Technique

裁量労働制ってどういう意味? メリット・デメリットは?

「裁量労働制」とはいったいどういう制度なのでしょうか。「残業代や休日出勤手当は出るの?」「他の制度とどう違うの?」などの疑問を感じている方も多いでしょう。そこで、他の制度とも比べながら、裁量労働制の仕組みとメリット・デメリットなどをまとめてみました。

裁量労働制とは?

「裁量労働制」とは、労働時間の制約を受けず、業績に応じて給与が算定され支払われる労働体系の職種に対して、適用される制度です。業務の時間配分や仕事の進め方を働く人の裁量に任せることによって、あらかじめ労使で決めた時間数だけ働いたものと見なすので、「見なし労働時間制」とも呼ばれます。

裁量労働制の導入には、労使双方の合意(専門業務型では労使協定の締結、企画業務型では労使委員会の決議)と事業所所轄の労働基準監督署への届け出とが必要となります。また、適用業務の範囲は厚生労働省が定めた業務に限定されており、専門業務型と企画業務型とがあります。具体的には、弁護士・税理士・建築士・デザイナー・メディア関連、証券アナリスト、研究職など幅広い職種がそれに該当します。

似たような制度に「高度プロフェッショナル制度」がありますが、こちらは証券アナリスト、コンサルタント、研究開発職など、さらに限られた職種にのみ適応される制度で、一定以上の年収があることも条件に入ります。

なお、裁量労働制や高度プロフェッショナル制度に「残業代」はありません。また、高度プロフェッショナル制度においては、深夜早朝手当や休日出勤手当などもありません。しかしながら裁量労働制の場合は、夜22時から早朝5時までに働いた際は深夜労働の割増賃金の対象となり、休日出勤した場合も手当が発生します。

従業員にとっては、自分のペースで自由に働けるといったメリットがありますが、実働時間がみなし時間とかけ離れており、会社にとって都合の良い“定額働かせ放題”となってしまっているといった例もあります。裁量労働制を採用する企業で働く場合は、今働いている人の現状などを調べ、働き手に不利な制度になっていないか、事前に確認しておくと良いでしょう。

用語に関連した求人をチェック!

フレックス勤務のITエンジニア求人を検索Search

※掲載内容やキーワードによっては、検索結果が「0件」の場合がございます

この記事に興味がある人へのおすすめ

職務経歴書の書き方完全マニュアル
職務経歴書の書き方完全マニュアル

職務経歴書は、あなたの経歴や実績、スキルを応募企業(採用担当者)にアピールするための書類です。ここでは、正確に伝えるために必要な書き方や、履歴書との違いといったポイントを例文を交えて解説します。 やってしまいがちなNGポイントや、メールや郵便で送付する際の注意点についてもまとめているので、初めての転職活動の方は特に必見です。 実際にダウンロードして使える職種別サンプル(フォーマット・テンプレート見本)もご用意しています。 目次 そもそも書類選考とは 履歴書と職務経歴書の違い 職務経歴書を書く前にすべきこと 通る職務経歴書と通らない職務経歴書の違い 職務経歴書の書き方 職務経歴書を送る際の注意点 職種別サンプル【フォーマット・テンプレート見本】 そもそも書類選考とは 企業の採用試験における書類選考は、応募者の履歴書と職務経歴書をもとに行われます。それぞれ評価されるポイントが異なるので、選考で有利になるようにポイントを押さえた書き方が必要です。また、書類選考は入社試験における第一関門。採用担当者が「面接で会ってみたい」と感じるような書類を作成することを意識しましょう。 履歴書と職務経歴書の違い 採用試験では、一般的に履歴書と職務経歴書の提出を求められます。履歴書と職務経歴書では、採用側が知りたいと思っていることや評価基準は異なるので、それぞれに適切な書き方があります。一般的には以下のような評価ポイントの違いがあるのでまずはチェックしてみましょう。 採用側が履歴書で評価するポイント どんな経歴があるか 必要な資格を所持しているか 募集条件にマッチするか 志望動機に納得できるか 組織に適応しそうか 強い入社意欲を感じられるか 負担なく通勤できるか 見やすく丁寧に書かれているか 履歴書から読み取れるポイントには上記のものが挙げられます。履歴書は、あなた自身を伝えるための書類です。採用担当者は、写真や履歴書の内容からあなたの「人となり」を読み取ります。手書きの場合は特に丁寧さが表れます。以上を参考にして適切な書き方ができているかチェックしましょう。 採用側が職務経歴書で評価するポイント どのような実績をあげたか 必要なスキル・知識があるか どのような強みがあるか 仕事に前向きに取り組んでいるか アピールポイントが適切か 自己表現能力があるか 職務経歴に一貫性があるか 転職理由に […]


転職面接のありがちNG、本当にやるべき対策はコレ!
転職面接のありがちNG、本当にやるべき対策はコレ!

転職活動で、合否を左右するポイントの一つとなる「面接」。本番でうまく答えられず、あたふたしてしまった……という経験がある人は多いでしょう。そこで、面接で起こりがちな失敗を未然に防ぐため、事前にしておくべき対策を転職の専門家に教えてもらいました。 【教えてくれた人】西澤靖夫さん 転職PRの専門家、キャリアカウンセラー、転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」代表 一部上場のアパレル企業、43カ国で展開する外資系企業で事業責任者、年商20数億のサービス業中小企業で営業本部長兼人事部長を経て、2014年にジョブレスキューを設立。“職務経歴書を一緒に作りながら自信をつける”という独自のサポートで、依頼人を転職成功に導いている。 転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 面接対策の本質は「自分の強み」を明確にすること 具体的なエピソードを用意しておけば一貫性が出る 転職活動の面接対策というとどうしても「想定質問集」や「NG回答例」などテクニックに頼りたくなってしまうもの。しかし、採用側として多くの面接を行ってきた西澤靖夫さんによれば、「付け焼刃の回答はすぐに見抜かれる」とのこと。採用につながるポイントはむしろシンプルに「堂々としていること」なんだとか。 「自分に自信を持って堂々としているだけで、相手に頼もしい人だという印象を与えます。面接で一番大事なのは“自信を持つこと”なのです。そのためには、自分の強みを自分自身がしっかりと理解していることが大事。転職活動を始める前に自分の強みを整理し、3~5つほどに絞り込んでおくと良いでしょう。その強みをエピソードで伝えるために、これまでの職務内容や実績を振り返り、その事例を軸にして答えていくと話に一貫性が出ます。面接はセルフプロモーションの場なので、人とは違ういいところを分かってもらうための準備が必須です」(西澤さん・以下同) 西澤さんはさらに、「面接対策は職務経歴書を作成する時から始まっている」と言います。 記載することのすべてが自己PRになると思って、明確にした強みや事例を職務経歴書の中に散りばめることで、ただ職歴をなぞっただけの書類ではなく、面接でのアピールにつながる材料となるのです。 「職務経歴書に書いた内容と同じことを面接で話せば、軸がブレにくくなります。想定質問に備えた回答の練習はいいことですが、質問ごとに回答を考えると一貫 […]


この記事が気に入ったらいいねしよう!