Get Ready

転職活動の流れを知って、自分のペースで進めよう! 転職活動の基本スケジュールと
計画の立て方

一般的に、転職活動にかかる期間の目安は3~6カ月といわれています。とはいえ、進めたいペースは人それぞれですよね。実は、注意点とやるべきことをきちんと踏まえれば、1カ月程度の短期戦や半年以上の長期戦で転職活動を進めることも十分可能。自分が置かれている状況や希望に添った転職を実現させるため、まずは基本的な流れと段取りを押さえましょう。

目次

一般的な転職活動の流れを知ろう

ここでは事前準備から転職先へ入社するまでの一般的な期間を3カ月~6カ月と設定し、それぞれのステップで注意すべきポイントを解説します。

転職活動の主なステップ

転職活動は、「応募から面接までの期間」や「引き継ぎや有休消化にかかる日数」など、その人によっての変動要素が多く、スケジュールの立て方に悩まれる方も多いでしょう。転職した経験がなければ、「そもそも何から始めれば?」と立ち止まってしまうこともあるのではないでしょうか?
まずは、一般的な転職活動のステップとそれぞれでの取り組むべき内容について詳しく見ていきましょう

【ステップ1】事前準備

転職の目的と目標を明確にする

「給与アップを狙う」「責任あるポジションに就く」「ワークライフバランスを整える」といった、転職の目的や目標の具体的なイメージを定めると、自分がどのような会社を選ぶべきなのかが見えてきます。転職の方針が決まれば、進路を選ぶ際に生じる迷いは最小限に抑えられますし、面接で聞かれる志望動機にも説得力が増すはずです。

自分のキャリアを振り返る

企業が転職者に求める期待値に対して、自分ならどのような貢献ができるのか、経験やスキル、強み、業績などの面から掘り下げておくことは、転職の成功確率を高める上でとても役立ちます。キャリアを細かく振り返ると、自分でも気付いていなかった強みや仕事への姿勢が見えてきます。ここで明確になった内容は履歴書や職務経歴書を作成する際にも使えるので、十分な時間をかけて取り組みましょう。

【ステップ2】情報収集~応募

転職先候補を探す

【ステップ1】で定めた転職の方針によっては、一般には知名度が低い小さな会社や設立間もないベンチャー、異業種の会社にも目を向けるべきかもしれません。【ステップ1】で洗い出した職歴や希望条件を転職サイトや転職エージェントに登録しておくと、マッチした求人が自動的に集まってくるので便利です。気になった企業は検討中リストに入れるなどマイページに保存しておくと比較検討もできて便利です。それだけでなく、友人・知人との会話、経済紙やビジネス誌、ネットニュースなどにもアンテナを張れば出会いのチャンスが広がります。

応募書類の作成

転職サイトを使って応募する場合、Web上で履歴書や職務経歴書などを作成します。最近では紙ではなくデジタルデータで応募書類を作成することが当たり前になっていますが、紙であれデジタルであれ志望動機や自己PRはコピー&ペーストは厳禁。応募先に合わせてオリジナルで作成するようにしましょう。
応募書類はその後の面接で持参を求められる場合もあるので、企業によって形式の指定がないか確認し、WordやExelで作成しておきましょう。

応募

情報収集の過程で気になる企業が見つかったら、それぞれの企業に合わせた志望動機を添えて応募しましょう。選考の進み方やタイミングは企業によってまちまち。無駄に転職期間を長引かせないためには、複数社に応募し同時並行で選考を進めることが必要です。候補企業のリサーチは継続して行い、転職先が決まるまでは常に応募を続けるのがおすすめです。

【ステップ3】選考~内定

面接対策

有名企業であれば面接に関する情報がネット上で見つかることがあります。しかし真偽不明な情報が多いので参考程度に留めたほうが無難です。面接担当者から聞かれるであろう基本的な質問に対し、どう答えるかを考える方が時間の使い方としては有意義。家族や友人を面接官に見立て練習してみるのもいいでしょう。

入社条件の確認

複数の内定を得た場合、どの会社を選ぶべきか悩むことがあるかもしれません。そんな時は改めて【ステップ1】で定めた転職の方針に立ち返って冷静に判断しましょう。企業側から提示された条件もこのタイミングでしっかりと確認することが、入社後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないコツです。条件や記載事項で気になる点があれば相談してみるべき。話し合いの結果、双方にとってメリットのある落としどころがみつかるかもしれません。

【ステップ4】退社準備

退職の意思表明

民法の規定では、労働者は2週間前までに退職の意思を会社に伝えれば辞められるとされていますが、退職希望日の1カ月ほど前までに直属の上司に伝えるのが一般的。転職して去るからといって引き継ぎをおろそかにしたり、業務を投げ出したりするのはその後の関係性を考えてもおすすめできません。多くの場合、退職にまつわる就業規則が用意されているはずなので、規定を踏まえて適切なタイミングで辞める意思を伝えましょう。

退職手続き

退職日が決まったら、退職届を出し、税金や各種社会保険の手続き、会社から貸与された備品の返却、後任への業務の引き継ぎなどを行います。新しい会社への入社するタイミングによって受け取るものやその後の手続きが変わることもあるので、設定された締切りまでに責任を持って終えるようにしましょう。

【ステップ5】入社準備

引き継ぎや退職の準備

退職手続きとは別に、仕事の引き継ぎや社内外へのあいさつなども進めましょう。最終出社日を迎えるまでに、引き継ぎ用の資料を作ったり、後任とあいさつ周りをしたりとやるべきことは意外と多いものです。残っている有給休暇を取得するならそれもふまえて退職日と最終出社日を調整しましょう。

入社後必要となる知識・スキルの習得

前職を退職してから期間をおいて新しい会社に出社する場合、休暇を取るというのもいいですが、入社後必要となる知識やスキルの習得に費やしてみてはいかがでしょう。転職者は新卒よりも早く成果を出すことが求められます。事前準備を抜かりなく行うことで入社後のスタートダッシュがうまく切れるかもしれません。

スケジュールの立て方は、特に希望がなければ、1月、4月、9月など四半期や期の変わり目の入社を目指すか、担当している仕事の区切りがつきそうなタイミングから逆算して上記のプロセスをイメージするとスケジュールが組みやすくなります。

転職スケジュールの応用編

ここまで、転職活動の基本的なスケジュールの立て方を紹介してきましたが、「今すぐ転職したい」という場合や、「もっと余裕を持って進めたい」という方もいるでしょう。ここからは転職スケジュールの応用編として、短期戦(1カ月)、長期戦(7カ月)の取り組み方と注意点について解説していきます。

短期戦!1カ月で転職活動を進める場合

1か月の主なステップ

1カ月以内に転職したいという方は、恐らくすでに離職中かよほどの事情で転職しなければならない状況にあると思われます。しかし、転職は転職者と求人企業の双方が関わるので選考プロセスを自分の都合で勝手に変えることはできません。自分にできることに関しては極力無駄を省き、転職活動に費やす時間を戦略的に増やすことが重要なポイントになります。

【ポイント1】転職サイトのスカウトサービスと転職エージェントを最初から使う

転職活動のプロセスを極力同時進行で行うことになります。情報収集にかける時間を省くため、転職サイトが提供するスカウトを活用するほか、候補企業の提案や日程調整を任せられる転職エージェントを利用するのも有効な手段です。

【ポイント2】同時に複数社に応募する

最も調整に時間が掛かりある程度の期間を要する選考フェーズを短く抑えるために、複数の企業に同時に応募し、並行して選考を進める工夫が必要になります。企業側も短期で採用を決めたいという意思表示である「急募」「面接一回」といった記載がある求人情報も要チェック。その際も、休憩時間や移動時間を使って自己分析、企業研究などはきちんとした方が良いでしょう。

【ポイント3】通常業務の合間に引き継ぎ準備を進める

在職中の方で1カ月以内に転職をしたい場合、引き継ぎと退職交渉も同時に進める必要があります。引き継ぎ書の作成は日常業務の合間に少しずつ行っておくとよいでしょう。内定が出ていない段階で転職の意思を伝えるのはリスクがありますが、なるべく円満な退職を心掛けて直属の上司に相談するなどしましょう。状況によっては有給休暇の消化を諦めることも検討しなければなりません。

長期戦!1年かけて転職活動を進める場合

1年間の主なステップ

「いいところがあれば転職する」「来年の目標は転職」など、時間的に余裕がある方は転職活動に十分に時間をかけることができます。とはいえ時間に余裕があるだけに、モチベーションの維持が難しくなることも。中だるみを起こさないためには一定の工夫と努力が必要です。

【ポイント1】人脈を広げてカジュアルに情報収集

転職の目的や自分の強みを整理した後は、じっくり情報収集することができます。友人・知人のツテなどをたどって、気になる会社で働いている人に会ってみるのもおすすめです。採用基準といった直接的な情報を得られるだけでなく、社風や職場の雰囲気などの世間であまり知られていない情報に触れられるかもしれません。

【ポイント2】転職サイトのスカウトをこまめにチェック

スカウトサービスへの登録や転職エージェントに相談しておけば、自分に合った求人情報を知らせてもらえるので自分で積極的に探さなくてもマッチした求人と出会うことができます。しかし、求人情報はいつまでも待ってくれません。良いと思える会社に出会ったら即応募する機動力を忘れないようにしましょう。

【ポイント3】期間を決めて資格取得やスキルアップに集中

人気企業や希少職種、資格取得が伴う専門職を狙うのであれば、合格に必要な知識や実績が必要です。現職で成果を出すのはもちろんですが、社会人向けの専門学校やビジネススクールに通ったりすることも必要になるかもしれません。

応用編はあくまでも一例です。ステップによっては順番が入れ替わることもあれば、想定どおりに進まないこともあります。悩んだり迷ったりしたら、転職の目的に立ち返って自分にとっての進め方を探っていってくださいね。

あなたにピッタリのスケジュールは?

流れやスケジュールのアレンジ方法が分かったところで、「では自分はどうやって進めよう?」という方もいるかもしれません。そこで、あなたにピッタリの転職スケジュールが分かるチェックリストを用意しました。それぞれの項目に当てはまったら左のボックスにチェックをしてください。設問の下にある集計結果のチェック数で一番数が多いものが診断結果です。

当てはまる項目をチェック!

  • 集計結果
  • 赤/0
  • 青/0
  • 緑/0

【結果】のチェックが一番多かったあなたは・・・・・・
無理せず3カ月~6カ月で逆算してスタート日を決めよう!

転職をすると決めたはいいものの、締切りがないなど焦る必要がないあなたは、セオリー通りきっちりと転職前の準備をしてから活動を始めるのが良さそうです。自分がどんな会社に転職したいのか見えてきたら、仕事の区切りや年度の区切りなど、きりのいいタイミングに狙いを定めて逆算して転職活動を始めましょう。

★ まずはセオリー通り、転職前の準備から
キャリアの棚卸しをしてみるEdit

【結果】のチェックが一番多かったあなたは・・・・・・
スピード転職を目指して今すぐ応募開始!

あなたは志向的にも状況的にも、早く転職活動を終わらせた方が幸せに近付きそうです。転職先に求める条件を整理しつつ、転職サイトや転職エージェントに今すぐ登録しましょう。職歴や希望条件を登録しておくと受け取ることができるスカウトやオファーのサービスも活用してみてください。

★ レジュメ登録をしてスカウトやオファーを受け取る
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

【結果】のチェックが一番多かったあなたは・・・・・・
じっくり時間をかけて自分らしい転職を模索しよう

転職意欲がまだふわっとしているあるあなたは、まずは転職すべきなのかどうかから整理してみるのがよさそうです。しっかりと転職する目的が持てたら、徐々に企業探しをしてみたり、スカウトやオファーを受け取ってみて自分の市場価値を認識してみるのもおすすめです。

★ そもそもあなたの悩みは転職で解決するの?
転職の目的を整理するEdit

これまでにご紹介した注意点やポイントを踏まえれば、あなただけの転職活動スケジュールが見えてくるはず。ぜひ転職活動の参考にしてください。

転職活動の流れを知って、自分のペースで進めよう! 転職活動の基本スケジュールと計画の立て方
この記事が気に入ったらいいねしよう!