転職が成功する人に共通する特徴とは?転職に失敗しないためのポイントも解説

公開日:2022年03月10日 #転職知識 #転職準備 #その他

転職が成功する人に共通する特徴とは?転職に失敗しないためのポイントも解説

「転職活動が全然うまくいかない」「転職はしたいけれど、失敗が怖くて一歩踏み出せない」と悩んでいませんか?転職はすべての人がうまくいくわけではありませんし、周りで失敗した人の話を聞くと不安になりますよね。

転職がうまくいく人には共通点や特徴があります。成功者の共通点や事例を知ることで成功率は格段に上がるでしょう。

転職に失敗しないために、本記事で紹介する成功のポイントを確認しておきましょう!

「転職成功」はどのような状態を指すのか

「転職成功」の基準は人それぞれ異なるため、自分の求める成功条件を明確にしておくべきです。なぜなら、転職活動をスタートする前にしっかりとゴールを定めておかないと「実は転職に失敗していた」ということになりかねないからです。

例えば、収入を上げたいという人は、年収の高い企業への転職が成功と言えます。しかし、いざ入社してみると転職先の労働環境が悪くプライベートな時間が作れず、後悔するケースもあるのです。

収入や仕事内容はもちろんですが、業務時間や休日日数などの福利厚生の部分も含め、自分の中での「成功基準」を決めておきましょう。

転職が成功する人に共通する特徴

転職が成功する人には、5つの共通点が存在します。次の特徴を参考にして転職を成功に近づけましょう。

転職が成功する人の5つの特徴
・転職理由が明確
・希望条件をある程度絞り込んでいる
・入社しない企業の特徴を決めている
・業界・企業研究を徹底的に行う
・自己分析を行い、自分の長所・短所がわかっている

それぞれの特徴を詳しく解説します。

転職理由が明確

転職理由がはっきりしている人は、転職活動もスムーズに行えます。転職を決意した理由を基準に転職先をリサーチすればいいので、入社後のミスマッチも起きにくいでしょう。

転職活動を始める前に「なぜ転職を考えたのか?」を明確にしておきましょう。

希望条件をある程度絞り込んでいる

転職が成功した人は「ここだけは譲れない条件」を細かく絞り込んでいます。

「年収が多く残業が少ない」といった抽象的な希望条件ではなく、転職をする理由がしっかりと深堀りされているのです。

例えば「月々の生活費と最低限の貯金のために年収が400万円以上必要」「終業後に副業の時間を確保するため、月の残業時間は20時間以内」のように細かい設定をすることで、希望条件がブレることなく転職活動が行えます。

入社しない企業の特徴を決めている

入社したい企業の条件と同じくらい大切なのが「入社しない企業の条件を決める」ことです。

転職の際は良い条件だけが目に入りやすいですが、自分が入社したくないと感じる条件を決めておけば、入社後の退職リスクも減ります。

「多くは希望に合致しているけれど、月の平均残業が20時間を超える企業には入社しない」など、入社しない企業の条件を定めることが、転職成功への近道となります。

業界・企業研究を徹底的に行う

転職に成功している人は、興味のある業界や企業のリサーチを徹底的に行います。

情報収集を行い「今後伸びていく業界・職種なのか?衰退していくのか?」を見極めることで、人材の需要や給与の推移などを推測することも可能です。

現時点で給与が良く、労働時間が短い企業を選んでも、ITの発達によって衰退していく業界だった場合、10年後に同じ条件で働き続けるのは難しいかもしれません。

逆に、今後伸びていく業界の企業を選べば、すぐに条件が良くならなくても数年後に大きく条件が向上する可能性がありますし、人材の需要も高いため選考に受かりやすいというメリットもあります。

また、業界・企業研究を行うことで、興味のある分野が明確になるため、応募企業の絞り込みにつながり、ミスマッチも減るでしょう。

目先の条件だけに注目するのではなく、先を見据えた企業、業界選びが大切です。

自己分析を行い、自分の長所・短所がわかっている

自己分析を行い、自分の長所・短所を知ることで、仕事の向き不向きがわかります。

自己分析を十分に行わないまま入社を決めてしまうと、自分では長所だと思っていたことが活かせない職場だったり、得意だと思っていたことがうまくできなかったりするケースもあります。

転職を成功させるためには業界・企業研究も大切ですが、同じくらい自己分析も大切なのです。

履歴書や職務経歴書に手を抜かない

履歴書や職務経歴書は、企業の採用担当が最初に求職者の情報を知るツールです。これらの書類を適当に書いてしまうと採用が遠のくことを知っているため、転職成功者は手を抜きません。

中途採用の現場では「経験」が特に重要視されます。

自分の経験を存分にアピールできる履歴書や職務経歴書が魅力的であれば、選考を通過する確率がアップするので、妥協せず丁寧に作り込みましょう。

面接対策に妥協しない

中途採用の選考では、筆記試験よりも面接の割合が多く重要度も高い傾向にあります。中には、一度の面接で内定が決まる企業もあるため、何よりも力を入れるべきポイントです。

転職に成功している人は、次のような面接対策を徹底しています。

やっておくべき面接対策
・身だしなみを整える
・面接時に必要な書類や持ち物を忘れずにチェックする
・絶対に遅刻をしない
・応募先企業の人には漏れなくあいさつをする
・入退室時のマナーを徹底する
・面接時の質問内容をリサーチ・予想する
・面接時に想定される質問内容に答える練習をする

上記以外にも面接対策はたくさんあります。少しでも内定の確率を上げるためにも、徹底して対策をしましょう。

転職に失敗する人がやってしまっていること

転職に成功する人と同じように、失敗してしまう人にも共通点があります。

・転職すること」が目的になっている
・希望条件の優先順位がついていない
・情報収集や面接対策を怠る
・「内定が出たから」と転職してしまう

4つの特徴に当てはまらないようにすることが、転職成功への近道です。

「転職すること」が目的になっている

転職に失敗する人は転職すること自体が目的になり、とにかく入社できればよいという考えで安易に転職先を選んでしまいます。

転職すること自体が目的になってしまうと、転職前の不満が解消されずに、転職を繰り返すことになるかもしれません。

転職によってどのような希望を叶えたいのかという、一番大切な目的を忘れず転職活動を行うことを心掛けましょう。

希望条件の優先順位がついていない

転職の希望条件が多すぎるケースは、失敗を招く原因になります。

すべての希望条件に合う企業を見つけるのは難しいため、条件に優先順位をつけて選択肢を広く持つことをおすすめします。

また、優先順位をつけていないことで、本当は一番重要だった条件を見落としてしまい、入社後に後悔する場合もあります。

できるだけ良い条件で転職したい気持ちはわかりますが、優先順位を整理しスピード感を持って転職活動をしましょう。

情報収集や面接対策を怠る

企業のリサーチや面接対策を怠ってしまう人は、採用を勝ち取るのは難しいでしょう。

選考を受けているのは自分だけではなく、ライバルも同じ条件で審査されます。しっかりと対策をしてきた応募者とそうではない応募者を比較すると、当然前者のほうが採用されやすいのです。

「対策をしなくても受かる」「対策するのが面倒くさい」といった考えは捨てて、業界・企業研究や面接対策などを行ってみてください。

具体的な対策方法がわからない人は、転職エージェントに活用なども視野に入れながら万全の状態で選考に臨む準備を整えましょう。

「内定が出たから」と転職してしまう

内定をもらえた安心感から、条件に沿わない企業に入社してしまうケースは多いようです。他の企業で内定をもらえる自信がない人も、内定を「出してくれた」企業に飛びついてしまうことがあります。

他の企業も同時に応募していた場合、もっと良い条件で採用してもらえる可能性も十分にあります。焦って内定を承諾するのではなく、本当に入社して後悔しないか、長く働くイメージができるかをじっくりと考えてから入社を決意しましょう。

転職に失敗したらすべきこと

転職に失敗してしまう可能性は誰にでもあります。そんなときは、一度立ち止まり失敗について考えることが大切です。

闇雲に応募をし続けても、失敗を繰り返してしまう可能性が高いため、しっかりと対策を練りましょう。

転職の目的を再度確認する

転職に失敗したら「なぜ転職がしたかったのか?」を振り返りましょう。理由が曖昧だと次の転職先を決める軸がブレてしまい、同じ失敗を繰り返す原因になります。

転職によって解消できた不満と解消できなかった不満、もしくは転職したことで新しく出てきた不満などを整理しましょう。

入社後のミスマッチングを減らすために、現状の不満を棚卸しするのはとても重要です。

失敗した理由・原因を分析する

転職に失敗してしまったら、まず理由や原因を分析しましょう。原因を追求しないまま放置すると何社も選考を受けることになり、嫌気が差して転職活動自体を辞めてしまうかもしれません。

そうならないためにも「なぜ失敗したのか?」を徹底的に追及しましょう。

転職後すぐに辞めるリスクを認識する

転職を頻繁に繰り返していると「すぐに辞めてしまう人材」だと思われてしまうため、転職活動の難易度が上がってしまいます。

特に、入社数ヶ月ですぐに転職を考えている人は特に注意が必要です。

リスクを背負って転職すべきかは、年齢やスキル・経験など多角的に考慮してじっくり考えましょう。

会社に相談する

転職する旨を職場に伝えていない場合は、思い切って会社の上司に相談してみるのも手です。転職を決意した悩みや不満点を相談することで、すぐに改善してくれる場合があります。

自分にとっては非常に大きな悩みでも、企業や組織から見た場合、大した問題と考えておらず、すんなりと解決するケースもあるようです。

このような理由から、転職を決意する前には一度会社へ相談することをおすすめします。

【年代別】転職成功のポイント

転職は年齢によって必要なスキルやアピールするポイントなどが異なるため、年齢に応じたニーズに沿って、自分を売り込まなくてはなりません。

年代別の企業ニーズや、身につけておくべき経験・スキルを解説するので、転職活動の参考にしてみてください。

20代はポテンシャルの高さをアピールしよう

20代の転職は、これまでの経験やスキルよりもポテンシャルの高さをアピールしましょう。年齢が若いため、働きながら成長してくれる人材を採用したい狙いがあります。未経験の職種でもチャレンジしやすい年代です。

ただし、新卒のように「何でも教えてもらえる」と受け身になるのではなく、今まで培ってきた経験を元に、応募先企業でどのように貢献できるかを伝えましょう。

30代の転職は「マネジメント能力」がカギ

30代の転職では20代と比べて即戦力が求められ、特に「マネジメント能力」の有無が転職の成功に大きく関わります。

30代になると、ある程度の社会人経験を持っていると判断されるため、教育しながら雇用するよりも、できるだけ早く事業に貢献し成果を出してもらいたいと考えるのです。

その中でも後輩や部下を教育できたり、管理職の経験があったりすると重宝されます。しかし、口だけで「能力があります」と言っても信憑性に欠けるので、面接の際は、これまでの実績や成果を具体的な数字で語れるようにしておきましょう。

これから転職を考えている人は、現職でマネジメントに関する経験を積むか、似たような経験や実績がないかを自己分析してみてください。

40代以降はさまざまな手段を使おう

40代の求職者には、さまざまなスキルや経験が求められます。30代と同じくマネジメント能力が求められますが、40代のほうがよりニーズは高くなります。

ハイキャリアを目指す方は、一般的な転職求人サイトでは対象となる求人が見つかりづらくなるため、非公開求人などがある転職エージェントの活用も視野に入れるなど、さまざまな手段を使って転職活動に臨みましょう。

日々の仕事で忙しく転職活動ができなくても、専任のコンサルタントが希望条件をヒアリングし、最適な求人を紹介してくれます。

面接対策や応募書類の添削も無料で行ってくれるので、転職の成功確率もアップしやすいでしょう。

40代の転職ではスキルや経験以外に、人柄が社風にフィットするかも厳しく見られるので、謙虚な姿勢で転職活動に臨むことが大切です。転職活動が長期化する傾向もあるので、在職中に余裕を持って行いましょう。

まとめ

転職活動を成功させるためには、次のポイントが大切です。

転職活動を成功させるポイント
・転職する理由を明確にする
・企業研究・業界研究を徹底的に行う
・応募書類は手を抜かず、これまでの経験をしっかりとアピールする
・希望条件に優先順位をつける
・入りたくない企業の条件を明確にする
・転職に失敗した理由を分析・改善する
・年代に応じたアピールポイントを理解し、適切に伝える

転職を成功させる人、失敗してしまう人の特徴をしっかりと把握し、後悔しない転職をしましょう!

この記事に興味がある人へのおすすめ

転職が成功する人に共通する特徴とは?転職に失敗しないためのポイントも解説
この記事が気に入ったらいいねしよう!

同じカテゴリから関連する記事を探す

その他のコンテンツを見る