株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズ

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズの中途採用情報

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズの中途採用情報です。同社の事業内容や募集中の転職・求人情報を掲載しています。企業のことを詳しく知りたい場合は企業概要をご覧ください。

募集している職種

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズの求人情報です。

現在@typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る

事業内容

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズの事業内容を紹介します。

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズ
当社のエンジニアにはバンド経験者も数多く在籍。音楽への情熱を活かせるステージがあります

「人と人、国と国をつなぐ」パートナーとして、
最適かつ最新の機材システムの提供、経験豊かなエンジニアによる機材運用などにより
重要な国際会議やイベントを支援しています。

◆国際会議や各種イベントなどの同時通訳機材・音響・映像機器の運用
◆同時通訳機材・会議関連機材のレンタル・販売
◆国際会議場などの施設への機材コンサル及び技術者派遣

■主要取引先
◆政府・官公庁
◆大学などの高等教育機関
◆コンベンションホールなどの会議施設
◆大手法人など

■グループ企業
◆(株)サイマル・インターナショナル
◆(株)サイマル・ビジネス・コミュニケーションズ
◆(株)リンクトランス・サイマル
※ベネッセグループです

■サイマルグループの主な実績
・APEC
・米露首脳会談
・Tokyo Guitar Show 
・各国外相との外相会談及び記者会見
・国家元首による国会演説
など、国際的意義の高い舞台で利用されています

企業概要

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズの企業概要を紹介します。

設立

2003年

従業員数

30名(嘱託含む)

資本金

1,000万円

代表者

代表取締役社長 武田 哲二

取材担当者より

アポロによる人類初の月面着陸といった世界史に残る歴史的偉業を皮切りに、国際社会の行方を決するサミット、APECでの同時通訳を担当するなど、業界内において圧倒的なシェアを誇るサイマル・グループ。そのなかで会議音響機器(同時通訳音響機器)の運用・保守を行っているのがサイマル・テクニカル・コミュニケーションズだ。

社長をはじめ、同社の担当者が熱っぽく語っていたのが「緊張を糧にできる」仕事であるということ。目の前には大国のリーダーたちがずらりと揃い、ミキシングの調整いかんによって国際社会の方向をも左右し兼ねない。そんな重要な舞台に立って仕事ができる。

大きなプレッシャーがのしかかる一方で、やり遂げた瞬間の達成感は何ものにも代えがたいという。大きな仕事がしたい、誇りにできる仕事がしたい。夢のある世界で新たなスタートを切りたいなら、迷わず応募されることを勧めたい。

現在@typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る


過去の求人履歴

株式会社サイマル・テクニカルコミュニケーションズが過去に募集していた求人の履歴です。