ノウハウVol.513

デキる営業マンは褒めちぎらない! 元プルデンシャル生命・芦名勇舗が語る正しい“褒めテク”【デキる男の仕事テク:後編】

  • Facebookシェアボタンシェア0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク0

デキるビジネスパーソンが、周りと差がつくマナー&テクニックを伝授する【デキる男の仕事テク】。元プルデンシャル生命の最年少営業所長、芦名勇舗氏をゲストに招き、デキる営業マンのテクニックを前後半に分けてレクチャーしてもらいます。後半となる本記事では、第一印象をUPさせるためのコツと、アイスブレイクにも役立つ褒めテクを伝授していきます!

※このコンテンツは、2017年にtypeメンバーズパークに掲載された動画を新たに記事化したものです。

監修:芦名勇舗氏

監修:芦名勇舗氏

1989年生まれ。アメリカンフットボール選手として慶應大学と日本代表U-19の主将を務める。電通に入社し、コピーライターとして活躍。その後プルデンシャル生命に入社し、25歳で最年少営業所長に就任した。米国ハリウッドに渡り舞台『blood』で俳優デビュー。約1年間の無職期間を経て、芦名表参道(株)を設立。著書に『突き抜ける人は感情で動く』(文藝社)

第一印象は“おでこ”で決めろ!

営業マンは第一印象が大切、というのはよく聞く話。では、あなたは第一印象を良くするためにどんな工夫をしていますか?

とにかく元気で笑顔を崩さない?
丁寧な言葉遣いで相手の機嫌を損ねないようにする? 

実は、もっと簡単に相手からの印象をUPさせるコツがあるんです。

営業マンは清潔感が大事。その中でも相手に印象付けるうえで一番見られているのが「髪型」なんです。

まず、前髪が顔にかかっている髪型は絶対NG! 前髪が下がっていると顔が暗く写り、表情なども読み取りにくくなってしまいます。前髪がしっかりと上がっている髪型を心がけましょう!

さらに髪型をビシッと決めても、時計等の小物には個人の趣味が表れがち。奇抜なデザインや派手な色使いは避けるなど、ビジネスシーンにあった小物づかいにも注意したいところです。

また、髪型や小物だけでなく、歩き方や姿勢も普段から意識しておくといいでしょう。普段自分が意識していない部分からでも、相手の印象は変わってきます。

歩き方や座っている時の姿勢は普段から意識していないと、無意識のうちに崩れがち。一度鏡の前で自分がどう写っているのかチェックしてみましょう。

「それ、本当に思ってる?」と言われないための褒めテク

商談の際、相手からの印象を上げるためにどのような行動をしていますか?

よく聞くのは、相手が身に付けているものを褒めること。例えば「ネクタイが素敵ですね」など、目に付きやすい小物を褒めることです。

身に付けているものを褒められて、悪い気がする人はほとんどいないと思います。ですが、それだけで相手からの印象がUPしたかというと、実はそうでもないかもしれません。ではどういった言葉をかければ相手からの印象UPにつながるのでしょうか?

私の場合、相手の身に付けているものなどを褒める際には、興味を持って質問するようにしています。例えばネクタイを褒めるのであれば、「そのネクタイ素敵ですね。どこで買ったんですか?」と、質問するようにしています。

人は単純に物などを褒められるよりも、その物を持っている自分に興味を持ってもらった方が、褒められていると感じるもの。

褒める物の背景についても触れることで「あなたのようになりたい=あなたに興味を持っています」という心理につながるんです。

逆に褒めが嘘っぽいと、提案も嘘っぽく聞こえてしまっているかも。「それ、本当に思ってる?」と言われないために、心から相手に興味を持って質問するように心がけてみましょう!

>>本記事の内容は動画でも視聴することができます。ぜひ以下からご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします
  • Facebookシェアボタンシェア0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク0

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
@type新規登録キャンペーン
記事検索

ヤフー株式会社 【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

サッポロビール株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社フィリップス・ジャパン【ポジションマッチ登録】 セールス/マーケ…

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆賞与年2回…

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社【東証一部上場】 【M&Aアドバイ…

Instagramフォロワー数30万人超! 植野有砂が“遠慮...

りゅうちぇるが教えてくれた”本当にやりたいこと”を仕事にする...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

「男は30歳から」なのに僕はその時どん底にいた。 ULTRA...

森本千賀子を“リクルート史上最も売った女”に変えた一通の手紙...