転職Vol.544

副業のパイオニアが見る働き方の未来像【ロート製薬会長・山田邦雄×ハピキラFACTORY正能茉優】

賢者のカタリバ!
毎回テーマに合ったゲストを迎え、自身の経験談や仕事の裏エピソードを語っていただく特別対談『賢者のカタリバ!』。各界で活躍するビジネスパーソンにとっての転機とは?これまでに経験した挫折とは?そして今後の展望とは?今後のキャリアの道しるべになる、トップビジネスパーソンたちの言葉に耳を傾けていただきたい。※このコンテンツは、2017年にtypeメンバーズパークに掲載された動画を新たに記事化したものです。

働き方改革が進む中で一層注目を集めている「副業」。副業を自身の企業や働き方に取り入れながら、パイオニアとして一線で活躍する人たちはどんなワークスタイルの未来を見据えているのだろう?

ロート製薬代表取締役会長の山田邦雄さんと、ハピキラFACTORYとソニーを兼業する「副業女子」こと正能茉優さんに話を聞いた。

■第1回の記事>>「経営者の7割が副業に反対」の今、ロート製薬会長×ソニーの”パラレル女子”が語る「副業」のメリット/デメリット

■第2回の記事>>ロート製薬会長が「副業を受け入れない会社は発展しない」と断言する理由

「副業とは、なりたい自分になるための手段」二束のわらじが実現する豊かな生き方

――前回は副業に対するメリットとデメリットを、働く側、受け入れる側の両面からお話いただきました。今回は、2人が副業のパイオニアとして掲げている将来のプランや、未来予想について教えてください。

正能 私は夢とか目標は基本的にないタイプなので、「副業をもっと社会に広めていきたい」という想いはないです。それよりも、自分が主役の人生をどうやってつくっていこうかと考えた時に必要だったのが副業だったという感覚。たまたまやりたいことが2つあっただけなんです。

株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役/ソニー株式会社 新規事業担当 正能茉優
株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役/ソニー株式会社 新規事業担当 正能茉優さん
1991年生まれ。慶應義塾大学在学中の2013年にハピキラFACTORYを創業し、大学卒業後は大手広告代理店に就職。その後ソニーへ転職し、現在もハピキラFACTORYの代表取締役と兼業している‏

――なるほど。1年後も副業を続けていると思いますか?

正能 正直、1年後のことなんて今は分からないですね。将来ハピキラでもっと頑張りたいと思ったらハピキラだけになるかもしれないし、逆にソニーだけになるかもしれない。もしかしたら、専業主婦になりたいと思っているかもしれない。でも、その時がきたらきちんと時間のパーツをバランスよく配分して、自分が理想とする人生像を叶えていきたいですね。

――山田さんは「副業」に関して、どういったビジョンをお持ちですか?

山田 私は副業という働き方に期待を持っています。今はまだ概念自体が世の中に出てきたばかりですが、今後はもっと多様な働き方をできるようにしていきたい。副業というより、マルチキャリアですかね。そういった世の中に変わってほしいのと同時に、自分たちで変えていかなければならないと思います。

副業の先はマルチキャリア? 変革期の未来を探る

――副業はあくまで自分の理想とする生き方を叶えるための、一つのワークスタイルということでした。今お二人が注目している、副業以外のワークスタイルはありますか?

正能 私は、新しいテクノロジーを使った働き方ですかね。ハピキラでは地方の企業さまとお仕事をする機会が多いのですが、まだFAXを使ってやりとりをすることがあるんですよ。でも私たちの会社にはFAXがなかったので、FAXをPDF化するシステムを使っていました。でも最近では、これまでFAXでやり取りしていたことをLINEで行えるようになった企業も増えてきて。コミュニケーションが取りやすくなったことで、仕事のスピードがとても上がったので、こういった新しいテクノロジーが、働き方をどんどん変えていくんだろうなと。

ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO 山田邦雄
ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO 山田邦雄さん
1980年にロート製薬に入社。90年、慶應ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。2009年6月より現職に就任し、現在も会社の事業を超えて新たな社会貢献の取り組みに力を入れている

山田 今は仕事に必要な繋がりや環境は、ほとんどが東京に集中している。でも、空気や水がおいしい田舎でのスローライフも必要だと思います。だから、東京のように不便なく働ける環境とスローライフを両立できるような働き方を、会社側が実現していく時代がくるのではないでしょうか。

――なるほど。では最後に、二人にとって「副業とは何か」を伺いたいと思います。

正能 副業とは、自分が主役の人生をつくるための手段。自分は何をしたいのかを考え、きちんと向き合い、それを実現しようとする働き方だと思います。

山田 私が考える副業とは、これまでの働き方との決別の扉。扉の先はまだまだ長いですが、この扉一枚越せないようでは、理想とする未来の働き方には辿り着かないと思います。

――ありがとうございました!

※この対談は動画でも視聴することができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

記事検索

ヤフー株式会社 【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

株式会社フィリップス・ジャパン【ポジションマッチ登録】 セールス/マーケ…

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆賞与年2回…

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

Twitter Japan株式会社 【ポジションマッチ登録】 ◆広告営業◆管理部門◆…

脳科学者・中野信子が教える、絶対に提案がうまくいくコミュニケ...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

日本人は給与制度のおかしさに気付いた方がいい。24歳の起業家...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

【会社員2.0】幻冬舎・箕輪厚介の熱狂的仕事論――お前ら、“...