測定用ケーブル。
スペースシャトルに搭載された高感度カメラ用ケーブル。
1トンの重さに耐える窓拭きロボット用ハイテンションケーブル。
医療機器用ケーブル などなど。

今年創業70周年を迎えた当社は、設立以来
電線・ケーブルの設計・製造に特化した
ものづくりを手掛けてきました。
その実績は10,000種類以上にのぼります。

その経験を生かした新技術や新製品の開発にも取り組んでおり
近年は複数の特許を取得し、独自製品を発売しています。

この技術を受け継ぎ、発展させ、次世代へと残していくため
現在、新たな【ケーブル技術者】を積極採用中です。

もちろん、電線やケーブルの製造経験は問いません。
携わってきたものづくりの現場で培った経験を
ぜひ当社という新しいステージで活かしていただきたいと考えています。

従業員の意見を積極的に活用する社風のため
提案制度や表彰制度による評価も充実しています。
意欲のある方ならキャリアアップやキャリアチェンジのチャンスもご用意します。

これまでの経験や視点を
“世界でオンリーワン”のものづくりに活かしてみませんか。

募集要項

三陽電工株式会社が募集している求人の詳細です。

募集背景

1948年の創業以来、特殊電線・ケーブルメーカーとして成長を遂げてきた当社。近年は医療用機器のケーブルや、デザイン性が高い照明機器のコードなど、ますますニーズが広がっています。お客様からの依頼に応えられる将来のコアメンバー育成のため、正社員の中途採用をスタートしました!

仕事内容

当社の製品は、通信・医療などの日常生活に欠かせないものから、スペースシャトルに搭載されたモニター用カメラケーブルまで、様々な分野で活躍しています。

あなたには、ケーブルの製造加工の最終工程にあたる、押出工程を担当して頂きます。

≪具体的な仕事内容≫
■押出
電線の中心部(コア)の周りに
絶縁材(ビニルやポリエチレンなど)の被覆を付ける加工。
ケーブル押出機を使って絶縁材料の
ペレット(チップ)を溶融し、コアの周りに膜を作ります。
電線の強度や耐久性にも関わる重要な工程です。

★「コアって何?」「被覆って?」という方もご安心ください。
入社時に業界の知識や専門用語がわからなくてかまいません!

案件例
エンジニア限定取材

ハイブリッド自動車用ケーブル
深海測定用ケーブル
スペースシャトルに搭載された高感度カメラ用ケーブル
1トンの重さに耐える窓拭きロボット用ハイテンションケーブル
医療機器用ケーブル などなど

手がける商品・サービス

■オンリーワンの製品作りに携わる!
耐熱性や耐久性などのあらゆるニーズに応え、オーダーメイドの電線・ケーブル製造を手掛けてきた当社。特殊なケーブルや100メートル単位の小規模発注にも柔軟に対応し、多くの実績を残しています。設計・製造実績は10,000種類以上。特に自動車ハーネス用電線、計測用ケーブル、産業機器用ケーブルなどを強みとし、世界TOPクラスの製品作りを行っています。

注目この仕事の魅力は?

■手掛けた製品が世界で使用される醍醐味!
当社の製品は、医療機器用ケーブルや海底ケーブルなど様々な場所で活躍し、社会に貢献しています。自分が手掛けた製品が世界で使用され、役立っている。ものづくりに携わる者として、これほどのやりがいを実感できる仕事はありません。当社でなら、どんなニーズにも対応可能な高い技術力と専門性を極めた先にある、「自分にしかできないものづくり」の醍醐味を実感できます。

身に付くスキル
・キャリアパス

■キャリアアップ・キャリアチェンジのチャンスもあります
現場スタッフからリーダー→製造課長→工場長とステップアップも可能。製造のマネジメント層は、必ず現場出身者から登用しています。
また、将来的には適性によっては開発や営業に異動できるケースも。少数精鋭の企業ながら、柔軟な組織体制です。

入社後の成長サポート

■まったくの未経験から知識・技術が身につけられます
入社後は、検査や梱包からスタート。電線の基本的な扱い方や商品の種類などを少しずつ覚えていただきます。2〜3ヵ月で業務に慣れたら、押出工程に配属。チームの先輩達から学びながら、コツをつかんでください。優しい先輩がたくさんいますので、わからないことはどんどん質問してOK!丁寧に教えてくれます。

応募資格

◆学歴不問
◆何らかの製造経験をお持ちの方
※ものづくりに対して誇りを持って取り組める方、
経験浅めでも意欲ある方を歓迎します

【活かせる経験・スキル】
何らかの製造業経験をお持ちの方は、活かすことができます。

歓迎する経験・スキル

◎オンリーワンのものづくりに携わりながら、高い技術力を身に付けたい方
◎確かな実績を誇る会社で技術者として成長したい方
◎世の中に貢献する製品を生み出したい方 など

雇用形態

正社員

勤務時間

8:30〜17:30(実働8時間)

勤務地

【戸田工場】
埼玉県戸田市喜沢1-49-8

交通・詳細

JR『西川口駅』徒歩12分

勤務地エリア

埼玉県

休日休暇

☆年間休日124日!☆
■完全週休2日制(土日) ※年1〜2回土曜出勤あり
■祝日
■夏季休暇(3日)※休日休暇と合わせて6連休を取得
■冬季休暇
■GW
■年次有給休暇
■慶弔休暇

待遇・福利厚生

■昇給年1回(4月)
■賞与年2回(7月、12月)※2016年度実績3ヵ月分
■交通費全額支給
■社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■時間外手当
■出張手当
■役職手当
■皆勤手当
■家族手当(世帯主:月1万円、妻:月7000円、子一人につき:月1000円)
■退職金制度
■資格取得支援制度
■制服貸与
■福利厚生代行サービス加入
■表彰制度

会社概要

三陽電工株式会社の会社概要です。

事業内容

■電線・ケーブルの設計・製造・生産
◎10,000種類以上の設計・製造実績あり
◎特に自動車ハーネス用電線、計測用ケーブル、産業機器用ケーブルなどが強み

≪取扱製品例≫
ハイブリッド自動車用ケーブル
深海測定用ケーブル
スペースシャトルに搭載された高感度カメラ用ケーブル
1トンの重さに耐える窓拭きロボット用ハイテンションケーブル
医療機器用ケーブル 等

設立

1948年12月22日

従業員数

34名

資本金

1,040万円

代表者

取締役社長  小林 潤

応募について

選考プロセスをはじめ、応募時に必要な情報や連絡先を確認できます。

選考プロセス

  1. STEP01

    Web応募書類による書類選考

  2. STEP02

    1次選考(面接)

  3. STEP03

    2次選考(面接)

  4. STEP04

    内定

【@type】の専用応募フォームからご応募ください。
※応募の秘密厳守します
※書類選考に1〜2週間程度お時間を頂いております
※応募書類はご返却できませんので、予めご了承ください

◆ご応募から内定までは2〜4週間を予定しております
◆面接日、入社日はご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください
◆結果については合否に関わらずご連絡致します

転職活動・求人応募についてよくある質問

Q.なかなか求人への応募に踏み切れない場合、どうしたら良いでしょうか?

興味のある求人を見つけたら、早めのご応募をお勧めします。 応募後の面接は、企業の採用担当者や社員と直接話すことができる絶好のチャンス!
企業の雰囲気などを感じることで、より良い転職活動に繋がります。まずは企業との接点を持つことが大切です。

Q.応募資格を満たしていない場合、応募はできないのでしょうか?

企業により異なりますが、応募資格を満たしていない方が採用に至った事例も多数ございます
不安点は面接時に質問するか、応募前に企業へ確認することをお勧めします。その際には、求人ページ内にございます「連絡先」へお問合せください。

Q.すでに別の求人に応募し、選考が進んでいます。他にも気になる求人があるのですが、応募しても良いのでしょうか?

複数社へ同時に応募することに問題はございません。同時に複数社の選考を進めることで、効率的に転職活動が行えるだけでなく、
転職先企業の決定時に比較検討が可能となり、失敗しない転職へと繋がります
。複数内定の獲得を目指して、積極的に応募しましょう!


同一カテゴリの求人をもっと見る

今見ている求人が含まれる職種や勤務地、こだわり条件などのカテゴリからほかの掲載企業の転職・求人情報を探すことができます。

その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

先頭へ