三井住友カード株式会社(SMBCグループ)

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)の転職・求人情報

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)の中途採用情報です。同社の事業内容や募集中の転職・求人情報を掲載しています。企業のことを詳しく知りたい場合は企業概要をご覧ください。

募集している職種

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)の求人情報です。

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る

事業内容

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)の事業内容を紹介します。

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)
キャッシュレスのリーディングカンパニーとして業界を牽引する企業です。

クレジットカード業務、デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務、ローン業務、保証業務、その他付随業務

◆デジタル総合金融サービス「Olive」
銀行口座、カード決済、ファイナンス、オンライン証券、オンライン保険などの機能を、アプリ上でシームレスに組み合わせた新しいサービス。1枚のカードでキャッシュカードとクレジットカード、デビットカード、ポイント払いの機能をアプリで切り替えできる「フレキシブルペイ」を搭載。

◆データ分析支援サービス「Custella」
三井住友カードが保有する膨大かつ詳細なクレジットカードの決済データを活用したデータ分析支援サービス。リリース以降、顧客ニーズに合わせてサービスラインナップを拡充し、マーケティング課題の上流から下流までフルレンジで対応可能。

◆次世代決済プラットフォーム「stera」
三井住友カードがGMOペイメントゲートウェイ株式会社とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と共同で構築した事業者向け決済プラットフォーム。オールインワン決済端末「stera terminal」をはじめ、事業者様向けアプリマーケットプレイス「stera market」、広告配信サービス「stera ads」、コンタクトレス決済を活用した交通乗車「stera transit」等、決済の領域を超えたサービスも展開。

◆自社Payを実現する決済基盤「モバイル決済パッケージ」
事業者の自社アプリへの決済機能搭載を実現する新たな決済プラットフォーム。アプリに決済機能を搭載する上で必要な機能があらかじめ用意されており、事業者は戦略に応じて必要な機能を選択することで、従来よりも低価格、短期間で、自社アプリへの決済機能搭載が実現できるパッケージサービス。

企業概要

三井住友カード株式会社(SMBCグループ)の企業概要を紹介します。

設立

1967年12月26日

従業員数

3,190名(2023年7月末日現在)
平均年齢/40歳(2023年3月期)
男女比/【役員女性比率】7.4% 【管理職女性比率】11.6% ※役員は、執行役員に占める女性の割合(2023年4月末現在)

資本金

340億3千円(2023年3月末日現在)

売上高

5,225億円(2023年3月期)

事業・サービスの
メディア掲載実績・受賞歴

2023年3月より提供している個人のお客さま向け総合金融サービス「Olive(オリーブ)」が、2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞。
グッドデザイン賞の受賞は、2021年の三井住友銀行「いつだってすぐそばに、SMBC」、2022年の三井住友カード「三井住友カード(NL)」に続いて、SMBC グループのサービスとして、3年連続の受賞となります。

代表者

代表取締役社長 大西 幸彦

取材担当者より

キャッシュレスのリーディングカンパニーとして業界を牽引する同社。取材を通じて感じたのは、従来の決済ビジネス基盤を活かしつつも、どうしてもレガシーなイメージが強くなってしまう金融企業から、デジタル企業への変革を推進しようとする強い想いだ。
開始から約6カ月でアカウント開設100万件に到達した「Olive」、共通ポイントの先駆け的存在のTポイントと「Vポイント」の統合、そしてタッチ決済を活用した交通乗車「stera transit」など、先進的な取り組みをあげたらきりがない。加えて、そのような取り組みを実現する多様な人材が活躍できる環境の整備にも力を入れているとのこと。脱年功序列型の新人事制度の導入、フレックスタイム制度のコアタイム撤廃、副業の解禁やドレスコードフリーなどだ。ぜひ金融業界に描いてしまいがちな「固い」イメージを取り払って、先進的な取り組みに挑戦したい方にこそ応募いただきたい。

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る