自分を磨く、キャリアをつくる。転職サイトはアット・タイプ


毎週火・金曜日更新

 

 
 

 

エンジニア注目の記事(働き方・キャリアを考える)

エンジニアの伝える力チェック

「エンジニアはコミュニケーションが苦手」というイメージが広まっているが、実際現場エンジニアの「伝える力」はどのくらいのレベルなのか?“コミュニケーションのプロ”2人が、エンジニアのコミュニケーションを診断する。

30歳SE、キャリア形成の節目。今なにをすべき?

22歳前後から60歳くらいまで勤務するとして、30歳はその序盤最大の分岐点。ハッピーな40・50代技術職として自分の思う方向へ歩みを進めていくには、30歳時点での舵の取り方が重要となる。30歳SE、今なにをすべき?

転職で求められるヒューマンスキルを鍛える SEの「技術力+α」養成講座

「技術+αが大事だって言われるけど、一体それって何のこと?」わからないものは身につけられない!ということでヒューマンスキルに一言あるその道のエキスパートたちに取材を敢行。スキルの定義から習得法、独自ノウハウを聞いた。

カネも仕事も将来もあきらめない選択肢を探せ!SEの未来価値を上げる転職「3つの正解」

昨年に引き続き活況を呈するIT業界の中途採用市場。自分の力だけでは変えようのない現職での不条理に成長を阻まれている技術者にとっては、転職を通じて環境をリセットする絶好のチャンスだ。そこで今回は、着実に自分の将来の市場価値(=未来価値)を上げる転職とは何かを考える。

カラダ改善がSEを救う!

憂うつな気分、肩・腰・背中のコリ、会話不足から生まれる孤独感―。これらが慢性的になってしまうと、体も心も疲れ切ってしまい、キャリアアップを志す気持ちが薄れてしまうもの。そうなる前に、誰でもできるカンタンな“折れない体質”の作り方を紹介しよう。

あと一歩の望みを叶える SEの高望み転職

夏のボーナスが支給され、ほっとひと息つくこの時期。普段は忙しさにかまけて忘れていた、仕事への「あと一歩の望み」が頭をもたげてくるころだろう。そこで今回は、その「望み」を叶える転職を実現する方法に迫る。

家電業界30代エンジニア 大成への切り札「リーダー職求人」を狙え!

30代技術者のキャリアを一変させるリーダー職求人。気軽にポテンシャル重視で転職が可能な20代と違って採用ハードルも低くはないが、得られるメリットには計り知れないものがあるようだ。

分業化による仕事スタイルの変化を見る 自動車業界 転職先選びの判断基準

以前と比べて、完成車メーカーとサプライヤーとの関係性、それぞれの仕事スタイルが変わりつつある。では、どんな人が完成車メーカー・サプライヤーどちらに向いているのか?自動車業界に精通する人材コンサルタントの話から、求められる人物像をひもといていく。

不安を克服した転職成功者たちの告白。「なぜ、転職に踏み切れた?」3人のメーカー系転職者のホンネ

傷のある経歴、自分の技術力、人間関係…。三者三様の理由から自身を持てなかった3人の技術者たち。しかし、いざ、転職したときにその不安はなくなったという。その理由に迫る。

好調な採用市場の旬な情報が満載!自動車業界転職準備ハンドブック

次世代技術の開発競争や世界的に伸び続ける生産台数など、2006年も話題に事欠かない自動車業界。中途採用市場も相変わらず活況が続いており、異業種人材まで積極的に取り込むなど、まさに“エンジニアのるつぼ”と化している。そこでこの特集では、旬な仕事に携われるメーカーの最新動向を紹介しよう。

転職でキャリア「最適化」計画

“10年選手”の知識と経験、これからどう発展させていく?

こんな状況に心当たりないですか? 発想の転換しどころMAP

今、エンジニアが直面している多種多様な壁。実は考え方一つで乗り越えるのは簡単なのかもしれない。要は発想をどう転換するか。3人の識者からのアドバイスを通して、今ある壁を越えるためのノウハウを紹介する。

人材コンサルタントが収入UPの分岐点を指南! 技術者を悩ませる「究極の二択」

年収UPを目指すエンジニアが直面するのは、現職のまま昇進・昇格をするか?思い切って転職するか?そこで、キャリア形成の過程で誰もが直面する“分かれ道”において、IT系とモノづくり系とで実際にあったケースを元に人材コンサルタントが賢い選択肢を解説する。

スペシャリストへの転機 〜Special interview 編〜

技術のスペシャリスト―。多くのエンジニアが、自身のキャリアの選択肢として一度は思い描いてみるものの、「誰もがなれるわけじゃない」「才能がないとなれない」といった理由から、途中で諦めてしまう人も多い。本当にスペシャリストは特別な存在なのだろうか?まつもとひろゆき氏や吉岡弘隆氏といった著名エンジニアへのインタビューなどから、スペシャリストの道を歩む為の施策を探ってみよう。

エンジニアからの質問に各社代表がスッキリ回答 ITベンチャーの会社自慢!

将来有望なITベンチャー企業6社が語る、自慢のわが社。「確かに面白そうな仕事ができそうだけど、ベンチャーってちょっと不安……」。そんなITエンジニアの声を代表して、各社代表に疑問をぶつけてきました。イマドキのITベンチャーの表と裏を知って、企業の本質を見抜く力を養おう!

シチュエーション別に見る技術が伝えられる人伝えられない人の天国と地獄

コミュニケーションの場でちゃんと技術が伝えられるエンジニアと、伝えられないエンジニアの差は何なのか? ここではコミュニケーションにおける“ 天国と地獄”を紹介。成功のためには何が必要か、体験談から学ぼう!

エンジニアを幸せにするGREEライフ

現場で働くエンジニアにとって幸せな環境とはどんな場所なのか――。企業のCTOというポジションで現場を見つめる、ミラクル・リナックスの吉岡弘隆氏とグリーの藤本真樹氏に、エンジニアにとっての理想の職場について語ってもらった。

人材業界のスペシャリストが語る「開発現場主義」キャリアの魅力

技術志向の強い技術者にとって開発現場に携われるのはいわば、アイデンティティの証明。しかし市場価値を考えると上流工程に行くべきなのか……。その迷いは誰にでもあるはず。そこで、人材業界の識者に開発現場一筋にキャリアを築くことの是非を問う。

世の中にニーズがあってこそ技術に価値が出る 技術者にとっての発想力の大切さ

「技術者は技術のみに精通していれば良い」という考えは過去のもの。エンジニアにこそ、自分の技術がどう活かせるのかを発想できる能力が求められている。そんな発想力の重要性、発想力を高めるための行動を、2人の識者に聞いた―。

最新分野の仕事でスキルアップを狙う!技術者魂をくすぐるIT企業への転職

技術者としてより高みに立ちたいと願うエンジニアにとって、「他社に先駆けて最新の技術を開発する」「一世を風靡する製品を手掛けられる」といった機会は大きな魅力。そんなチャンスに出会える技術者魂をくすぐるIT企業へ転職したエンジニアたちの声を聞いてみよう。

他分野からの転身もオススメ 「生産技術」が面白い!

モノづくりの要ともいえる生産技術の世界。その魅力に気付いていないエンジニアも多いのでは?最新トピック満載の、生産技術者の採用ニーズ高騰の背景を探る!

意外と使える“異業種出身組”の技術ノウハウ「電力システム」の裏側を知る

多くのハード技術者が、縁遠く感じる電力システム。しかし、電力システムを開発する重電業界では、さまざまな分野の技術者が求められており、その存在は意外に身近だ。業界経験ゼロから世界最大級の電力システムの開発者へと転身したエンジニアに、どんな技術を転用できるのか、また開発の醍醐味とは何なのかを聞いた。

実は“お得”な成長フィールド「金融SEへの転職」が正解なワケ

IT技術者の中でも、特に高度な技術力と業務遂行能力があることで定評ある金融SE。しかしなぜ、金融業界でIT技術者として働くことが、人材としての価値を大きく高めることになるのだろうか。識者と現場技術者の声からその理由を検証するとともに、これから金融IT業界への転職を考える技術者の活躍できるフィールドを探る。

いまからでも遅くない?!「Over-30」でキャリアを創る。

30歳からでは幸せなキャリアは創れない?そんなことはありません。ここではメジャー企業のキャリア制度と30代以降のキャリアコースから、30歳から始める幸せなキャリア創りの方法を考察してみよう。

エンジニア冥利に尽きる「技術で社会貢献」の選択ゼロから始める環境技術の醍醐味

2005年に発効した京都議定書によって、温室効果ガスの排出量を1990年と比較して6%削減する目標が開始された2008年。地球温暖化の抑制だけでなく、空気汚染や廃棄物処理の問題など、ますます地球環境への注目が高まるだろう。そんな問題に対して、技術者としてやれることは何か? 技術で社会貢献するというエンジニアの醍醐味に迫る。

“モノづくり”を実感したいソフトウエア技術者へ 「外資vs日本」ガチンコ勝負!待遇面はどちらが勝るのか?!

本当のところが分からない――。初めての転職に臨む技術者であれば、他社のイメージはつきにくい。 ここでは、転職先選びに必要な10項目を、外資vs日本企業で徹底比較。コレさえ読めば、転職の決め手が見えてくる?

覆面座談会 開発会社は天国か?地獄か?現役技術者が語るここだけのホンネ

下請けと呼ばれる開発会社にも、働くメリットがあるのはわかった。でも、下請け会社は恵まれた環境と手放しで喜ぶには疑問が残るもの。そこで、実際に下請けの開発現場で働く4人の技術者を収集し、匿名座談会を開催。技能・やりがい・将来性・給与のそれぞれについて天国か地獄かをジャッジする。

“モノづくり”を実感したいソフトウエア技術者へ 組み込みソフトウエア技術者orアプリケーション技術者

組み込みソフトウエア技術者か、アプリケーション技術者か。どちらも“モノづくり”に関わることができるが、志向によって合う、合わないが違ってくる。「ただモノづくりを実感したい」という気持ちだけでは、後になって後悔することにもなる。ここで自分の志向性を見つめ直してみよう。

IT業界「技術TOPが語る2008年」事業と求める人材像

提供するサービスや求める人材像が多様化しているIT業界。2008年もその動きがさらに加速することは間違いない。業界をリードする各社の技術トップに、2008年の事業展望について聞いた。

IT業界「技術TOPが語る2008年」事業と求める人材像(第2弾)

提供するサービスや求める人材像が多様化しているIT業界。2008年もその動きがさらに加速することは間違いない。業界をリードする各社の技術トップに、2008年の事業展望について聞いた。

IT技術者が転職したい企業ランキング BEST10

IT技術者300人に「転職したいと思う企業はどこ?」という質問を投げてみた

「契約交渉のプロ」が教える!年収アップのための交渉実践テクニック

スポーツ選手の契約交渉を任されるエージェントは“交渉のプロ”。 交渉のテクニックはたとえ違う分野でも共通するものが必ず存在するが、 そのテクニックとはどんなものか? 契約のプロが交渉に臨む心構えを伝授する!

「契約交渉のプロ」が教える!「技術+α」のスキルが未来の技術者の理想形

技術を生み出し、支えるのは「人材」だ。採用担当者が語る「理想の技術者像」から、2010年にあるべき技術者の姿を探る。

勉強で年収を10倍に!勝間和代のスーパー勉強術に学ぶ!

2007年4月、勝間和代さんが執筆した『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』は、発売されるや否やベストセラーとなった。社会人として働くなか、勉強と転職を通じて年収を10倍に増やすことに成功した勝間さん。勉強を通じてキャリアを切り拓く秘訣を聞いた。

「ムセン」で食いたいアナタのためのモバイル・インフラ最旬ガイド - WiMAX ZigBee TD-CDMA

急速に進展するモバイル通信業界を紐解くキーワードと前提知識がひと目でわかる!

SE経験者採用の人事担当者が語る!今、求めているのは「ポストSE」を担う人材

SE経験者を採用している企業側は、転職者に対しどんな期待を持っているのか?SE経験者を積極採用している企業の人事担当者3人に話を伺った。

あなたの優先事項は年収アップorスキルアップ!?30歳・ITエンジニアの転職“判断基準”

キャリア5〜7年、30歳を迎えるITエンジニア。この節目でスキルと年収のバランスを考える人も多いだろう。 果たして、転職でそのバランスを変えることができるのか?  専門家2人による業界動向を通して解説しよう。

ナナロク社長がスカウトしたいWeb技術者

Web業界をリードする1976年前後(=ナナロク世代)生まれのネット起業家たち。既存のビジネスに囚われないサービスで成長を続ける彼らが求めるエンジニアの条件とは?

転職成功のカギは社風にアリ メーカー選びは風土が命!

企業選びの際、何を重視するかについては人によって異なるが、意外と軽視されるのが社風や風土。入社後に、「イメージと違った……」とならないよう、ここでは社風や開発風土を見極めるポイントを紹介していく。

その不満、この転職でピリオドを SE「後悔知らず」な会社選び

転職は、今の自分が抱える不満を一掃するいわば“切り札”。しかし企業選びを誤れば、いっそう不満を募らせることになる。そこで今回は人間の“動機”を軸に、後悔しない会社選びのコツを一挙紹介!

“技術力+α”が身につく現場へ--SEを成長させる「ユーザー視点」

「ユーザーが遠くて開発がつまらない」と不満を持つITエンジニアは多い。この特集では、ユーザーと直接やりとりができる積極採用企業を紹介。現場社員の証言から、そんな環境で働く醍醐味を探った。

転職先選びのキーワードは「トレンド発信!」開発が楽しくなるメーカー20

エンジニアが本当に楽しく、やりがいを持って働ける開発現場とは? それを解き明かすキーワードは「トレンド発信」だ。エンジニア個人のアイデアが製品に反映され、それが市場で認められ業界のトレンドとなる。これこそ究極のやりがいではないだろうか。本特集では、そうしたトレンド発信メーカーで働く醍醐味と、市場を賑わす製品作りを手がけているメーカー企業を紹介していきたい。

求人件数バブル期並みでチャンス拡大 “売りどき”SEの賢い転職

好景気の影響で企業の採用意欲が急激に高まっている今、ITエンジニアにとってまれに見る転職チャンスが訪れている。しかし、90年代後半のITバブルがすぐに崩壊してしまったように、好景気のときほどその裏側には危険が潜んでいる。そこでこの特集では、現在のIT業界の転職動向を分析しつつ、現在の転職市場を上手に利用して将来も後悔しないようなキャリアをつかむコツを伝授しよう。

IT通信業界特集 あなたに任せたい注目ITプロジェクト

法改正や技術の高度化、情報サービスの進化などにより、システム開発プロジェクトの在り方そのものが様変わりしつつあるIT業界。この特集では、各社の現場で最先端のプロジェクトを取り仕切るプロジェクトマネジャーに密着。“旬”なプロジェクトに携わる醍醐味を聞いた。

自動車業界特集 クルマのシゴトは「異業種天国」

エレクトロニクス、ソフトウエア、生産技術、材料、化学―。クルマはまさに技術の集合体だ。現在、異業種のエンジニアに対する求人ニーズも急騰中。そこで本特集では、働く場として見たときの自動車業界の魅力とともに、企業選びや自己アピールのポイントを取材。自動車業界への転職を考えるにあたって必要な情報を網羅した。クルマへの熱い思いを持つあなた、いまがチャンスです!!

業界の変わり目をチャンスに変える メーカー二極化時代の生き方

景気回復、業績好調、勝ち組・負け組、業界再編、事業撤退―。一見相反するニュースが混在していたのが2006年上半期の製造業界だ。どうしたって会社の経営方針に大きな影響を受ける技術者という仕事。激動するこの時代に現場技術者はどう動くべきなのだろうか。ここでもう一度自分のエンジニア人生を真剣に考えてみたい。

環境・社風・制度の3大項目で選定 “社員想い”なIT企業ガイド

「どうせ働くなら、いい環境で働きたい」。転職を考えるとき、仕事内容や給料と同じくらい気になるのが職場環境や社風の話。だが、これらの情報は、求人情報の文面からはなかなか読み取れないものだ。 そこでこの特集では、「環境」「社風」「制度」の3つについて、業界内でも評判のIT企業に取材を敢行。各社の“社員想い”な理由について、現場で働く技術者たちにホンネを聞いた。

あなたはどれに向いている?完成車メーカー・サプライヤー・アウトソーシング

自動車業界への転職を考える技術者には、「完成車メーカー」「車両開発会社」「サプライヤー」「技術者派遣」など、いくつかの選択肢が用意されている。しかし、その業態の違いで働き方ややりがいがどう変わるのかは意外に知られていない。その業態による違いを把握し、より自分にマッチした仕事を見つけよう。


@typeのおすすめサービス

サイトでは検索できない非公開求人をキャリアアドバイザーがご紹介。さらに、職務経歴書の書き方や、受かる面接のコツなど、転職ノウハウを伝授!
情報を登録しておくだけで、あなたに興味を持った企業の採用担当者から直接スカウトが届きます。
「スキルマッチング」「希望条件マッチング」「足あとマッチング」の3つのマッチングで、あなたに最適な求人をお知らせします。
正社員で成長したい女性のための転職サイト!
「女性管理職がいる」、「働くママ歓迎」など、女性ならではのこだわり条件から求人を検索できる!