転職 Vol.323

営業マンが効率良く転職活動するためにまずやっておくべき、自分の市場価値をチェックする3つの方法

「新しい環境で営業力を試したい」「もっとお金を稼げる営業がやりたい」「今の仕事がつらいから他の仕事がしたい」など、人はいろいろな理由から転職活動を始めます。

ただ、働きながら転職活動をするとなると、どうしても使える時間が限られます。そのため、できるだけ効率良く転職活動を進めたいところ。

効率よく転職活動を行うためには、まずは自分の市場価値を知ることがオススメ。自分の人材としての価値を知っておくと、自分が受かる可能性の高い求人の目安がついたり、給与交渉で自信が湧いたりします。

そんな自分の市場価値について、どのようにして知ればいいのか、『type転職エージェント』でキャリアアドバイザーを務める津村彩美さんに聞いてみました。

「データ」「企業」「人」の3視点から自分を知る

『type転職エージェント』キャリアアドバイザー、津村彩美さん
『type転職エージェント』のキャリアアドバイザー、津村彩美さん

自分の市場価値を知る方法は3つあります。

1つ目はWeb上の診断テストを受けること、2つ目はポジションマッチ登録、3つ目は人材紹介サービスに登録することです。

まず、Web上での診断テストですが、あまりに気軽に受けられるので、「本当に大丈夫なのかな?」って侮ってはいませんか? 実はこの診断テスト、専門の研究機関の協力を得て作られていることがほとんど。膨大なデータから算出される想定年収や自分の強みや弱みなど、自分ひとりではなかなか知りえない情報も分析できますよ。

診断テストで分かった「弱み」がすぐに解消できるものであれば、それを今の職場で解消してから転職活動をスタートするのもアリですね。

2つ目のポジションマッチ登録は、気になる企業に自分の経歴を登録することで、経験にマッチした求人があった際にお知らせしてくれるサービスです。

ポジションマッチ登録求人の場合は、応募ではなく登録となるので、転職者の中には「自分のキャリアや営業スキルがどういった企業に通用するのか?」と、このサービスをご自身の市場価値を確認する手段として活用されている方もいらっしゃるようですね。また、中にはビジネス戦略上、公募できないような非公開求人が含まれていることもあり、最近利用する転職者の方が増えてきているようです。

転職サイトではさまざまな企業の選考の進度を並べて確認できるというのも大きなポイントですね。

3つ目の人材紹介サービスへの登録では、「テキスト情報では分からない市場価値」をプロのキャリアアドバイザーを通じて、第三者視点から把握することができます。

キャリアアドバイザーとの面談が必要なので、少なからずその時間は必要ですが、面談の時間は転職者の方のご都合に合わせて設定できます。なので、商談と商談の間に1時間くらい空きそう、ということがあらかじめ分かっていれば、勤務時間中の空白の時間を有意義に使うことができますよ。

また、自分でも気付いていなかった自分の強みを認識し、それを上手く面接で伝えられる様にする面接対策や、履歴書、職務経歴書に文章で反映することで、思考の整理や市場価値が向上するというメリットもあるんです。

私自身、前職は営業をしていましたが、営業という仕事はお客さまの都合でスケジュールが不規則になりがちですよね。だからこそ、時間が空いているときに一気に転職活動を進めてしまうのがおすすめです。

さあ、思い立ったが吉日! 「転職しようかな」と思っている営業マンのあなたは、その後のフローで楽をするために、まずは市場価値を知るための3つの方法を試してみてくださいね!

「データ」から市場価値をチェック
⇒市場価値診断テストを受けてみる

「企業の目」から市場価値をチェック
⇒ポジションマッチ登録を試してみる

「プロの視点」から市場価値をチェック
⇒キャリアアドバイザーに相談してみる

撮影/佐藤健太(編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

「type転職エージェント」無料転職サポートのご案内
記事検索

【幻冬舎・箕輪厚介】「置かれた場所で咲けないやつは、好きなこ...

太賀が“売れない俳優”から仕事のオファーが絶えない人に変わる...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

SHOWROOM・前田裕二が予想!ポスト平成、市場価値が急上...

【20代の転職失敗談】大手企業を入社3年目で退職。夢だった業...

TAGS