採用コラム

中途採用に悩む人事担当者必見!
第二新卒を採用するメリットとデメリット


理想を言えば、現場に完璧にマッチしたキャリアを持つ中途社員を採用したい。でも、そんな人材にはなかなかめぐり会えないものですよね。
「それならばいっそ、新卒の採用に切り替えてしまおう!」と、方向転換するのではなく、第二新卒を採用のターゲットにしてみてはいかがでしょうか?
今回は第二新卒を採用する3つのメリットをご紹介します。


【1】メリット1−新卒よりも、採用後の教育コストがかからない

転職市場における「第二新卒」は、学校を卒業し一度就職をした後、数年内に離職し、転職活動を行なう若手求職者を指します。(「既卒者」は、卒業後、就職していない人を指します。)
社会人としての辛さや楽しさをある程度経験した上で、自分が本当にしたい仕事は何なのかを見つけたくて転職活動をしているのが第二新卒です。
社会人経験やスキル・知識は浅いものの、新卒者とは違いビジネスマナーなど一般的な社会人としての常識は身についているので、新卒と比べてまた、一定のキャリアがある人材と比較したときには、若手であるがゆえに「素直さ」「行動力」「社風や制度に馴染みやすいこと」など、のメリットも期待できます。


【2】メリット2−第二新卒市場は中小企業も参入しやすい

就業経験がない新卒は、就職先を企業の知名度で決めてしまいがちです。しかし、第二新卒者は自分のやりたい仕事や環境を求めて転職活動をしていますので、ニーズにマッチすれば知名度が高くない企業であっても応募をします。
結果として、中小企業でも優秀な人材を採用できる可能性が高くなります。
また新卒採用であれば採用活動の期間が限られてしまいますが、第二新卒であれば、時間的な制限がなく、ゆっくりと目の前の人材と向き合うことができます。


【3】第二新卒を採用するときの注意点

前の会社で1〜3年で辞めている第二新卒の中には、精神的に幼く、環境への適応能力が低い人も。こういう第二新卒は、採用しても早期に辞めてしまう可能性があります。
そのため、困難な状況に陥ったとき、それを乗り越えるだけのバイタリティや仕事に対する真摯な姿勢や責任感があるかどうかを見極めることが重要なポイントになります。
志望理由などをはっきり示せるかどうか、前の会社で素直に柔軟にスキルを身につけてきたかどうか、などのポイントを、社会人としての体験談を交えて話せるかどうか、面接で確認したいところです。

いかがでしたか?
新卒でもなく、しっかりとキャリアを積んだ人材でもない「第二新卒」は「経験」と「可能性」の両方を備えたおもしろい人材です。
是非、新たな採用の柱の一つに加えてみませんか。