株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)の中途採用情報

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)の中途採用情報です。同社の事業内容や募集中の転職・求人情報を掲載しています。企業のことを詳しく知りたい場合は企業概要をご覧ください。

募集している職種

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)の求人情報です。

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る

事業内容

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)の事業内容を紹介します。

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)
アウトソーシング、受託開発、自社開発とIT企業としての成長ビジョンを描いています。

●ITエンジニアの絶対数の不足に加え、近年ではそのスキルレベルの低下にも警笛が鳴らされつつあります。当社はこのような国内のIT企業が抱える課題の解決と、東北アジア(日本・韓国・中国)における産業の活性化を目指すITアウトソーシング企業です。ITスキル、日本語スキルにおいて十分に教育を施した若手ITエンジニアも活躍しており、様々な業界のシステム開発において力を発揮しています。

●現在は、従来のアウトソーシング事業に加え、日本の製造業各分野における熟練の専門技術者を韓国に派遣する、という人材派遣業の新しいビジネスモデルを展開中。

◆一般労働者派遣事業許可番号 般13-302102
◆有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-302386

企業概要

株式会社 IBB JAPAN (International Brain Bank)の企業概要を紹介します。

設立

2006年7月13日

従業員数

平均年齢/28歳

資本金

1億円

代表者

代表取締役 孫 性祖

取材担当者より

深刻なエンジニア不足で悩む日本企業への韓国IT技術者派遣という新たなグローバルビジネスにイチ早く目を付け、早くもこの事業を軌道に乗せているIBB JAPAN。既に韓国にグループ会社を設立し、近々中国や北東アジア圏にも進出予定である。
このビジネスにおいて注目すべき点は、なんといっても韓国の名門私立大学である韓国中央大学とMOU協定を締結しているということ。この協定によって、IT技術および日本語教育を施す教室および教授陣が確保され、優秀なIT技術者を確実に育成できる体制が整い、事業基盤が確立できている。だからこそ、優秀なIT技術者を確実に獲得できているのだ。
ただ新しいビジネスに注目しただけではなく、この徹底した取り組みがある同社のビジネスモデルは非常に興味深い。そして、今後の更なる可能性にも期待したい。

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る