株式会社シュライン

株式会社シュラインの転職・求人情報

株式会社シュラインの中途採用情報です。同社の事業内容や募集中の転職・求人情報を掲載しています。企業のことを詳しく知りたい場合は企業概要をご覧ください。

募集している職種

株式会社シュラインの求人情報です。

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る

事業内容

株式会社シュラインの事業内容を紹介します。

株式会社シュライン
じっくりと堅実に成長する。背伸びしすぎない、欲張りすぎないがモットーです

2007年の設立以来、4年連続の黒字
今後は受託案件も拡大予定
オープン・Web系システム、制御系システムを中心に堅実な成長を遂げてきた私たちシュライン。こうした市況下でも定常的に案件が寄せられているのは、こつこつと地道な努力が認められた結果。近年では、自社ブランドでの受託案件にも事業を拡大しており、今後注力していく予定です

◎ソフトウェア開発/Web開発 その他関連事業
◎サーバー・ストレージ構築 その他関連事業
◎技術者育成事業(技術研修)
◎IT関連アウトソーシング事業

※社名について※
社長の三浦が敬愛するミュージシャンが活動拠点にしているライブハウスより命名。自由と緊張感を両立させる高度な秩序を社風とし、じっくりと、しかし確実に成長する企業という意味が込められている

企業概要

株式会社シュラインの企業概要を紹介します。

設立

2007年1月

従業員数

15名(個人事業主含む)
平均年齢/32歳
中途入社者の割合/50%

資本金

9,100,000円

代表者

代表取締役 三浦伸哉
元エンジニア。起業の意思は全くなかったが、下請け時代、大手SIerを頂点とするピラミッド構造が持つ弊害に疑問を持つように。エンジニアを取り巻く環境に立ち向かうべく、2007年に満を持してシュラインを立ち上げた

取材担当者より

設立5年目の成長企業というキーワードから、ガツガツとした勢いのあるベンチャー企業を連想する方も少なくないだろう。かくいう私もその1人だったが、その予想はあっさりと裏切られた。今回取材させていただいたのは、社長の三浦氏と、ネットワーク事業トップの近藤氏。三浦氏自らが「うちにはベンチャー的な要素が全くない。正直ユルーいです」と言えば、近藤氏が「社長に問題があるのでは」と笑って答える。フランクな社風といえばいわゆるベンチャー企業にも共通するが、シュラインにあったのは、良い意味で、肩の力が抜けたような空気感だった。「赤字が怖いから無理な成長は望んでいない」という三浦氏の言葉の裏には、着実に堅実成長を遂げている同社で、構えず・気負わず働ける技術者たちの姿がうかがえた

現在typeに掲載中の求人はありません。
この企業の求人が掲載されたらご連絡します。

掲載開始の連絡を受け取る


過去の求人履歴

株式会社シュラインが過去に募集していた求人の履歴です。