キャリア Vol.890

「週5で飲み歩いて天職見つけた」“プライベート全力型キャリア”な定時ダッシュちゃんの人生が超楽しそう

「20代のうちに自分のキャリアの方向性を見つけなければ」と、プライベート返上で自己研鑽に励む20’sは多い。

でも、せっかくの20代を本当にビジネスのためだけに費やしていいのだろうか? 仕事だけじゃなく、プライベートに打ち込むことで、得られることだってあるはずでは?

そこで今回紹介するのは、「”東京で働く20代オンナ”のあれこれ」をTwitterで発信し人気を集める「定時ダッシュちゃん」。その名の通り、毎日定時に退社してプライベートを存分に楽しむ26歳だ。

定時ダッシュちゃんは新卒で美容メーカーに入社し、その後ある出来事がきっかけで相席文化の発祥店である『オリエンタルラウンジ』の広報として転職。プライベートで“遊びまくっていた”ことが今の仕事に生きているという彼女に話を聞いてみると、「この仕事は天職だと思います!」と元気いっぱいの様子だ。

なぜ彼女は、プライベートを楽しみながら“天職”を見つけることができたのだろうか?

プロフィール画像
プロフィール画像

オリエンタルラウンジ 広報 定時ダッシュちゃん 大手美容メーカーに広報として新卒入社後、相席ラウンジ・オリエンタルラウンジを運営するクラウドエヌに転職。毎日“定時ダッシュ”して遊ぶことに全力を出し、'東京で働く20代オンナ'のあれこれを発信するTwitterでフォロワー9,000人超え。バリキャリ女子ならではの恋愛の悩みや攻略法を発信し、同年代女性から大きな支持を集めている。 Twitternote

新卒の頃から毎日「定時ダッシュ」で遊びまくってました

編集部

定時ダッシュちゃんは、いつ頃から定時ダッシュする(残業せずにすぐに帰って遊ぶ)ようになったんですか?

定時ダッシュ

社会人になってからずっとです。新卒で入った会社では1年間新人研修があって、その間は残業禁止でしたし。研修が終わって広報部に配属されてからも定時で帰る癖がついていました。

編集部

周りの人の目って気になりませんでしたか?

定時ダッシュ

少しは気になるんですけど、それよりも早く帰りたい気持ちの方が強くて(笑)。「すいませ~ん」って感じで、申し訳なさそうに帰れば大丈夫でした!

編集部

でも、大手企業の広報ってかなり忙しいのでは?

定時ダッシュ

業務量は多かったですが、個人プレーの仕事がほとんどだったので、自分でスケジュールを調整できたんです。あと、私は無駄がめっちゃ嫌いなので、効率化を極めました。

編集部

どんな風に?

定時ダッシュ

普通は社内会議で使う資料にも時間をかける人が多いんですが、私はテキストだけで済ませたりしてましたね。社内用なので、そんなに見栄えにこだわる必要もないですし、見たら分かるならいいじゃんって。

編集部

先輩たちから何か言われませんでしたか……?

定時ダッシュ

今思うと、新人としては良くなかったと思いますが……(笑)。残業するほど人件費ってかかるじゃないですか? だったら、残業して100点のものを出すよりも、残業しないで90点ぐらいのものを出した方が、コスパのいい人材になると思うんですよね。

編集部

それを言われちゃうと、先輩たちも何も言えないですね(笑)

定時ダッシュ

ふふ(笑)。そもそも初めから「残業する」っていう考えが私の頭になくて。人間、1日8時間以上集中することなんてできないと思いますし、私には帰ってやりたいことがいっぱいあったんです。

編集部

定時で帰ったあとは、何をしていたんですか?

定時ダッシュ

週3日は友人や同期、アプリや合コンで出会った人との飲み会ですね! マッチングアプリにはまっていたときは、「週5で人に会うぞ!」って自分に課してました。

編集部

週5で会う……! プライベートなのにかなりストイックですね。

定時ダッシュ

いえいえ、単なる欲望です。彼氏ほしかったんで(笑)

編集部

飲みに行かない日は何をしてたんですか?

定時ダッシュ

ヨガに行ったり、勉強も兼ねて、週1日はマルイやパルコなどに行ったりしていました。メーカーの広報だったので、売り場を見てトレンドをチェックして、良いPR方法はないかなって考えてました。

編集部

プライベートとはいえ、仕事のことも考えていたんですね。 「定時ダッシュちゃん」のTwitterはその頃から始めていたんですか?

定時ダッシュ

はい、趣味で適当に。裏アカ的な感じで使っていました。転職してからは、広報アカウントとして運営しています。

編集部

裏アカが広報アカウントに……! Twitterではバズツイートを連発していますよね。特にこのツイートは話題になりました。

定時ダッシュ

私はもともとマーケティングに興味があって、大学でも専攻していたんです。だからフォロワーの人が何を求めているかとか、考えるのも楽しいんですよね。だからTwitterも、仕事というよりは遊びみたいな感覚で好き放題つぶやいています。

残業はしないけど、プライベートは「仕事3:遊び7」

オリエンタルラウンジ
画像はオリエンタルラウンジHPより
編集部

オリエンタルラウンジに転職されたのは、何がきっかけだったんですか?

定時ダッシュ

当時は経営者と付き合いたかったので、経営者と出会う方法に全力投球してました。あ、健全なやつですよ!(笑)そこで弊社の代表に出会って、「オリエンタルラウンジの広報やってみない?」と話をもらい、今に至ります。ひょんなきっかけで、こんなに楽しい仕事に出会えて、本当に嬉しいです。

編集部

プライベートが仕事に直結しましたね。

定時ダッシュ

はい! 前の会社も好きだったんですけど、いつか転職したいなとは思っていて。

編集部

なぜ転職したかったんですか?

定時ダッシュ

前職は大手だったので、「こういう企画をやりたいです!」って言っても、OKが出るのが1カ月後なんてこともあったんです。そのスピード感はちょっとなって。

編集部

スピード感のあるベンチャーの方が向いていたのでしょうか?

定時ダッシュ

そうですね! 今は上司に「こういうのやりたいんですけど」ってLINEして、OKもらえたらすぐに実行できる。このスピード感がたまらないですよね(笑)。早く帰って成果を出している人が評価される社風も、自分に合ってるなって思います。

編集部

転職以外にも、「プライベートに全力投球してきたことが、仕事にも生きた」と感じる瞬間はありましたか?

定時ダッシュ

めちゃくちゃありますよ! オリエンタルラウンジでは毎月ハイスペ男子と美女が集まるパーティーを開催しているんですが(※現在は休止中)、120人の参加者のうち、毎回半分以上は私のTwitter経由での応募なんです。

編集部

120人中60人…!個人の集客力が半端ないですね。

定時ダッシュ

あとは、マッチングアプリやYouTubeチャンネルの運営もやっているんですけど、どちらも私がプライベートでもすごく興味のあることなので、ユーザーの気持ちがめちゃくちゃ分かるのはいいことだなって思ってます。

編集部

ユーザーの気持ちが分かるのは、広報として働く上でも大事なことですよね。お話を聞いていると、“定時ダッシュ”と言っても仕事とプライベートの境界線があまりないように思いました。

定時ダッシュ

昔からそうなんです。プライベートでも、「仕事3:遊び7」ぐらいの感じですかね。プライベート中に仕事のことも楽しく考えるし、良いアイデアを思いついたりもするし……。その方が楽しいですからね。

疲れていても、予定は気合いでねじ込むべき

編集部

ずばり、今の仕事は天職だと思いますか?

定時ダッシュ

そうですね、今のところは!

編集部

世の中には天職を見つけるために、セミナーに行ったり資格を取ったりしている人も多いですが、どうして「プライベートのために定時ダッシュ」していて天職に出会えたんだと思いますか?

定時ダッシュ

プライベートだからといって手を抜かずに、徹底的にやり込んだからだと思います。私の友達でも、働きすぎで疲れちゃってる人って多いんですよ。誘っても「今週忙しい」って言われる。でも「そんなこと言ったらずっと忙しいからダメだよ~」っていつも言っています(笑)

編集部

う、思い当たる節がありすぎる……!

定時ダッシュ

「彼氏はほしいけどマッチングアプリとかは疲れるからやらない」って言う子も多いから、「そんなこと言ってたらダメ!私が代わりにやるよ」って、プロフィールも全部作ってあげます(笑)

それで彼氏できたら「やってよかった!」って言ってくれますし、どんなに忙しくてもプライベートの予定は気合いでねじ込んだ方がいいと思います。その方が楽しいので。

編集部

楽しさへの執念がすごい(笑)。今後、「定時ダッシュちゃん」としてどんなことをしてみたいですか?

定時ダッシュ

フォロワーの方が増えてきたので、私のファンになってくれた方ともっと交流できたらなと。みんなで定時ダッシュして平日飲み会とか、女子だけの飲み会とか楽しそうだなって!

あと、私の男友達の婚活相手を募集する企画をTwitterでやってるんですけど、結構好評で! 最近それに燃えてます。

編集部

男友達の結婚相手をTwitterで募集したら、応募が来るんですか?

定時ダッシュ

はい!このときは40人ぐらい応募してくれました。そこで私が「この人は男友達と相性が良さそうだな」と思ったら2人でZoomで話してもらうんですけど、「Twitter結婚相談所」みたいで面白いです(笑)

編集部

また集客力がすごいですね……!プライベートなのに、仕事みたいなことをしてるんですね。

定時ダッシュ

プライベートの活動だけでお金稼げるんじゃない?」なんて言われます(笑)。あと最近は「ママ活男子」に興味があって、この前ママ活アプリを使って大学生と食事に行ってきたんですけど、これも仕事に生かせるかも? なんて思っていますね。

編集部

もう立派な市場調査ですね! ちなみに定時ダッシュちゃんは、自分の将来について考えたりするんですか?

定時ダッシュ

先のことはあんまり考えないタイプなんですよね。今みたいにコロナショックとかあると、状況ってすぐに変わっちゃうじゃないですか。計画していたことがダメになって落ち込んじゃうのって、すごくもったいないなって思うので、今日できることを一生懸命やりたいなと思ってます。

編集部

なるほど。

定時ダッシュ

あ、でも絶対に結婚はしたいです!!!結婚できたら、きっと仕事の幅も広がると思うので!

編集部

またプライベートが仕事化してますね(笑)。でも、境界線を引かずにどちらも全力で取り組むことが、両方の相乗効果を生むんだなって思いました。その楽しさへの貪欲っぷりも、見習いたいです。今日はありがとうございました!

取材・執筆/一本麻衣 企画/大室倫子(編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

RECOMMENDED POSTSあなたにオススメ

RELATED POSTSあわせて読みたい

JOB BOARD編集部おすすめ求人

コミュニティワン株式会社 ビジネスパーソンとしての成長を求めるあなたに、2020年代を牽引する企業とは
記事検索

サイトマップ

記事ランキング

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な生き方「人生なんて全部後付け。テキトーに今を生きる方が幸せよ」

自由すぎるゲイバー店員・カマたくの“This is me”な...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「ストリップ劇場では“飾らない自分”でいられる」

ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「スト...

【20代の転職失敗談】大手企業を入社3年目で退職。夢だった業界に飛び込んだ25歳の末路

【20代の転職失敗談】大手企業を入社3年目で退職。夢だった業...

仕事のモチベーションを上げる11の方法|20代が今日からできること

仕事のモチベーションを上げる11の方法|20代が今日からでき...

TAGS

営業求人を探す