キャリア Vol.688

20’s type1周年記念特集「20代で“好きなこと”って必要ですか?」をスタートします!

いつもご愛読いただき、ありがとうございます!2019年4月に、『20’s type』はリニューアル創刊1周年を迎えました。

この1年間でたくさんの方たちにインタビューをしてきましたが、20’sへ向けてのアドバイスの多くは「激動の時代を生きる今の20代は、“個の力”を磨くことが大事だ」ということ。そしてその「個の力」を鍛えるためには「好き」をベースにキャリア形成すべきという意見を、多方面の識者からもらってきました。

りゅうちぇるさん

やりたいことを見つけられるって、それ自体が本当に素敵なことだと思うんです。もし、好きなことややりたいことを仕事にできるチャンスがあるなら、是非チャレンジした方がいいと思う。僕だって『原宿に行きたい!』っていう“やりたいこと”があって今につながってるからね。
https://type.jp/st/feature/3607

ひろゆきさん

日本全体が沈む中で、周りと同じことをやっていたのでは自分も一緒に沈んでいくことは確定しているわけです。それが嫌なら、周りとは違うことをしなければいけません。そのためには自分がやりたいことがそこにあるかどうか、この一点で決めてしまって構わないと思います。というのも、好きだからそれをやっている人と、仕事だから仕方なくやっている人とでは、やれる仕事の量も、身に付く知識やスキルも大きく変わってきます
https://type.jp/st/feature/4021

サイボウズ人事・庭屋さん

専門性が欲しいからって、無理にやりたくないことを深めて楽しくないスキルを身に付けるよりは、自分がやりたいと思う楽しいスキルを身に付けていく方がいい
https://type.jp/st/feature/3841

湘南美容外科クリニック代表・相川佳之さん

今はたくさんの情報が入ってきて、選択肢に迷うことも多い時代。でも、そこで理屈をつけた正解よりも、儲かるか儲からないかよりも、「好きで頑張れる」ことの方が圧倒的に強い
https://type.jp/st/feature/4735

好きなことだから頑張れるし、力もつく。だから好きなことにチャンレンジしよう。

こうしたアドバイスに「なるほどなぁ」と納得する一方で、「でも、自分には特にこれといった好きなことなんてないんだよな……」と頭を抱えている20’sも少なくないのではないでしょうか。「好きを仕事に」と言われることも増えた今、自分だけの“コレだ!”ってものを見つけようと、焦るような気持ちで試行錯誤している人もいると思います。

そこで20’s typeでは、創刊1周年を記念した特集企画『20代で“好きなこと”って必要ですか?』をスタートします。好きなことはあった方がいいだろうけど、それってそもそも20代で必要なの? そんな質問を、いろんな立場の識者たちに聞いていきます。

今日から5月半ばにかけて、
「好きを仕事に」のトップランナー的存在・幻冬舎の箕輪厚介さん、
人事領域のスペシャリスト、メルカリ・石黒卓弥さん、
“自分を知り、強みを活かす”自己理解の専門家・やぎぺーさん、
YouTuberとして「好きを仕事に」を実践する藤原麻里菜さんなどが登場する予定。

20’sの“好きなことがない問題”との向き合い方のヒントをお届けできればと思いますので、お楽しみに!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

20's typeの最新情報をお届けします

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

株式会社フロンティアダイレクト ビジネスパーソンとしての成長を求めるあなたに、2020年代を牽引する企業とは
記事検索

記事ランキング

“レンタルなんもしない人”の人生が、「中学生以来ずっとつらい」から「毎日がエンタメ」になるまで

“レンタルなんもしない人”の人生が、「中学生以来ずっとつらい...

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さなかった理由

【戦慄かなの】“少年院上がり”の異色アイドルが人生を投げ出さ...

【小橋賢児が壮絶な過去から学んだもの】「男は30歳から」なのに僕はその時どん底にいた。

【小橋賢児が壮絶な過去から学んだもの】「男は30歳から」なの...

SHOWROOM・前田裕二が予想!ポスト平成、市場価値が急上昇する“神シゴト”って?

SHOWROOM・前田裕二が予想!ポスト平成、市場価値が急上...

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?

25歳の平均貯金額【最低でも50万円】って何で若いうちからこ...

TAGS