スキルアップ Vol.82

仕事でミスして落ち込んでるとき、「明るく励ましてほしい」? 「そっとしておいてほしい」?

オトコが気になる究極の2択!
オンナゴコロ研究所
一流の営業マンになるためには、営アシ女子とうまく仕事したり、手ごわい女性担当者を口説きおとしたりと、オンナゴコロをつかむことは必須! 秋の空よりも変わりやすく、東京駅の地下よりも複雑な女性の心、正しく理解できるようになるまでアンケート結果を研究するっす!

今回のテーマ:仕事でミスして落ち込んでるとき、「明るく励ましてほしい」? 「そっとしておいてほしい」?

アンケート結果:働く女子304名の答えはこれだ!

【明るく励ましてほしい】派の意見

・失敗談とか話してくれて、励ましてくれると、ほっとする。(営業/23歳)

・その方が頑張ろうってなるし自分は褒めて伸びるタイプだから! (エステティシャン/21歳)

・いろいろ考え込んでしまうので、その隙間を埋めてくれるようにして励ましの言葉をもらえるとうれしい。(コンサルタント/28歳)

・自分にも味方がいると思いたいから。(接客サービス関連職/34歳)

・そっとしておかれると、本当にひどいミスだったのではないかとさらに落ち込みそう。(経営企画/38歳)

【そっとしておいてほしい】派の意見

・励まさせると余計に自分が不甲斐なく思えてきて、泣きそうになる。(ホテル、宿泊サービス/23歳)

・自分なりに反省したいので、そっとしておいてほしい。(受付/25歳)

・寝れば治る! (営業/24歳)

・ちゃらんぽらんな後輩に「先輩ドンマイ」って言われた事があって、イラっとしたので。(土木建築関連技術者/31歳)

今回の研究結果

「仕事でミスして落ち込んでるとき、どうしてほしい?」という今回の問い。僅差で多数派になったのは「明るく励ましてほしい」派。「無関心にされると余計傷つく」や「一人で反省すると考えが悪い方に進む」など、繊細な乙女心が垣間見えるような意見が多くありました。

一方、少数派になった「そっとしておいてほしい」派では、「励まされると惨めな気分になる」や「励まされてもミスがなかったことになるわけじゃない」というクールなコメントが集中。

アンケート結果もほぼ半々ということで、励ますか、励まさないか判断がなかなか難しい今回のケース。いざというときのために、日ごろから身近な女子がどっちのタイプか見極めておくといいかもしれませんね!

【アンケート調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年3月12日(木)~3月16日(月)
●有効回答者数:304名

文/佐藤健太(編集部) イラスト/村野千草(有限会社中野商店)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

RECOMMENDED POSTSあなたにオススメ

RELATED POSTSあわせて読みたい

JOB FEATURE編集部おすすめ求人特集

記事検索

サイトマップ

記事ランキング

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?/

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

高木琢也が“日本一予約が取れない美容師”になるまで「不器用だし、カットがうまいわけでもなかった」/

高木琢也が“日本一予約が取れない美容師”になるまで「不器用だ...

27歳、SHOWROOM最年少部長が直面したコロナ禍の“エンタメ危機”。新規事業『smash.』立ち上げで乗り越えた壁/

27歳、SHOWROOM最年少部長が直面したコロナ禍の“エン...

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さなかった理由/

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さ...

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な生き方「人生なんて全部後付け。テキトーに今を生きる方が幸せよ」/

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な...

営業求人を探す