最適な転職の相談相手は誰?相談の仕方や悩みの解決方法

公開日:2022年04月14日 #転職準備 #キャリア #その他

最適な転職の相談相手は誰?相談の仕方や悩みの解決方法

転職について客観的な意見やアドバイスが欲しいときに、誰に相談すればいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。本記事では、転職について悩んだ際に最適な相談相手について紹介します。また相談する際に効果的なアドバイスをもらうためのポイントや、転職活動中の悩み別の解決方法も解説しているため、ぜひ参考にしてください。

相談したくなる転職の悩み

転職を検討している場合、さまざまな悩みを抱えている方も少なくありません。転職での悩みは人それぞれですが、共通しているものも多いです。本章では、転職に関するよくある悩みを紹介します。

年収が低い・上がらない

年収は転職先を検討する上で欠かせない条件の一つで、多くの方に共通する悩みです。友人や知人と比べ、年収を理由に転職を検討し始める方も多いようです。

転職によって現職より年収を上げることも可能ですが、転職先の条件次第では減少する場合もあるため、事前の情報収集が必要です。転職する業界や企業を選ぶ際は周囲の状況も把握した上で、自分のスキルや経験を考慮しながら検討しましょう。

激務・残業が多い

忙しすぎる、残業時間が多い仕事に就いている場合、ワーク・ライフバランスを取りたいと考えて転職を決意する方も少なくありません。

激務や残業が多いと体力的にも精神的にも疲れが溜まりやすくなり、仕事へのモチベーションも低下してしまいます。まずは自分がどのような働き方が適しているのか、どのような成果を残したいのかなどを深掘りしてみましょう。転職で失敗しないためには、徹底した情報収集が重要です。

今の仕事にやりがいや将来性を感じない

入社後から仕事内容に変化がなくルーティンワークが多い場合など、仕事へのやりがいや将来性を感じないと悩む方は多いです。他の部署への異動を希望できない場合や現職でのスキルアップ・キャリアアップが難しい場合は、転職を検討するのも一つの方法です。

転職を検討する際は、仕事そのものにやりがいを感じられないのか、労働環境や職場内の人間関係などの別の要因でモチベーションが低下しているのかを見極めましょう。スキルアップやキャリアアップしたい場合は、具体的にどのようなキャリアを目指したいのかを検討することも大切です。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係の悪化やトラブルに悩んでいる方も珍しくありません。社風や職場の雰囲気などの環境要因に問題点がある場合はもちろん、自分だけの努力では改善できない同僚や上司との相性などによるストレスも溜まりやすいです。

職場内の人間関係の改善が困難で無理に現職に留まろうとすれば、ストレスによって精神疾患などを発症してしまう恐れがあります。

自分が転職できるのか、通用するのか不安

転職が初めての場合や30代以降に転職する場合は「自分が転職できるのか」「転職しても自分のスキル・経験で通用するのか」などの悩みを持つ方も多いです。

しかし漠然と悩むのではなく、自身が持つスキルや経験の棚卸しを行い、自分の長所・短所の把握から始めることが大切です。また転職について相談する際は面接や履歴書などの書類対策をした上で、転職経験者に具体的なアドバイスを求められるように準備しておきましょう。

転職の相談は誰にすべき?

転職の悩みを聞いて欲しい、客観的なアドバイスが欲しい場合は、誰に相談するのが良いのでしょうか。本章では、最適な転職の相談相手を紹介します。またそれぞれに相談するメリット・デメリット、注意点なども解説しているため、相談相手を探す際に役立ててください。

身近な人に相談する際は注意が必要

転職は人生を左右する大きな選択になるため、自分のことをよく知る身近な人に相談したいという方も少なくありません。しかし身近な人に相談する場合は以下で解説する注意点に気をつけましょう。

家族やパートナーに相談する場合

一番身近な存在である家族やパートナーに相談した場合、家庭の状況や将来のことを考慮した上で親身になって考えてくれることがメリットに挙げられます。

気兼ねなく何でも話せる存在だからこそ、相談する際は感情的になったり、仕事よりもプライベートの話に脱線したりする点に注意しなければなりません。また転職しようか悩んでいる状態のときに相談することで、家族やパートナーに心配をかけてしまう場合もあるため、タイミングを考えてから話を切り出すようにしましょう。

プライベートの友人・先輩に相談する場合

社外の友人や先輩に相談するのも一つの方法です。転職経験がある人がいれば、実際の転職体験を聞くことができるため、自身が転職する際の参考にできます。プライベートで仲の良い友人や先輩であれば、ざっくばらんに正直な意見をもらいやすいです。

その反面、転職経験者の体験談であっても相手の主観が入っていたり、能力や経験の差があったり、志望する業界・企業などが違ったりするなど、人によって状況が異なるため自分に置きかえて参考にするのは難しい場合もあります。プライベートの友人・先輩に相談する場合は、1人だけでなく信頼できる複数人から意見をもらい、その中で共通点を見つけて参考にしましょう。

会社の同僚・上司に相談する場合

自分が置かれている状況や立場に近い会社の同僚・上司に相談する方法もあります。家族やプライベートな友人などに比べて自分と同じ悩みを持っている、もしくは過去に持っていた可能性が高いため、状況を理解した上で具体的なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

ただし社内の人に転職の相談をするのは避けた方が無難です。万が一、社内に転職する意思があることが広まってしまうと、現職に居づらくなる、不当な扱いを受けやすくなる恐れがあります。相談することのリスクが非常に高いため、転職活動中は社内の人に相談しないことをおすすめします。他企業への入社が決まってから、直属の上司に初めて退職の意思が伝わるようにしましょう。

転職相談窓口・サービスを利用する

転職に関する相談を受けてくれる相談窓口やサービスを利用するのもおすすめです。プロの視点から客観的かつ具体的なアドバイスをもらうことができます。転職に悩んだときは、以下に挙げる相談窓口・サービスの利用も視野に入れましょう。

転職エージェント

転職エージェントは、転職の専門知識が豊富なアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるサービスです。幅広い求人を扱うところもあれば、特定の業界や職種に特化しているエージェントもあります。

希望条件にマッチした求人案件を提案してくれるだけでなく、応募書類の添削や面接対策などのサポートも受けられます。また面接日の日程調整や条件交渉なども行ってくれる転職エージェントも多いです。

ハローワーク

ハローワークは各自治体に設置されている公的な機関で、正式名称は公共職業安定所です。ハローワークでは求人の紹介や斡旋、転職に関する個別相談、自己分析・応募書類・面接対策などのサポートを無料で受けることができます。

ハローワークを利用できるのは平日の8:30~17:15で、自治体によっては開庁時間を延長しているところや土日に開庁しているところもあります。ホームページから求人情報を検索することも可能です。

東京しごとセンター

東京しごとセンターは、公益財団法人 東京しごと財団が開設した職業支援機関です。専任のアドバイザーに相談でき、自分に適した職業探しや各業界の動向分析、企業研究、応募書類の添削、面接対策など、内定を受けるまでのサポートを受けられます。また内定後や就職後の相談も受け付けています。

転職の相談前に準備しておくべきこと

相談時に的確なアドバイスをもらうためには、自分がどのようなことに悩んでいるのかをしっかりと把握した上で、相談相手にわかりやすく伝えることが大切です。本章では、転職の相談をする前に必要な準備について解説します。

転職意向度を確認する

相談前に最初に確認しておきたいのは、自分が転職したい気持ちがどれくらい強いのかという点です。転職の意思の強さによって、相談内容や相談相手から得られるアドバイスは異なります。何を相談したいのかが明確でなければ、相談を受ける側も相談内容に適した回答をしづらくなります。

まずは自分がどれくらい転職したいのか、転職先の企業に求める条件は何なのかなどを考えましょう。転職への意向度を自身で把握していれば、有意義な相談ができます。

相談内容を整理し、具体的にしておく

相談内容が曖昧な場合、回答内容もふんわりとしたものになりやすいです。具体的なアドバイスが欲しい場合は、現状の不満や課題などを明確にしてから相談することで、具体的な回答を引き出しやすくなります。具体的な内容を詰めてから相談するようにしましょう。

転職を決断する際のポイント

複数人に転職の相談をすれば、自分にはない異なる視点からのアドバイスや意見をもらえます。しかし最終的に転職をするのかを決めるのは自分自身です。本章では転職を決断する際のポイントを紹介します。

転職によって解消できる悩みなのか

転職を決断する際に重要になるのは、転職すれば解消される悩みなのかという点です。年収や社風、事業内容、休日数などは環境によって変わるため、転職すれば悩みを解消できる可能性が高いです。

しかし自分のスキルや能力を発揮できない、仕事にやりがいを感じられない、人間関係のトラブルを避けたいなど、入社してみないと実状がわからない悩みについては、転職後に同じ悩みを抱えてしまうケースも考えられます。転職のきっかけになった悩みが転職によって解決できるのかを改めて確認することが大切です。

転職先に求める条件に優先順位をつける

何となく転職したいといった漠然とした思いだけで転職してしまうと、転職前の方が良かったと後悔する可能性があります。転職後に後悔しないためには、転職先で自分はどのようなことにチャレンジしたいのか、どのような期待を実現させたいのかを書き出し、優先順位をつけましょう。優先度が高いものを実現できる企業を探すことで、転職先選びでの失敗を回避できます。

自分の将来像をイメージする

現職に留まり5年後、10年後の自分をイメージしてみましょう。現職で理想とする自分の姿をイメージできなければ、転職を検討することをおすすめします。

しかし不満は多いものの、昇進や人事異動などによって将来に希望が持てる場合は、今のタイミングで転職を決断するのは早すぎるのかもしれません。また転職先を絞り込む際にも、その企業での自分の将来像がイメージできない場合は転職を避けましょう。

まとめ

転職の相談をする相手には、自分のプライベートを知っている家族や友人などに相談することも可能ですが、相手の主観や能力、転職先の業界・企業などによって、アドバイスをもらっても参考にならない場合もあります。

客観的かつ的確なアドバイスをもらいたい場合は相談内容を明確にした上で、転職支援を行っている機関や転職エージェントに相談するようにしましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

最適な転職の相談相手は誰?相談の仕方や悩みの解決方法
この記事が気に入ったらいいねしよう!

同じカテゴリから関連する記事を探す

その他のコンテンツを見る