スキルアップ Vol.170

夏、取引先の営業マンから職場に差し入れてほしいのは、好きなタイミングで食べられる定番の焼き菓子? すぐ食べなきゃいけないけど流行のアイス菓子?

オトコが気になる究極の2択!
オンナゴコロ研究所
一流の営業マンになるためには、営アシ女子とうまく仕事したり、手ごわい女性担当者を口説きおとしたりと、オンナゴコロをつかむことは必須! 秋の空よりも変わりやすく、東京駅の地下よりも複雑な女性の心、正しく理解できるようになるまでアンケート結果を研究するっす!

今回のテーマ:夏、取引先の営業マンに差し入れてほしいのは、好きなタイミングで食べられる定番の焼き菓子? すぐ食べなきゃいけないけど流行のアイス菓子?

アンケート結果:働く女子208名の答えはこれだ!

「定番の焼き菓子」派の意見

・仕事の状況ですぐに食べられない時もあるため。(24歳/看護師)

・それぞれのタイミングでお菓子を食べられるから。(33歳/一般事務)

・冷凍庫満杯。(36歳/一般事務)

・夏のオフィスは冷えるので、アイスは辛い。(28歳/ネットワーク設計・構築)

・お茶やコーヒーに合う。(29歳/一般事務)

・流行のものは自分で食べるから、困らないものにしてほしい。(26歳/接客・販売)

「流行のアイス菓子」派の意見

・夏だし、気が利いているなと思う。(27歳/メディカル・化学・素材関連技術者)

・タイミングが大切だけど、無難よりはいいと思う。(35歳/商品企画)

・焼き菓子は年中もらう機会があるけど、アイスは夏しかもらえないから。オフィスの仕事でもアイスは食べたくなる。(29歳/総務事務)

・遠慮せずにすぐ食べられるから。(35歳/総務・事務)

・話のネタになる。一緒にその場で話せる。(26歳/インストラクター)

・会社に冷凍庫あるので。(22歳/その他接客サービス関連)

今回の研究結果

今回のテーマは夏の差し入れ。気になる結果は「定番の焼き菓子」派56%、「流行のアイス菓子」派44%と意見が割れました。

「当たり障りない焼き菓子」派の理由で多かったのは、やはり「好きなタイミングで食べられるから」というもので、人によっては「すぐ食べなきゃいけないものを持ってくるなんて配慮に欠ける」(29歳/接客・販売)という見方もあるようです。

「え? 冷凍庫くらいあるでしょ」なんて声も聞こえてきそうですが、「冷凍庫満杯」「しまうのが大変」と面倒な点はいろいろあるようです。

一方「流行のアイス菓子」派からは、「流行りものが食べられてうれしい」「みんなですぐに食べられる」といった意見が多数。「話のネタになる。一緒にその場で話せる」(26歳/インストラクター)という声は、コミュ力を発揮したい営業マンとしては大いに気になるところかも。

で、結論としては「安全路線は焼き菓子だけど、取引先の職場の様子(できたら冷凍庫問題も)を把握した上であれば、アイス菓子というチョイスも可」といった感じ。気心が知れた職場なら「差し入れ、何がいい?」と聞いてしまうのも手かもしれませんね。

【アンケート調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年8月7日~11日
●有効回答者数:208名

文/金子恵妙 イラスト/村野千草(有限会社中野商店)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

RECOMMENDED POSTSあなたにオススメ

RELATED POSTSあわせて読みたい

JOB FEATURE編集部おすすめ求人特集

記事検索

サイトマップ

記事ランキング

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?/

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

高木琢也が“日本一予約が取れない美容師”になるまで「不器用だし、カットがうまいわけでもなかった」/

高木琢也が“日本一予約が取れない美容師”になるまで「不器用だ...

27歳、SHOWROOM最年少部長が直面したコロナ禍の“エンタメ危機”。新規事業『smash.』立ち上げで乗り越えた壁/

27歳、SHOWROOM最年少部長が直面したコロナ禍の“エン...

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さなかった理由/

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さ...

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な生き方「人生なんて全部後付け。テキトーに今を生きる方が幸せよ」/

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な...

営業求人を探す