20代女性の転職成功の秘訣は?おすすめの職種や人気の事務職のなり方

公開日:2022年02月17日 #転職準備 #キャリア

20代女性が転職を成功させるためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。本記事では、20代女性の転職事情や転職を成功させるポイントなどについて解説します。また、おすすめの職種や女性に人気の高い事務職のなり方などにも触れているため、転職先を検討する際に役立ててください。

20代女性の転職は難しい?

20代女性の転職が難しいのかを把握した上で、転職活動を始めたいという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、20代女性の転職事情について解説します。

20代前半はポテンシャルを期待され、需要が高い

20代前半では将来的な伸びしろが期待され、採用されるケースが多い傾向にあります。たとえば、第二新卒歓迎の企業が多いことからも納得できるでしょう。

面接官などから「採用してもすぐに転職するのではないか」と不安視される場合もあるため、転職する理由や目的を明確にしておくことが大切です。

20代後半は成果や経験を見られる

20代後半での転職は、新卒入社から数年を経ていることから、社会人としてのマナーや基礎知識を持っている人材として企業から見られる場合が多いでしょう。そのため、20代後半での転職は企業側にとってニーズが高い人材といえます。

特に同業種へ転職する場合は、現職の業務で培ったスキルや成果を自分のアピールポイントとして生かせます。アピールできるスキルや実績が多いほど、転職のチャンスが多くなるでしょう。

ただし、未経験の職種への転職を検討する場合は、20代前半のほうが採用される可能性が高いため、転職活動では自分がどのように会社に貢献できるのかなど、20代前半との差別化するための戦略が必要です。

20代女性が転職を考える理由は?

20代女性が転職を決意する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。以下では、20代女性に多い転職理由の一例を紹介します。

プライベートな時間を増やしたい

自身のワークライフバランスを振り返り、プライベートな時間を増やしたいという理由から転職に踏み切る人も少なくありません。特に激務の仕事を続けてきた人や、体調・メンタルに不調を感じている人などに多く見られます。

転職活動を始める前に、自分にとっての理想のワークライフバランスとはどういったものなのかを明確にしておきましょう。

人間関係に嫌気がさした

上司や同僚の人間性が好きになれない、セクハラやパワハラなどのハラスメントが日常的に横行しているなど、人間関係に関する不満を理由に挙げる人もいます。

ただし、人間関係のリセットを目的にすると、転職先で人間関係がうまくいかなくなったときに転職を繰り返すようになりやすいです。転職によって人間関係の不満が全て解消できるとは限らないので、本当に転職すべきかをしっかりと検討したほうが良いでしょう。

給与

収入面の不満も転職を決意する理由の一つです。実際の業務量に見合った給与をもらえない場合、会社への不満が募りやすくなります。なかには、同業種、同職種でも待遇がよい企業の場合、現職で出世を目指すよりも転職したほうが年収アップを見込める場合があります。

ただし、待遇面だけで転職先を選ぶと、転職前よりも業務量が増えるなど、収入以外の条件で不満が出る可能性もあるため、よくリサーチしましょう。

仕事内容

ルーチンワークのような淡々とした仕事に興味が持てない、他にチャレンジしてみたい仕事が見つかったなど、仕事内容が自分に合っていないという転職理由を挙げる人もいらっしゃいます。

大きな仕事や責任が伴う重要な仕事を任されるためには、土台となる基礎を身につけておくことが大切です。転職する際は、将来のキャリアプランも一緒に考えておきましょう。

結婚

結婚をきっかけにパートナーの地元や転勤先に移り住むため、転職を検討するというケースもあります。結婚によって気持ちに一区切りをつけられるようになり、心機一転、転職に臨むという人もいらっしゃるでしょう。

将来的に出産や育児などを検討する場合は、育児休暇などを含む福利厚生が充実しているかどうかを確認しておきましょう。

妊娠・出産

妊娠や出産を理由に転職を検討される人もいます。産後は育児に専念したい、育児や家事と仕事を両立できる企業に転職したいと考える人も少なくありません。

ただし、妊娠中や出産前の転職活動は、仕事との両立も必要で体調を崩す可能性も考えられるため、現職で育児休暇などのサポートが充実している場合は、転職のタイミングをずらすことも検討しましょう。

20代女性が目指せる人気の職種は?事務職が楽って本当?

多種多様な職種がある中で、20代女性が目指せる人気の高い職種には、どのようなものがあるのでしょうか。以下では、20代女性に人気の職種について解説します。

事務職

オフィスワークで人気の高い職種は、事務職です。事務職は、資格や業務経験などが不要なケースが多く、文書作成や表計算などのパソコン操作ができれば基本的な業務はこなせます。事務職の主な種類は、一般事務や経理事務、営業事務などです。

事務職は基礎的なパソコンスキルがあれば未経験でも採用してもらえるため、20代女性に人気があります。

秘書

秘書は、20代女性に人気が高い職種の一つです。秘書の仕事として、取締役などの重要ポストのスケジュール管理やチケットや会食先の予約、来客・電話への応対などのサポート業務が挙げられます。

秘書業務経験を求める求人も多く見られますが、若年層の長期キャリア形成を目的としている場合など、未経験でも採用してもらえるケースがあります。

秘書業務では、スケジュール管理や事務処理、コミュニケーション能力などのスキルを身につけられることでも人気が高い職種です。

総務

総務の業務範囲は企業によって異なりますが、どの部署にも該当しない業務や各部署をサポートする業務、社内設備の管理などの幅広い業務を担う部署です。なかには、労務管理や採用業務、経理業務などの他分野を任されるケースも少なくありません。

他部署との交流があり、様々な業務をチャレンジできることが人気の理由です。

ITエンジニア(社内SE)

ITエンジニア(社内SE)は、社外の案件を扱うSEに比べて残業時間が比較的少なく、休日もしっかりと取れることから人気が高い職種です。社内SEの業務は、社内で使用するシステムの開発や設計、運用を主としています。

社内で発生する業務がほとんどで残業が少ない企業が多く、帰宅時に習い事に通うなど、プライベートを充実させることも可能です。

企画・マーケティング

企画・マーケティングは、自分で考えたアイデアを商品化したり、顧客に新商品を売り込む戦略や手法を考えたり、と能動的な仕事をしたい人に人気のある職種です。世の中が求めるものを開発、販売することで、やりがいや社会的な貢献を実感できるでしょう。

未経験で企画・マーケティングなどの職種を目指す場合は、企画のプロセスやWEBマーケティングなどの基礎知識を学んでおくことをおすすめします。

事務職になるために必要なスキルは?転職の秘訣はある?

未経験で事務職を目指す場合、どのようなスキルがあると転職で有利に働くのか、転職する際の成功の秘訣などはあるのか、気になる人もいらっしゃるでしょう。ここでは、事務職に求められるスキルや、転職活動における秘訣について解説します。

事務職では基本的なパソコンスキルが欠かせません。たとえば、Wordを使用した文章・表作成や、Excelを用いた数式の挿入・図表作成などは転職前に習得しておきましょう。また、電話応対や来客対応などの頻度も高いため、接客スキルがあると事務職で生かせます。

事務職は人気があるため、倍率が高い傾向にあります。なぜ事務職に就きたいのか、面接官が納得できる理由を考えておくことが転職を成功に導く重要なポイントです。「事務職は大変な仕事がなさそう」といった楽観的な印象で転職を決めるのはおすすめできません。

20代女性が挑戦しやすいおすすめ業界は?

多種多様な業界がある中で、20代女性が転職先としてチャレンジしやすい業界がいくつかあります。以下では、20代女性におすすめの業界について解説します。

人材業界

人材業界は、異業種からの転職におすすめの業界です。未経験者を始め、20代前半に期待されるポテンシャル採用を行っている企業が多い傾向にあります。ただし、人材業界における人材のニーズは景気に左右されるため、転職するタイミングを見定めることが重要です。

厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年7月分)」によると、有効求人倍率は1.98倍で、月ごとに多少の変動はあるものの、2020年7月から横ばい状態が続いています。有効求人倍率の推移から、人材の需要が高く、人材業界への転職が有効であることがわかります。

参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和3年7月分)について」

WEB・IT業界

WEB・IT業界は今後さらなる市場拡大が期待されている業界です。AIやロボット技術、IT技術などの最新テクノロジーは急速に発展を遂げています。

たとえば、スマホアプリやWEB広告、動画配信サイトなどを始めとするサブスクリプションサービス、介護ロボットなどに上記の技術が用いられています。今後もWEB・IT業界においては人材の需要が高まっていくことから、転職先としておすすめです。

医療・福祉

高齢化が進むにつれ、高齢者を対象としたサービスは今後さらにニーズが高くなっていくため、医療・福祉業界への転職もおすすめです。

医療事務やヘルパーなどの資格の取得や、介護保険などの知識があると、転職を有利に進められるでしょう。

販売・サービス業界

小売などを始めとする販売業界や宿泊・飲食などのサービス業界は、多くの女性が活躍している業界です。細かな気遣いやアイデア、おもてなしの心などが様々な分野で求められています。

接客や人とのコミュニケーションが好きな人にもおすすめの業界です。また、若くてもマネージャーなどの管理職を務めている人もいることから、将来のキャリアアップも描きやすいといったこともおすすめ理由の一つです。

20代女性が転職を成功させるためにやるべきこと

転職をするからには、「転職してよかった」と思えるような企業を選ぶことが重要です。転職を成功させるためには、いくつかやっておくべきことがあります。ここでは、20代女性が転職を成功させるために必要な具体的な行動について解説します。

以下を参考にして、計画的な転職活動を進めていきましょう。

キャリアプラン、ライフプランを立て、逆算して行動を

転職活動を始める前に、将来に向けたキャリアプランや結婚、出産などのライフイベントを踏まえたライフプランを立てておくことが大切です。具体的なプランを決めずに転職活動を進めれば、現職よりも不満の多い企業へ転職してしまう可能性があります。

不満があれば転職すればいいというのも一つの考え方ですが、転職先での勤続年数が短いと次回の転職の際に「この人を採用してもすぐに転職してしまうかもしれない」とマイナスなイメージを持たれてしまうかもしれません。

また、未経験業種への転職は年齢が上がるほど難しくなるため、行き当たりばったりで転職活動をするよりも、明確なプランを立てた上でゴールから逆算した行動を取ることをおすすめします。

やりたいことや希望条件は明確に決めておく

転職したい企業を絞り込む際は、事前に自分がやってみたいと思う仕事や、勤務形態、給与、休日日数などの希望条件を明確にしておきましょう。仕事内容や希望条件が明確に決まっていれば、転職したい企業を絞り込みやすくなります。

ただし、全ての希望条件に合った企業があるとは限りません。希望条件の中で優先順位をつけ、優先度の高い条件に合致する企業を探すことが重要です。同条件で絞り込めない企業がある場合は、希望条件を多く満たしている方を選ぶようにしましょう。

たとえば、プライベートの時間を充実させたい場合は、残業が比較的少なく休日日数を確保しやすい事務職や社内SEなどの職種がおすすめです。

熱意だけでなく、会社に貢献できるスキルや経験をまとめておく

20代女性の転職の場合、社会人経験が少なくポテンシャル採用を狙うことも可能です。ただし、熱意だけをアピールすれば採用されるというわけではありません。

社会人経験が少ない中でも、これまでに習得したスキルや経験を生かして貢献できるというアピールが必要です。効果的に自分を売り込むためには、これまでに培ったスキルや経験した業務などの棚卸しを行い、採用面接で答えられるようにまとめておきましょう。

また、転職したい企業がどのような人材を必要としているのかを調べておくことも大切です。企業が求める人材をしっかりと把握した上で、自分の長所などをアピールするとよいでしょう。

女性が働きやすい環境かどうかもチェック

結婚や出産後も仕事を続けたいという場合は、女性が働きやすい環境を整備している企業であるかどうかも確認しておく必要があります。

たとえば、フルタイムから時短勤務への契約変更がしやすい、産休・育休の取得率が高い、社内の保育サービスを利用できるなど、女性にやさしい制度を設けている企業を選ぶことをおすすめします。

法律上、どの企業でも産休や育休を取得できることになっていますが、古い企業体質があるなど、企業によっては表向きに「産休・育休あり」と求人に掲載している場合もあるため、注意が必要です。

ネット上で企業の口コミを検索して、実際はどうなのかを探る方法もありますが、全ての口コミが企業を正しく評価しているとは限りません。女性が働きやすい企業を探す目安の一つとして、国の認定や表彰制度で受賞した実績のある企業を参考にするのもよいでしょう。

主な認定マークや表彰制度を以下の表にまとめました。

認定マーク及び表彰制度名 特徴
えるぼしマーク ・厚生労働大臣によって、女性の活躍を推進するための取り組みが認められた企業に与えられる認定マーク
・「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5つの指標を3段階で評価
くるみんマーク ・厚生労働省が提示する要件を満たした企業に与えられる認定マーク
・子育てサポート企業として一定水準を満たしている証になる
・ノー残業デー、時短勤務、育児休暇取得率80%以上など
プラチナくるみんマーク ・所定労働時間の削減や男性の育休率が13%以上などの要件を満たした企業に与えられるマーク
・くるみんマークの認定を受けた企業が対象
なでしこ銘柄 ・経済産業省と東京証券取引所によって、要件を満たした銘柄に与えられる
・上場企業の中でも、女性活躍推進に優れている、中長期の企業価値向上が見込まれる銘柄が選ばれる
女性が輝く先進企業表彰 ・内閣府の男女共同参画局によって実施されている表彰制度
・女性が働きやすい職場環境を整備している企業が対象
・役員や管理職に女性を登用する方針や取り組みによる実績などが認められた企業が受賞

まとめ

20代女性に人気な職種として、事務職や秘書、総務、社内SE、企画・マーケティングなどが挙げられます。ほかにも、20代女性が未経験でも挑戦しやすい業界として、人材業界、WEB・IT業界、医療・福祉業界、販売・サービス業界などがおすすめです。

20代女性が転職を成功させるためには、自身のキャリアプランやライフプランなどを明確にし、ゴールから逆算した行動を取ることが大切です。転職したい企業の人物像なども考慮しながら、計画的に転職活動の準備を進めていきましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

20代女性の転職成功の秘訣は?おすすめの職種や人気の事務職のなり方
この記事が気に入ったらいいねしよう!

同じカテゴリから関連する記事を探す

その他のコンテンツを見る