給与交渉&退職交渉 - 転職完全マニュアル

■給与交渉は面接での確認時か、内定後に
■年収アップの交渉には根拠が必要
■辞職を伝える前に、引継ぎ期間を計算せよ
■入社日がずれ込みそうなら、転職先へマメに連絡

給与交渉

給与交渉は自分からしていいのか、誰もが気になるところ。するなら、いつの時点か。それは微妙な問題だ。

「内定が出た後にするのがよいと思います。また、会社によっては一次面接の時に確認されることも。人事担当者から話が出る前に、『いくらもらえますか?』などと面接で切り出すのはダメですね。『給料へのこだわりが強い人だな』と敬遠されます」

転職で年収アップを実現したいのは山々だが、キャリアが活かせる転職の場合か、会社の格が上がった場合でなければ年収アップは難しい。

「現状維持が相場です。例えば年収400万円の人なら、転職後も400万円。その人が、転職先に450万円の希望を出すなら、この春に昇給して450万円になるとか、内定が出たもう一社が450万円だとか、根拠を示す必要がありますね」

希望額として提示しても角が立たない線は、前職比50万円アップ程度を考えるといい。いつ譲歩するかなど、交渉には空気を読む力も必要だ。

退職交渉

転職先から内定が出たら、次の課題は、退職交渉をいかにスムーズに進めるかになる。辞める意思を伝えてから退職日までは2週間というのが法的な最低ライン。だが円満退職のためには、少なくとも1カ月は見積もるべきだろう。

「退職の意志を告げる前に、まず引き継ぎに必要な期間など計算し、転職先の人事に告げる入社予定日を決めるといいでしょう。また、『退職交渉をしてみないとわかりませんが、早ければ○月×日、遅くても○月×日には……』という話の進め方をするとリスクヘッジになりますね」

退職の意志は、まず直属の上司へ伝えること。そうすれば人事からアプローチが来る。気をつけなくてはいけないのが、いきなり人事に辞表を出すのはNGであること。上司がなかなか退職を認めてくれないなどの場合のみ、人事に辞表を持って行くなどの強硬手段を採るようにしよう。また、退職交渉でもめて、入社時期がずれ込む可能性が出た場合、転職先の人事に状況をマメに報告すると、トラブルを防げる。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。