Get Ready

自分だけの「転職成功」の必須条件をあぶり出す3つの質問 転職の目的を整理しよう

転職を成功させるには、ブレない軸を設定することが必須です。「今よりもっと良い環境で働きたい」「やりがいのある仕事がしたい」といった転職理由は一見普通ですが実はとてもあいまいな状態。企業に応募する前に、まずは転職の目的を整理しましょう。あなただけの「これが叶ったら転職成功」と言える「転職の目的」をあぶり出すための、3つの質問をご用意しました。

転職の目的を整理する3つのポイント

給与や待遇、職場の人間関係への不満から転職をしたいと思う人もいれば、スキルや経験値を上げるために新しい職場を求める人もいます。転職の理由は人それぞれですが「いまよりもっと良い環境で働きたい」「やりがいのある仕事がしたい」といったあやふやな気持ちで転職活動に入ってしまうと、なかなか自分に合った仕事が見つからなかったり、せっかく転職先を見つけても理想と現実のギャップに悩まされたりすることも。転職を成功させるためには、転職の目的を整理し、掘り下げ、正しく知ることが必要です。

1つ目の質問、その「転職したい理由」が生まれている“背景”は何?

たとえば「給与が低い」から「給与が高い会社に転職したい」というのは、とてもポピュラーな転職理由のひとつです。でもこの給与の低さの理由をもう一段階掘り下げて考えてみると、いくつもの違った背景が見えてきます。

あなたの給与が低いのは?

「給与が低い」という事象一つとっても、裏側これだけ多くの理由が考えられるわけですから、単に給与水準が高い会社を選べば済むというわけではないことがわかるはず。もし勤務先の業績が悪いことが給与の低さの主な原因なのであれば、業績好調な企業を狙うべきですし、業界や市場全体が低迷しているなら異業種・異職種転職も検討すべきでしょう。もし業務に必要なスキルや経験が乏しいことが理由だと分かったら、今の職場でもう少し経験を積んでから転職した方が良い結果が得られるかもしれません。

つまり大事なのは、目に見える不満が「給与水準が低い」だとしても、その背景によって選ぶべき会社や仕事も変わるということ。あえて深く掘り下げてみようと思わなければ、つい見過ごしてしまいがちなポイントなので注意が必要です。不本意な転職を避けるためにも転職の目的とその裏に背景を正しく知ることはとても重要といえます。

給与の低さの背景にあるもの→選ぶべき会社・仕事

2つ目の質問、優先順位が一番高い希望条件はどれ?

転職したいと思う理由は一つだとは限りません。高い給与水準と手厚い待遇のもと、気の合う仲間に囲まれながら自然とモチベーションが高まる仕事が見つかればいいのですが、よほどの幸運に恵まれない限り、すべての願望を同時に満たせる仕事に出会える可能性はそれほど高くないのが実情です。

たとえば多くの裁量が与えられ夢一杯のワクワク感が味わえるベンチャー企業で、大企業並みの給与水準、待遇、環境が得られることは限られますし、たくさんの仕事量をこなさなければならない場合がほとんどです。一方大手企業では、人も羨む雇用条件もとで世界を驚かせるようなビッグプロジェクトに携われたとしても、個人に与えられる裁量はごく限られ、責任ある立場に就くには何年もかかることもあります。

このようなメリット・デメリットは一例に過ぎませんが、どの条件を優先すべきかを事前に考えておくことは会社選びの重要なポイントになります。

ベンチャーで働くメリット

もし求める仕事がベンチャー企業にあるのであれば、一時的な収入の低下や業務量の多さには目をつむるべきでしょうし、大企業でしか取り組めないビッグプロジェクトに携われるのであれば、ベンチャーよりも長い目で自分のキャリアを考えた方がよさそうです。

もちろん何を大切にするかは価値観によってさまざま。だからこそ気になる会社と出会ったなら、自分にとってのメリット・デメリットをしっかりと見極められるよう、一般論ではない“自分なり”の優先順位をイメージしておくべきなのです。

3つ目の質問、(途中で迷ってしまったとき)一番大事にしたいことは何でしたか?

転職によって達成したい目的と手に入れたいものをイメージし優先順位をはっきりさせても、転職活動の過程では想定とは異なる状況に追い込まれてしまうことがあります。またさまざまな経験を通じて転職への迷いが生じたり、仕事への考え方が変化したりする場合もあります。迷ったり考えが変わったりしたら原点に立ち返るための質問を自分に投げかけてみてください。

「希望の会社や仕事が見つからない」「条件がなかなか折り合わない」「当初想定していた転職先とは異なる選択肢が出てきた」―。長い転職活動期間中にはこうしたことがよく起こります。その場合は立ち止まって今一度、転職の目的と優先順位を問い直してみることをお勧めします。新たなチャレンジに見直しや修正はつきもの。それは転職活動だって同じです。

あらかじめ転職の目的を深く掘り下げ、転職によって得たいものがはっきりしていれば、もし進路を変えざるをえないような状況に陥ったとしても、しなくていい試行錯誤を繰り返してしまったり、不本意な選択をして戸惑ったりすることは避けられるでしょう。仮に思った通りに転職活動が進まなくても、方向性と軸足がしっかりしていれば最善の選択を下すことができるので、転職活動に入る前はもちろん活動期間中も常に忘れずに心に留めておいていただければと思います。

転職で得たい条件が定まったらAIによる求人提案が受けられます!
typeの仕事探しコンシェルに相談してみるEdit
【イラスト作成】なかそね ことみ氏
グラフィックの力で「伝わる」を作るグラフィックレポーター。得意分野は、セミナーやディスカッションの内容をリアルタイムにまとめる実況レポートのほか、文章や本などのグラフィック化。著書に「グラフィックレポートの教科書」。twitter:@sonecco_bot
転職の目的を整理しよう|転職ならtype
この記事が気に入ったらいいねしよう!