Technique

年収と所得はどう違う? 源泉徴収票の見方で解説

年収と所得の違いを説明できますか? 元々は税金の計算のために分けられている年収と所得ですが、友人の間などで話題になる手取り額にも関係しています。年収と所得の違いは、昨年末にもらった『源泉徴収票』を見れば分かります。今回は源泉徴収票を元に、どこを見れば年収や所得が分かるのかを解説します。

年収と所得の違い

日本では収入に対して算出された税金を支払わなくてはなりません。会社に勤めていて副業などで他に収入がない場合、会社からもらう源泉徴収票にすべてのデータが記されています。

ではまず「年収」から見てみましょう。

年収と所得の違い

年収は画像内①の「支払金額」欄に記載されている金額です。

年収というのは給料やボーナスなど、会社から支払われたすべてのお金で、税法上は「収入」と呼ばれています。毎月の給与明細を見ると、給与から税金や保険料などが引かれていると思いますが、この「支払金額」に記載される金額は。税金や保険料などが引かれていない状態の金額です。もしも「年収はいくら?」と聞かれた場合はこの「支払金額」を答えるのが正確な答えと言えます。

所得は「給与所得控除後の金額」の欄

次に「所得」は、画像内②の「給与所得控除後の金額」になります。給与所得控除後の金額とは、先ほどの「支払金額」から「給与所得控除額」を引いた金額になっています。

給与所得控除額とは、必要経費にあたる金額のことで年収によってその金額は変わってきます。
例えば収入が180万円超360万円以下の場合は「収入の30%+18万円」が経費と認められ、収入から引かれます。

所得税や住民税はこの所得の金額に掛かるので、税金の計算のためにも所得を算出しておくことが必要なのです。

手取りは年収から各種金額を引いたもの

最後に「手取り」です。手取り額は画像内の「①-③-④』です。③の「源泉徴収税額」は、②の「給与所得控除後の金額」から算出された、所得税等の金額です。そして④の「社会保険料等の金額」は、雇用保険や厚生年金などの社会保険料です。毎月給与として振り込まれるお金は、税金や社会保険料が引かれた金額になっていますよね。この、実際にお金としてもらった金額のことを「手取り」と言います。

「年収」「所得」の違いは分かりましたか? 自分の年収を知っておけば、転職活動をしていく際に、「年収がこの金額なら手取りはこのくらいになりそう」という計算もすることができます。
ぜひ求人広告を見る際に役立ててくださいね。

用語に関連した求人をチェック!

年収アップ可能な法人向け営業Search

※掲載内容やキーワードによっては、検索結果が「0件」の場合がございます

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!