アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】の中途採用情報

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】の中途採用情報です。同社の事業内容や募集中の転職・求人情報を掲載しています。企業のことを詳しく知りたい場合は企業概要をご覧ください。

募集している職種

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】の求人情報です。

現在@typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る

事業内容

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】の事業内容を紹介します。

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】
若手エンジニアが多数活躍中!彼らが会社を盛り上げています!

【3つのビジネスドメイン】
・システム・インテグレーション事業
・ソリューション・サービス事業
・アウトソーシング・サービス事業

アジアパシフィックシステム総研(株)は、独立系システム開発、ソリューション開発、ソリューションサービス企業です。金融、通信、製造、運輸、流通など、幅広い業界に対して、汎用系・基盤系の業務システム開発、運用から、オープン系、ネットワーク系の開発、サービス提供、さらにはアプリケーションパッケージの開発、サービスに至るまで、フルラインナップでお客様にベストソリューションを提供します。

【備考】
【事業所】本社/豊島区 支社/大阪(大阪市淀川区)、福岡(福岡市中央区)、沖縄(浦添市)

企業概要

アジアパシフィックシステム総研株式会社(ASPAC)【JASDAQ上場企業】の企業概要を紹介します。

設立

1970年4月

従業員数

461名(2007年9月:連結)

資本金

239,991万円

売上高

80億円 (2007年9月期)

代表者

代表取締役社長 久保 裕
早稲田大学院卒業後、シンクタンクに入社。その後、ベンチャーキャピタルで経営を学び、フルキャストに転職。経営企画で人材ビジネスに携わり、フルキャストとの業務提携を機に、当社の代表取締役に就任。

取材担当者より

2010年に計画目標である売上高180億円達成に向け、採用活動、社内制度、パートナー連携などの強化に取り組んでいる同社。この計画がスタートし、約2年が経過。売上高は06年から07年にかけ120%成長を遂げ、活気のある社内からは今後も伸びていくことがうかがえる。同社では、こうした事業の伸びと同様に、社員満足度の向上に注力しているという。社員満足度を向上させることで顧客満足度の高いサービスに繋がる。顧客満足度を謳う企業は多いが、社員満足度まで踏み込んでいる企業はそう多くない。高い志を持つ同社だからこそ、働きやすい環境が整っているはずだ。
同社では、『社員=人財』を重要な経営資源としている。そのため、社員のキャリア形成についても真剣に向き合い、サポートを惜しまない。社員のことを何よりも優先し、想いを大事にする。そんな環境から新たなキャリアをスタートさせたい方は、この機会に応募してみてはどうだろうか。

現在@typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る