30代女性の転職、未経験、スキルなしで成功させるには?応募書類や面接対策の方法

公開日:2022年02月17日 #転職準備 #キャリア

30代女性の転職、未経験、スキルなしで成功させるには?応募書類や面接対策の方法

30代はキャリアを見直す転機となりやすく、特に30代女性は今後のライフイベントを見据えて転職を検討する人も多いのではないでしょうか。

本記事では、30代女性が未経験・スキルなしで転職を成功させるためのポイントや応募書類の書き方、面接対策などについて解説しています。さらに、30代女性に人気の高い職種も紹介しているため、ぜひ最後までご覧ください。

30代女性が転職する理由は?いつ転職すべき?

女性は30代になったのをきっかけに自分の将来について振り返る人が多い傾向にあり、結果的に転職を決意する人が少なくありません。転職を決意する理由は、人それぞれ異なります。たとえば、結婚や出産などが挙げられます。

転職は、タイミングを見極めることが重要です。転職のタイミングを逃したり、早すぎたりした場合、転職活動をしても思うような結果を得られない可能性があります。

ここでは、30代女性が転職へと決意をさせた理由や、ベストな転職のタイミングはいつなのか、などを解説します。いつ転職すればいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアアップとライフイベントに揺れる30代

30代女性を転職へと決意させる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。一般的に、結婚や出産などのライフイベントを機に、転職・退職・子どもの成長に合わせた復職などを検討する人が多い傾向にあります。

キャリアアップを目指して仕事に力を入れたい思いがある反面、趣味や興味のあることを楽しみたい、家族との時間を増やしたいなど、ワークライフバランスも充実させたい思いとの間で葛藤し、転職を決意する人も少なくありません。

また、将来的なキャリアアップやライフイベントを見据えた場合に、現職に留まることへの不安から転職に踏み切る人もいます。このように、30代は自分の現状と将来について複合的に考えた末に、転職という道を選ぶ人生の岐路に立たされている時期といえるでしょう。

しかし、さまざまな不安や悩みがあるなかで計画もなく転職してしまうと、現職よりも条件の悪い企業を選ばざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。転職活動では多くの時間や体力を消費するため、計画的に進めていく必要があります。

では、30代女性にとって転職に最適なタイミングとは、いつなのでしょうか。

30代女性に最適な転職のタイミングは?

30代女性が転職する際、誰にとってもベストなタイミングというものはありません。なぜなら、人それぞれ状況や転職理由が異なるためです。

特に、結婚や妊娠、出産などのライフイベントを控えている場合、ライフイベント前に比べて働き方を大きく変えなければならない場合があります。そのため、状況に応じて仕事と家庭とのバランスを取らなければなりません。

たとえば、仕事と家事・育児などを両立するために時短勤務へ切り替える、収入を確保しつつ育児を行うために産・育児休暇などの長期休暇を取得するなど、場合によっては勤務時間や仕事量をセーブしなければならないケースもあるでしょう。

ただし、未経験の業界や職種へ転職したい場合は、早めに決断することが重要です。一般的に、20代と30代、30代前半と30代後半では企業から求められるスキルや経験が異なるためです。

また、未経験の業種や職種への転職は、年齢が上がるにつれて難しくなるといわれています。結婚や出産などをきっかけに転職するなら自分一人で結論を出さずに、パートナーと話し合った上で、産・育児休暇などの制度も上手に活用しつつ、転職するタイミングを見極めましょう。

30代女性の転職を成功させるポイント

30代女性が転職を成功させるには、いくつか重視すべきポイントがあります。

ポイント
・ライフイベントとキャリアプランを描いて転職活動をする
・希望条件の優先順位を明確にする
・企業や業界の調査は徹底的に行う
・20代との違いを認識し、スキルや実績の棚卸しをする

これら4つのポイントを考慮した上で、転職活動を行いましょう。

ライフイベントとキャリアプランを描いて転職活動をする

ライフイベントとは、結婚や妊娠、出産などの人生における重要な出来事を指します。ライフイベントは、女性の働き方に大きな影響を与えるケースも少なくありません。

キャリアプランとは、自分が将来どのような仕事や働き方をしたいのか、具体的に立案した計画のことです。転職を考える30代女性にとって、どちらも不可欠な要素です。

転職を始める前に、まずは将来のライフイベントとキャリアプランをじっくり考えましょう。30代は、どの業界・職種においてもベテランの領域に入る世代であることから、仕事上で中堅として責任のある立場を任されるケースが多くなります。

一方で、プライベートでは結婚や妊娠、出産などのさまざまなライフイベントを迎える人が多い時期に差し掛かります。

転職活動を始める前に、一度きりの人生をどのように歩みたいのか、どのようなキャリアを積み重ねたいのか、理想とする人物像はどのようなものなのかなど、仕事だけでなく人生についてもプランを考えましょう。

描いたプランに沿った転職活動を行えば、満足度の高い転職先を見つけやすくなります。

希望条件の優先順位を明確にする

キャリアプランやプライベートにおけるライフプランを明確にした後は、プランに沿って転職先に求める条件を絞り込んでいきましょう。具体的には、希望条件を洗い出し、それぞれの条件に優先順位をつけていきます。

優先度の高い条件に該当する企業を中心に探すことで、希望に合った転職先を発見しやすくなり、転職活動をスムーズに進められるようになります。ただし、最初から希望条件を多く設定して間口を狭めすぎてしまうと、応募可能な企業が減ってしまうかもしれません。

その場合、時間や労力をかけて一から応募先を探さなければならず、思うように転職活動を進められなくなる恐れがあります。まずは、優先度の高い条件を満たす企業をリストアップしましょう。

さらに、応募先を絞り込む必要が出てきた際に、優先度の低い条件を追加しながら自分の希望に近い企業を探すようにしましょう。

企業や業界の調査は徹底的に行う

転職活動を成功させるためには、応募先の企業や業界のリサーチが欠かせません。企業や業界のことをよく知らなければ、自分の希望に合ったところかどうかを判断できない上に、現職よりも条件の悪い職場を選んでしまう可能性があります。

転職活動には、多くの労力や時間がかかります。労力や時間をかけたにもかかわらず転職が失敗に終われば、これまでの苦労が無駄になる可能性があります。また、転職後に「思っていた仕事と違う」と不満を抱き、またすぐに転職活動しなければならないかもしれません。

しかし、転職してから日が浅いうちに転職する場合、応募先の採用担当者に「採用しても、またすぐに転職してしまうかもしれない」といった不安を感じさせてしまう恐れがあります。また、年齢が上がるほど転職の失敗やリスクが高くなりやすいため、注意が必要です。

企業や業界をリサーチする際は、給与などの待遇はもちろん、福利厚生や産・育児休暇を含む休暇制度の有無・取得率、その企業で30代女性がどのような活躍をしているのかなどを、徹底的に行いましょう。また、女性支援が充実している企業かの確認も大切です。

20代との違いを認識し、スキルや実績の棚卸しをする

30代女性が転職を成功させるには、現職などで培ったスキルや実績などを洗い出し、戦略を立てた上で、効果的な転職活動を行うことが重要です。

一般的に、20代は社会人経験が少ないことから、ポテンシャルなどを重視して企業に採用される傾向があります。30代前半では、20代よりも社会人経験や職種・業界の知識も習得していることから、即戦力として活躍できる人材かどうかが採用のポイントになります。

そして、30代後半では、チームの管理などを任せられる人材のニーズが高いため、マネジメント能力に優れた人が重宝される傾向にあります。このように、年代によって企業から求められる人物像が異なるため、自分の年齢に合ったアピールの仕方を検討しましょう。

30代での転職では、応募先の企業で自分がどのように貢献できるのかを効果的にアピールできるかが、合否を左右すると言っても過言ではありません。

自分のスキルや実績を棚卸しした上で、企業への貢献の仕方を分析し、採用面接で他の応募者との差別化につなげられるように準備しておきましょう。

30代女性の応募書類や面接対策

転職活動では、応募書類や採用面接への対策が必要です。応募書類は自分が企業へどのように貢献できるのかを効果的にアピールする上で重要なツールであり、面接はアピールに有効な場です。

以下では、応募書類や面接対策として、30代女性が考慮すべきポイントについて解説します。応募書類を作成する際や面接での回答を考える際に参考にしてください。

具体的な実績を示して即戦力になることを伝える

30代は、上述したように企業から即戦力になる人材が求められるため、自分が即戦力として通用することをアピールする根拠になる具体的な実績を示すことが大切です。実績の一例として、以下のようなものが挙げられます。

・部署間の調整役や外部業者との交渉経験がある
・クレーム処理に対応した経験がある
・業務改善などの提案を行い、採用された実績がある

注意しておきたいポイントは、応募先の企業が求める人材に見合った実績を示さなければ意味がないということです。

たとえば、リーダー経験のある人材を求めている企業に対して、「クレーム処理に自信があります」というように企業が求めるものと異なる実績を示せば、採用されない可能性が高くなるかもしれません。

企業が求める人物像はどのような人材なのかをしっかりと把握した上で、自分の経験や実績の中から活かせるものをアピールするようにしましょう。

マネジメント経験は積極的にアピール

30代の転職では、企業からマネジメント経験を求められる傾向にあります。現職でチームリーダーやマネージャーなどでマネジメント経験がある場合は、積極的にアピールするようにしましょう。マネジメント経験の一例として、以下のようなものがあります。

・プロジェクトリーダーやマネージャーなどの経験がある
・後輩や部下の指導、統括の経験・実績がある
・売上などの数字の管理や店舗などの運営経験がある

ただし、必ずしも何らかの役職経験がなければならないという訳ではありません。マネジメント職に必要とされるスキルや実績を示すことができれば、役職経験がない場合でも採用される可能性があります。

応募書類や面接で実績をアピールする場合は、どのようなことを何年経験したのか、どのようなスキルや実績があるのかを明確に伝えるようにしましょう。

結婚・出産・子育てに関する質問にはどのように答えるべき?

採用面接では、結婚の予定や出産、子育てに関する質問を受けるケースもあります。質問を受けた際に、スムーズに答えられるようにしておくなど、事前にどのような回答を伝えるのか、考えをまとめておきましょう。

結婚の予定がある場合や出産・子育てを考えている方の場合は、働ける時間帯や退勤時間の希望などを伝えておくことが大切です。正直な希望を伝えれば、書類審査や面接に合格できないのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、採用後に希望を伝えた場合、かならずしも会社が受け入れてくれるとは限らないため、転職する上で絶対に譲れない条件がある場合は、あらかじめ明確な意思を伝えておき、条件を受け入れてくれる企業を探すようにしましょう。

子育て中の復職は業務に支障がないことを伝える

子育てをしながら転職活動を行っている場合は、復職をしても業務に支障が出ないことを伝えるようにしましょう。採用担当者は、復職を希望する人材を採用する際に、業務に支障をきたすのではないか、という点を危惧する傾向にあります。

たとえ、優れたスキルや実績のある人でも、業務に支障をきたす恐れがある場合、採用を見送るケースも少なくありません。

また、子育て中の社員へのサポートが充実している企業でも、子どもに何かある度に早退や欠勤が続けば、同僚や企業に迷惑をかける恐れがあります。そのため、採用担当者は子育て中の人材の採用には慎重にならざるを得ません。

このように、採用担当者の立場からの視点を理解しておくと、応募書類の作成時や面接対策を検討する際に、適切な回答の仕方を考えられるようになります。応募書類や面接では、子育てをしながらでも業務に支障をきたさないことをしっかりと伝えるようにしましょう。

また、業務に支障がないことの根拠として、保育園などの子どもの預け先が決まっている、勤務中に子どものお迎えが必要なときに頼れる身内がそばにいるなど、採用担当者が疑問に思うことを先回りして説明するようにしましょう。

正社員を目指すべき?契約・派遣社員との違いは?

30代女性が転職する際の雇用形態の選択肢には、正社員や契約社員、派遣社員などが挙げられます。将来のライフイベントを考慮するなら、正社員よりも契約社員や派遣社員を選択したほうがよいのではないか、と考える人もいらっしゃるかもしれません。

実は、正社員は責任のある仕事を任せてもらえる、安定した給与が得やすい、福利厚生が充実しているなどのメリットを得られますが、デメリットもあります。たとえば、採用のハードルが高い、残業を多く定時にあがれない可能性があるなどです。

一方で、契約社員や派遣社員は、雇用期間があらかじめ設定されているため、正社員よりも採用される可能性が高くなります。また、30代からでも未経験の業界や職種にチャレンジしやすいといったメリットもあります。

さらに、契約で勤務時間が定められているため、残業が発生する可能性は低く、基本的に定時で帰ることができます。ワークライフバランスを重視したい場合におすすめです。

ただし、契約社員や派遣社員として転職すると正社員に戻りづらい場合があるため、安易に雇用形態を決めないようにしましょう。雇用形態を決める際は、自分のライフプランに合ったものを選択することが大切です。

30代女性に人気の職種

未経験からでも挑戦できる職種はあるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、キャリアチェンジを考えている人に向けて、30代女性が未経験でもチャレンジしやすい人気の職種を紹介します。今後のキャリアを考慮する際の参考にしてみてください。

事務職

事務職は、比較的残業や出張などが少ない上に、ワークライフバランスを取りながら働ける職種です。なかでも、仕事と家庭を両立したい女性からの支持が高い傾向にあります。

事務職の業務内容は、社内での書類作成、ファイリング、電話・来客応対などです。企業の規模が小さい場合、営業事務や経理、人事などの業務も任せられる場合があります。

総務

総務は、さまざまな業務に挑戦したい人に人気の職種です。総務の業務内容は、企業によって異なります。一般的な業務として、物品の管理や、機器・設備・オフィス・施設の管理、社内規定の作成・見直し、入社式や忘年会、株主総会などの企画・運営などが一例です。

また、どの部署に当てはまらない業務を任される場合も多いため、幅広い知識やスキル、タスク処理能力などが求められます。

広報

広報は、企業の中でも重要な役割を担っている職種です。また、社外に対する露出が多いことから企業の顔ともいわれており、女性に人気があります。

広報の主な業務内容は、プレスリリースの発行やメディア・取材対応、SNSでの発信などで、広報の発信によって自社ブランドの価値を高めることができます。

企画・マーケティング

企画・マーケティングは花形職種としても知られており、女性にも人気の高い職種の一つです。主な業務内容は、市場や競合他社のリサーチ、商品の企画、販売促進などが挙げられます。

自分の提案した企画が商品化される、女性ならではの視点によるマーケティング施策を提案できるなど、やりがいを感じやすい職種です。

営業

営業は、事務職をはじめとしたオフィスワークからのキャリアチェンジを検討している女性に人気の高い職種です。営業職の場合、比較的未経験でも採用される可能性が高い傾向にあります。

インセンティブがある企業の場合、成果次第で年収アップも可能です。また、営業活動ではコミュニケーション能力や聞く力、時間管理などのスキルの習得も期待できます。

販売

販売は、対面での接客が得意な人やコミュニケーション能力が高い人に人気のある職種です。なかでも、アパレル業界を希望する人が多い傾向にあります。

販売職は、必要な資格がなく、世代別にブランドが確立していることから、30代女性でも未経験からチャレンジしやすい業界・職種です。ただし、ファッションなどに興味がない場合は、やりがいを感じにくいかもしれません。

まとめ

30代女性が未経験、スキルなしでも転職を成功させるには、自分のライフイベントやキャリアプランに基づいて応募先をリサーチして、転職活動を行うことが重要なポイントです。

特に、女性が活躍しやすい職場かどうかや、産・育児休暇を取得しやすいかなどを念入りにリサーチすることも大切です。

また、30代はポテンシャルなどが重視される20代とは転職の仕方が異なります。20代との違いを把握した上で、企業の即戦力として活躍できる点や、マネジメント経験が豊富な点を応募書類や面接でアピールしましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

30代女性の転職、未経験、スキルなしで成功させるには?応募書類や面接対策の方法
この記事が気に入ったらいいねしよう!

同じカテゴリから関連する記事を探す

その他のコンテンツを見る