転職 Vol.574

【20代の転職失敗談】先輩に「一緒に独立しよう」と誘われ起業した26歳SEの末路

type編集部が回避法をレクチャー!
入社した会社でまずは数年頑張らなきゃ、なんて一昔前の話。今では20代の転職希望者も、若手を採用したい企業も増えてきた。 とはいえ「そろそろ自分も……」と思っても、初めての転職は分からないことだらけ。せっかくの貴重な20代を、失敗で終わらせたくない! そこで、typeに訪れた「20代で転職に失敗した人」たちのエピソードを、type編集部のアドバイス付きで紹介。先輩たちの経験談から、‟失敗転職”の回避法を学んでいこう

29歳(男性・年収450万円)Dさんのケース19歳 情報処理の専門学校を中退後、ソフトウェア制作会社に契約社員として入社(年収360万円)
22歳 システム開発会社のエンジニアとして、正社員で入社(年収450万円)
26歳 先輩と独立し、会社を立ち上げるも3カ月で退職(年収0円)
27歳 システム開発会社のエンジニアとして正社員で再就職(年収450万円)
転職活動期間:半年(独立準備)
希望条件:給与アップ
妥協した条件:社員数が自分含めて2名

SEのスキルを磨いて4年。
メンターだった先輩から独立の誘いを受けた

今回紹介するDさんは、19歳でソフトウェア制作会社へSEとして就職。3年働いた後、システム開発会社に年収90万円アップで転職した。

「当時は年収を上げたくて転職したので、さらに市場価値の高い人間になろうと張り切っていました。その時に、新人の私をマンツーマンで指導してくれたのが、後に私の人生のキーパーソンになる人です」

システム開発会社によくある、いわゆる「メンター制度」。4年ほど、メンターの先輩の元で働いていたある日、「一緒に独立しないか」と誘われた。

「若かったこともあり、私に声を掛けてくれたことが純粋に嬉しかったんです。そのことが自信にもつながりましたし。入社時からほとんど改善されない給与面に不満があったので、それほど深く考えず、先輩の話に乗ることにしました。

でも、後から分かったことでしたが、先輩には私以外、声を掛けるような人がいなかったみたいです。彼は一匹狼タイプで、気を許して本音で語り合うことが苦手だったので。そこで白羽の矢が立ったのが、自ら育てた私だったということでした」

大手企業の自社開発案件を抱えて独立。
密室で2人きりの長時間作業に、先輩が豹変……

独立といっても、多額の資本金を用意したり、何人ものメンバーを集めたわけではない。先輩とDさん、たった2人の小さな有限会社だった。先輩の自宅が、作業場兼事務所になったのは、自然な流れだ。

「前の職場との退職交渉や、独立後のクライアント開拓といった独立準備は、半年ほどかけて、先輩が全て一人で進めてくれました。おかげで、スタート当初から、大手企業の開発案件を受託することが決まっていたんです。しかも、客先常駐ではなく、自社開発。ビジネス面のことは何も分かりませんでしたが、もう大船に乗ったような気持ちでしたね」

ところが、何のルールもない2人だけの会社。すぐに不満が生まれてきた。

「安定した会社員から環境が変わり、想像以上に苦しくなりました。狭い部屋で一日中先輩と2人きり。黙々と長時間作業するのは、とても気が詰まるものでした」

転職失敗

「先輩も同じような気持ちだったのでしょう。独立してから、彼の態度が豹変してしまったんです。もともと気性の激しい人ではありましたが、今まで以上に人あたりが厳しくなり、毎日のように八つ当たりされました。

しかも、会社運営に必要だからと給料も支払ってもらえず、貯金を切り崩す日々。そんな状態が続いて、たった3カ月で、私の気持ちは押しつぶされてしまいました」

その後すぐ、先輩との会社を辞めたDさん。「勢いだけで行動してしまった自分を悔やんだ」と、深いため息をついた。

「まさか3カ月で辞めることになるとは思っていませんでした。自分の甘さを痛感しましたね。先輩を恨んでも、あとの祭り。自己責任ではあるのですが、とても苦しかったです。

金銭面はもちろん、何より精神的なショックが大きかったです。30歳を前にして、自分は一体何をやっているのだろうと自信を失い、すっかり人間不信になってしまいました。その後、半年間は何をするにも気力がわかず、まるで脱け殻のようでした。

その後運良く会社員として復職しましたが、給与は不満だった前職と変わっていません……」

自分の中に、独立したいという「内的動機」はあるか?
type編集部からのアドバイスをCHECK!

三浦春馬
type編集部・ミツコ
姉妹媒体・エンジニアtypeより一部編集して掲載しています。

働き始めてしばらく経つと、会社からの評価に不満を持ったり、逆に、これまでの実績に自信がついてきて、「独立したら、明るい未来が待っているのでは……」という気持ちになる人もいるでしょう。特に今は、独立している人やフリーランスとして活躍するエンジニアも多い時代ですから、彼らに憧れを抱くこともあるはずです。

しかし、自分の中に、どうしても独立したいという「内的動機」がない場合、独立してから大きな不満を抱えることになりかねません。

20代で独立・起業して成功した人は「新しいビジネスの可能性に気付いて起業した」、「新卒時に就職に失敗したから、第二新卒サービスを手掛けることにした」、「勉強してこなかったことがコンプレックスで、オンライン学習サービスを立ち上げた」など、自分の中に「独立したい」「このビジネスをやりたい」という、強い意志を持つケースが多いのが特徴です。

Dさんの場合は、特段やりたいビジネスがあったわけでなく、先輩に誘われ、内容を吟味することもありませんでした。このように、給与、待遇、会社からの評価といった現状から“逃げるため”の独立では、長続きしないでしょう。

また、起業の先輩たちは、「独立を考えている人は、『これだ』と思うものが見つかるまで、目の前のことにがむしゃらになった方がいい」と口を揃えます。人生をかけて取り組む事業というものは、試行錯誤するうち、徐々にブラッシュアップされて、その輪郭が見えてくるのだそうです。

計画性なしに次のステップに進むのではなく、自分の現状やスキル、やりたいことを吟味して、自分らしいキャリアを描いていけるといいですね。

typeオススメコンテンツ

これから転職活動を始める方へ 転職前の準備
転職を成功させるには、応募企業を探し始める前の“準備”が大事!「まず何をすればいいか分からない」、「なぜか転職活動がうまくいかない」、そんな方は、転職の流れを知るところから一つずつクリアしていきましょう!

>>【『年間休日120日以上』 または 『完全週休2日制』 の 『正社員』 求人情報】を見る

取材・文/石川香苗子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

株式会社フロンティアダイレクト ビジネスパーソンとしての成長を求めるあなたに、2020年代を牽引する企業とは
記事検索

記事ランキング

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さなかった理由

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さ...

“レンタルなんもしない人”の人生が、「中学生以来ずっとつらい」から「毎日がエンタメ」になるまで

“レンタルなんもしない人”の人生が、「中学生以来ずっとつらい...

【小橋賢児が壮絶な過去から学んだもの】「男は30歳から」なのに僕はその時どん底にいた。

【小橋賢児が壮絶な過去から学んだもの】「男は30歳から」なの...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

【幻冬舎・箕輪厚介】「置かれた場所で咲けないやつは、好きなことでも開花しない」“好き”を見つけたいと焦る20代への助言

【幻冬舎・箕輪厚介】「置かれた場所で咲けないやつは、好きなこ...

TAGS

営業求人を探す