スマートな退職届けの書き方・記入例 - 転職完全マニュアル

内定から入社に至るプロセスは、わだかまりを残さないよう、スマートにこなしたいもの。退職する意志を正式表明する退職願の提出も忘れてはならない。

内定から入社に至るまでのプロセスは、わだかまりを残さないよう、スマートにこなしたいもの。退職する意志を正式に表明するものが退職届である。

一方的に退職願を書き、提出するのは、言語道断。退職の意志が決まったら、まず直属の上司に相談する。その上で退職日なども決め、退職願を作成するようにしよう。離職届など、退職してから取りに行かなければならない書類などもある。また、転職した企業によっては、前の職場がクライアントになる可能性もゼロではない。多かれ少なかれ、退職後も前にいた企業との関わりは続くことを肝に銘じておこう。

POINT1 退職届けの記入例

POINT2 便せん・封筒など

便せん、封筒共に白地の物を使う。封筒の表紙には「退職願」、裏には所属部署と氏名を記入

POINT3 円満退社に向けて

●ヘタな嘘は絶対につかない。辞める理由と自分のキャリア設計までを、正直にキチンと話す
●事前準備が大切です。周囲の人に迷惑をかけないように、退職までのスケジューリングは用意周到に
●自分より先に辞めた先輩の“退職までの様子”を事前勉強しておくこと。その会社における「上手な辞め方」は、マニュアルではわからないのだ



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。