特許庁

特許庁任期付職員(特許審査官補)★物理・光学・機械・メカトロ系の研究開発経験者

  • その他
  • 掲載期間:2022.09.23〜2022.10.20
特許庁任期付職員(特許審査官補)★物理・光学・機械・メカトロ系の研究開発経験者

この求人の特色アイコンの説明

  • 未経験歓迎
  • 学歴不問
  • 第二新卒OK
  • ベテランOK
  • 複数名採用
  • 完全週休2日
  • 休日120日
  • 賞与複数月
  • 上場企業
  • 転勤なし
  • 土日面接可
  • 面接1回

あなたの優れた専門知識を、活かしてみませんか?

国を挙げて知的財産戦略が強力に推進される今日。
その中核を担う特許庁では多様化する特許出願への対応と
審査の迅速化が求められています。
このため、世界最高レベルの迅速・的確な審査を行うべく、
優れた専門知識を持つ人材を募集します。

充実した研修と審査の実務により経験を積み、3年目には1人前に。
スキルUPと社会貢献ができる5年間を過ごした後は、
企業の知財部や特許事務所への参加、独立への道も開かれます。

募集要項

特許庁が募集している求人の詳細です。

募集背景

特許審査の順番待ちの期間を短縮するため、特許庁は先行技術調査のアウトソーシングや電子化(ペーパーレス化)を進めたほか、約20年前から5年という任期付の審査官を500名弱、民間等から採用してきました。今回の追加募集を通じて、世界最高水準の迅速かつ的確な特許審査の実現を引き続き目指しています。

仕事内容

物理・光学・機械・メカトロ系分野に関する特許出願の実体審査

我が国では、発明をしただけでは特許を受けることができず、特許庁に対して書面で出願手続をする必要があります。出願手続された特許は、法律で定められた手続的、形式的な要件を備えるかの「方式審査」を受け、さらに特許になるかどうかの「実体審査」を受けます。特許審査官は、この実体審査を担当しますが、発明内容の理解、先行技術の調査、先行技術との対比などを通じて、出願内容をあらゆる観点から精査し、特許権を付与するか否かの判断を行います。実体審査を行うためには、技術的専門知識が不可欠です。この分野においては、以下のような技術分野で専門知識を有する人材を募集します。

【技術分野】
計測、フラットパネルディスプレイの駆動制御(液晶、有機EL等)、物理的検査・物理的分析、画像診断(X線等)、光学(レンズ、光学フィルム、非線型光学を含む)、有機光学材料・EL素子、太陽電池、液晶素子、デジタルカラー複写機の制御、インクジェットプリンターヘッド、機械、電気機器、半導体(半導体デバイスを含む)、電気回路素子(L、C、R等)
注目求める成果

世界最高水準の迅速・的確な特許審査の実現に寄与していただきます。 特許出願の審査業務は、地道ではありますが、コツコツと質の高い審査を行うことを通じて、知的財産立国の実現に貢献していただくことを期待しています。

※任期付職員としての採用となります。採用されると、当初は審査官補に任用されます。審査官補は、審査官を補助しながら2年間の実務経験を積み、所定の研修を修了すれば、3年目は審査官に昇任させることを予定しています。

注目国家公務員として採用します

国家公務員として、世の中に役立っているという実感を持って頂きながら仕事ができます。任期が限られている以外は、排他的独占権である特許権を独立して付与するという仕事の上で、国家公務員採用総合職試験を経た一般の審査官と違いはありません。

身に付くスキル
・キャリアパス

◆日常の審査業務や研修プログラムを通じて、特許法等に関する法律知識や特許審査の実務能力、論理的な思考能力を身に付けることができます。
◆日々生み出される最先端技術に、いち早く触れることができます。

応募資格

◆理工、農学などの技術系の学士号(大学の学部卒業により得られる学位)を取得している方
◆学士号を取得後、企業、大学・大学院、研究機関、特許事務所などにおいて研究開発業務経験または知的財産業務経験が4年以上ある方
◆国家公務員法第38条に規定された欠格事由に該当しない方
歓迎する経験・スキル

◆迅速・的確な権利の設定を重要な職務としているため、技術的・法律的に高度な知識が求められます。
◆近年、海外からの特許申請も増えており、外国の特許審査官との意見交換の機会も多いので、語学力を活かすこともできます。
◆技術、法律に関する知識のみならず、出願人や他の審査官とのコミュニケーション能力も必要とされます。

◆技術に関する幅広い見識、職務に対する強い責任感を持ち、前向きに努力できる方
◆大きな責任を感じながらも、難題に果敢にチャレンジできる方

過去の採用例

特許審査官1,702名のうち、民間等から採用した任期付職員が490名活躍しています。

雇用形態

その他

想定給与

基本給25万円以上(業務経験年数を加味し決定)
※扶養手当、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当、超過勤務手当など諸手当を別途支給
実際の給与例

■業務経験年数10年の者(配偶者及び子2名)
 /入庁1年目/月給42万円/年収658万円
■業務経験年数10年の者(配偶者及び子2名)
 /入庁3年目/月給48万円/年収754万円

■業務経験年数20年の者(配偶者及び子2名)
 /入庁1年目/月給45万円/年収696万円
■業務経験年数20年の者(配偶者及び子2名)
 /入庁3年目/月給49万円/年収772万円

      

勤務時間

変形労働時間制
1日の実働時間 7時間45分(勤務時間帯(目安) 7:30〜19:15)

勤務時間(例):8:00〜16:45
※出勤開始時間は、7:30〜10:30の間(現時点)で30分おきに選択可。
※現在、新型コロナ対策のため、原則時差出勤を行っています。
※フレックスタイム、リモートワークなどの働き方もご相談に応じます。

勤務地

東京都千代田区霞ヶ関3-4-3
交通・詳細

丸の内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」(A-13出口)より徒歩5分
丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」(出口3番)より徒歩5分
銀座線「虎ノ門駅」(出口5番)より徒歩3分
南北線・銀座線「溜池山王駅」(出口8番)より徒歩3分

勤務地エリア

東京都(千代田区)

勤務地をさらに表示 ∨

休日休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次休暇※年20日(初年15日)、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引等)、介護休暇などがあります。

待遇・福利厚生

■扶養手当
■住宅手当
■通勤手当
■期末手当
■勤勉手当
■超過勤務手当
■共済組合制度あり
■審査官研修あり
 ◇任期付職員初任研修:採用直後(約1ヶ月間)
 ◇審査官コース前期研修(約2ヶ月間)
 ◇審査官コース後期研修(約1ヶ月間)

掲載終了予定日:2022.10.20

もっと知りたい!会社の素顔

募集要項だけでは伝わらない 会社の魅力をお伝えします。

取材担当者より

世界各国から受理した出願について、特許権等の独占権を付与するか否かを判断している特許庁。今回は、各技術分野の専門家として、特許出願を技術的観点、法律的観点等から厳正に審査する特許審査官を任期付きで募集する。

エンジニアにとって、「特許」は避けて通れない存在となっているが、「特許庁」について詳しく知らない人も多いかもしれない。「ものづくり」に加えて「知恵づくり」も国の柱に据えるという「知的財産立国」の実現に向けた政府の活動の中で、特許庁はメインプレイヤーとして様々な取り組みを行っている。その取り組みの一つが、世界最高水準の迅速かつ的確な特許審査の実現であり、今回の募集もその一環として実施しているのだ。

そんな国家的規模の取り組みのチームメートになってみたいという方は、なかなかないこの機会にぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

会社概要

特許庁の会社概要です。

事業内容

特許庁は、総務部、審査部、審判部等から組織され、以下に列挙するような、我が国産業の発展に向けた取り組みを積極的に進めています。
(1) 特許権等の適切な付与
世界各国から受理した出願について、各技術分野の審査官が、技術的観点、法律的観点等から厳正に審査し、特許権等の独占権を付与するか否かを判断します。
(2) 産業財産権施策の企画立案
未来を切り拓く「知的財産立国」の実現に向け、特許審査の迅速化、地域・中小企業の産業財産権活用に対する支援、日本ブランドの確立、模倣品対策、知的創造サイクル活性化(創造・保護・活用の好循環)のための環境整備等、産業財産権施策の企画立案を積極的に推進しています。
(3) 産業財産権制度の見直し
産業財産権施策の企画立案や国際交渉の結果等を踏まえ、関係法令の改正、審査基準等の見直しを適宜行っています。

設立

1885年

従業員数

2,793人(令和3年度末定員)

代表者

特許庁長官 濱野 幸一

応募について

選考プロセスをはじめ、応募時に必要な情報や連絡先を確認できます。

選考プロセス

  1. STEP01

    必要書類の提出

  2. STEP02

    書類選考

  3. STEP03

    筆記試験(多肢選択式一般教養、多肢選択式専門、論文式一般時事、論文式専門)

  4. STEP04

    面接(二段階)

  5. STEP05

    内定

【応募方法】
特許庁HPの受付フォームにて必要情報を入力の上、受験申込書、職務経歴書、履歴書(写真貼付)を提出ください。
受験申込書、職務経歴書、履歴書の様式は、特許庁HPからのダウンロードが可能です。

【応募資格】
◆理工、農学などの技術系の学士号(大学の学部卒業により得られる学位)を取得している方
◆学士号を取得後、企業、大学・大学院、研究機関、特許事務所などにおいて研究開発業務経験または知的財産業務経験が4年以上ある方

【応募締切】
令和4年11月16日(水曜日)
※電子メールや直接手渡しでのお申し込みは受け付けておりません。

ホームページ

特許庁https://www.jpo.go.jp/news/saiyo/other/ninkitsuki-tokkyo/220916b.html

連絡先

〒100-8915

東京都千代田区霞ヶ関3-4-3

採用担当

TEL / 03-3581-1101 内線3119

掲載終了予定日:2022.10.20

転職活動・求人応募についてよくある質問

Q.なかなか求人への応募に踏み切れない場合、どうしたら良いでしょうか?

興味のある求人を見つけたら、早めのご応募をお勧めします。 応募後の面接は、企業の採用担当者や社員と直接話すことができる絶好のチャンス!
企業の雰囲気などを感じることで、より良い転職活動に繋がります。まずは企業との接点を持つことが大切です。

Q.応募資格を満たしていない場合、応募はできないのでしょうか?

企業により異なりますが、応募資格を満たしていない方が採用に至った事例も多数ございます
不安点は面接時に質問するか、応募前に企業へ確認することをお勧めします。その際には、求人ページ内にございます「連絡先」へお問合せください。

Q.すでに別の求人に応募し、選考が進んでいます。他にも気になる求人があるのですが、応募しても良いのでしょうか?

複数社へ同時に応募することに問題はございません。同時に複数社の選考を進めることで、効率的に転職活動が行えるだけでなく、
転職先企業の決定時に比較検討が可能となり、失敗しない転職へと繋がります
。複数内定の獲得を目指して、積極的に応募しましょう!

この企業が同時募集している職種

特許庁のその他の求人です。


同一カテゴリの求人をもっと見る

今見ている求人が含まれる職種や勤務地、こだわり条件などのカテゴリからほかの掲載企業の転職・求人情報を探すことができます。

その他の条件で探す

typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

職種から探す

勤務地から探す

こだわり条件から探す

業種から探す

希望年収から探す

この求人情報について

特許庁の中途採用情報です。同社の募集している職種の仕事内容や給与、応募資格などを知ることができます。後から見たい場合は検討中リストに保存すると便利です。