スキルアップ Vol.147

頼りになるのはどっちの営業マン? 「周囲をサポートしてチームの売りを引き上げる」or「自分でガンガン売ってくる」

オトコが気になる究極の2択!
オンナゴコロ研究所
一流の営業マンになるためには、営アシ女子とうまく仕事したり、手ごわい女性担当者を口説きおとしたりと、オンナゴコロをつかむことは必須! 秋の空よりも変わりやすく、東京駅の地下よりも複雑な女性の心、正しく理解できるようになるまでアンケート結果を研究するっす!

今回のテーマ:頼りになるのはどちらの営業マン? 「周囲をサポートしてチームの売りを引き上げる」or「自分でガンガン売ってくる」

アンケート結果:働く女子190名の答えはこれだ!

「周囲をサポートしてチームの売りを引き上げる」派の意見

・将来昇進しそうだから。(27歳/営業)

・一人の力でできることは限られているので、周囲をサポートできる人は頼れると思う。(28歳/その他接客サービス関連職)

・自分はトップセールスマンだと豪語する様子は見ていて滑稽。(39歳/営業事務)

・より能力が求められるし、人間的に素敵!(29歳/一般事務)

・会社の士気を高めてくれ、周りの意識も上がると思うから。(30歳/一般事務)

・若手であれば、自分でガンガン売ってくればOK。中堅以上で自分のことだけ考えているのはNG。営業マンは組織なくして仕事はできません。(28歳/営業)

「自分でガンガン売ってくる」派の意見

・なんだかんだ言って個人成績がなければ、周りへの説得力がないと思う。(25歳/介護ヘルパー)

・自分一人でもガンガン売れる力が「営業力」だと思うから。(39歳/営業)

・成績でしっかり部署に貢献して、背中で後輩に教える姿がかっこいい。(29歳/営業)

・積極的に動ける営業は頼もしい。ワンマンになりがちなときはそっとフォローしてあげたくなる。(24歳/接客・販売)

今回の研究結果

売ってナンボの営業とはいえ、チームの雰囲気も大切。結果は「周囲をサポートしてチームの売りを引き上げる営業マン」支持派が9割と大勢を占めました。

理由を見ると、「チームのことをよく考えてくれているから」「会社の士気が上がるから」「気配りができる人だから」といったものが多く、一匹狼な営業マンに対しては「社内の信頼が少ない」「バランス感覚を感じない」と冷ややかな意見もちらほら。

一方の「一人でガンガン売ってくる営業マン」支持派からは、「個で実力がないと、チームの牽引役やキーパーソンにはなれない」など、それはそれでごもっともな話。

というわけで、周囲をサポートできる営業マンは確かに頼りがいがあるけど、それは自分自身の仕事がしっかりできてこそ。うっかり周囲のサポートだけに力を入れてしまうと「それより自分の仕事きっちりしてほしいんだけど~」なんて言われかねません。順序を間違えないように気を付けて!

【アンケート調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年6月4日~9日
●有効回答者数:190名

文/金子恵妙 イラスト/村野千草(有限会社中野商店)


RELATED POSTSあわせて読みたい


記事検索

サイトマップ

記事ランキング

前職ぼくりり「たなか」が音楽家からやきいも屋になった理由が深すぎたーー「誰かの期待に応えるのを辞めても、こんなに幸せでいられる」/

前職ぼくりり「たなか」が音楽家からやきいも屋になった理由が深...

仕事のモチベーションを上げる11の方法|20代が今日からできること/

仕事のモチベーションを上げる11の方法|20代が今日からでき...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?/

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

「億り人」に憧れ、全資産200万円を仮想通貨につぎ込んだ30歳独身男の末路【マネーの失敗学】/

「億り人」に憧れ、全資産200万円を仮想通貨につぎ込んだ30...

ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「ストリップ劇場では“飾らない自分”でいられる」/

ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「スト...