Get Ready

ライター・編集者の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

ライター・編集者の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

ライター・編集者は、出版やメディア業界で雑誌や書籍、Web媒体に掲載する文章やコンテンツを制作することが仕事です。ライターは文章の執筆を担当し、編集者は企画、編集・管理を行います。ライター・編集者の仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にも分かりやすくまとめました。

ライター・編集者の主な仕事内容

ライター・編集者は、書籍、雑誌などの紙媒体やWebメディアなどで発信するコンテンツの制作を行います。出版社や編集プロダクション、広告代理店、制作会社などに所属するか、またはフリーランスのライター・編集者として仕事をします。
ライターは、編集者の企画に沿って書籍やインターネットからのリサーチや取材・インタビューなどで得た情報をもとに、原稿を執筆します。編集者や校正担当者による内容チェックや校正を受け、必要に応じて修正して入稿(データを納める)します。簡単なデザイン、イラストの作成や画像・動画の編集なども行うライターもいます。

一方、編集者はコンテンツ制作の企画・管理業務を行います。具体的にはテーマに沿ってコンテンツの企画を立案し、制作の段取りを決めてライターやイラストレーター、アートディレクターなどの制作側へ依頼し、入稿までの進捗管理と制作物の品質管理を行います。紙媒体とWeb媒体で仕事の流れは大まかに同じですが、Webの場合は即時公開されることも多くスピード感が速い、また反響がダイレクトといった違いがあります。

ライター・編集者の仕事のやりがい

・記事が掲載され、多くの人の目に触れる喜び
・新しい・未知の情報に触れる機会が多く、刺激的
・視点やスキルを磨き続けられるやりがい

ライター・編集者は、制作物が目に見える形になって、書店に並んだりインターネット上で多くの人に読まれたりすることにやりがいを感じます。多くの人の目に触れること自体や、役に立つ・心を動かすなどの影響力を発揮していることにも喜びを感じます。編集者なら、自分のアイデアを形にできる達成感も大きなやりがいです。

ライター・編集者は、企画に沿って情報収集(取材やインタビューなど)を行うため、視野が広がる、まだ世の中に知られていない情報が得られるといった刺激があり、それがやりがいの一つという人も多くいます。また、仕事を通じてトレンドやブームを作ることができたり、著名人や一芸に秀でた人などさまざまな分野に強みのある人に出会えたりといった刺激もあります。

ライター・編集者は、どうすれば多くの人に注目されて話題になるか、手に取って読んでもらえるかなどについて考え、学び、制作物に反映させることが欠かせません。業務経験を積んで、知識やスキルを磨き、さらに結果を出せば有名になることも可能な職種です。

ライター・編集者の仕事の厳しさ

・締切厳守のため、働き方がハードになる
・ミスが許されないプレッシャーや修正対応の厳しさ
・不得意な分野でもクオリティを確保する難しさ

ライター・編集者は、企画立案、初稿納品、チェック、修正、入稿など多くのタイミングで締切が設定されており、その厳守は当然のこととして進めなくてはいけません。複数の案件を抱えることが一般的ですから、個別管理の徹底はもちろん、締切前には長時間残業や徹夜といった状況になることもあり、働き方がハードだという面を持ちます。

書籍や雑誌などの媒体では、印刷後に誤字脱字や誤情報の記載が発覚しても、修正はできません。そのため、ライターの推敲作業や編集者や校正担当者によるチェックなどを重ねて行い、確認を徹底します。ミスが許されないプレッシャーとともに、修正を重ねたり時には大幅なやり直しになったりなど修正対応の辛さもあります。

ライター・編集者は、担当する企画が自身の不得意な分野であっても、媒体や企画の質を落とすことは許されず、一定以上のクオリティを確保させなくてはいけません。そのため、情報収集の徹底や集中して学ぶ、資料を読み込むといった地道な作業とともに本質を捉える理解力や細部にこだわる集中力といったことが強く要求されることがあります。

ライター・編集者の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・文章力と構成力
・柔軟な発想力や企画力
・高いコミュニケーションスキル

【資格】
・校正技能検定試験
・編集・ライター養成講座

ライターには、正しい日本語で分かりやすい文章が書けるのは大前提として、読み手を惹きつけるような文章や説得力のある文章を綴る力が必要です。また、原稿全体の論の展開、見せ方などの構成力も必須です。最後まで読ませる高い文章力が求められる仕事です。編集者なら、様々な切り口や他とは違う視点で企画立案する企画力や、収集した情報から新しいテーマを見出す発想力が必要です。それらを支えるアンテナの高さやフットワークの軽さも仕事に大いに役立つでしょう。

ライター・編集者は、取材やインタビュー、各制作担当者への指示・調整などさまざまな業界の人や多くの関係者とコミュニケーションの機会があります。そのため、相手の話を引き出す力や物事を的確に伝える力、良好な関係を築いてスムーズにやりとりできる高いコミュニケーションスキルが欠かせません。

ライター・編集者に必須の資格はありませんが、日本エディタースクールが認定する『校正技能検定試験』など業務と関連性の高い資格、また広告マーケティング専門誌を発行する株式会社宣伝会議が主催する『編集・ライター養成講座』などのライターや編集者向け講座の受講実績があれば、意欲のアピールになる可能性があります。

ライター・編集者に向いている人

ライター・編集者は、複数の案件を同時進行させていることが普通で、またスケジュールが短い案件を担当した時や締め切り前には、残業が多く、徹夜作業になることもあります。それを乗り越えるには、「文章を書くことが好き」「コンテンツ制作が好き」といった前向きなモチベーションを持っていることが必要です。

数々の締切のある業務を行うため、的確にスケジュール管理を行えることに加え、納期を守る誠実さが求められます。また、相手の意見を受け入れ、修正に丁寧に対応する素直さや頻繁な修正にもめげない忍耐力も必要です。

ライター・編集者には、さまざまなジャンルでトレンドを含む情報を収集することが欠かせず、好奇心旺盛で常にアンテナを張っている人に向いています。また、新しい分野や苦手な分野でもきちんと情報収集して学び、理解する作業が苦にならないことも大事でしょう。

ライター・編集者のキャリアパス

出版社や編集プロダクション、広告代理店などの企業では、ライター・編集者の正社員や契約社員といった雇用形態には、新卒者を育成する、または経験者を中途採用することが一般的です。特に編集者は経験が重視されます。Webメディア運営会社やWebコンテンツ制作会社ではライターで未経験可の求人は見られますが、編集者は経験者が求められます。キャリアパスとしては、ライターから業務経験を積んで編集者やディレクター、編集長などにステップアップしていく道があります。あるいはライターのスペシャリストとして、独立してフリーランスとして活躍する道もあります。編集者もまた、企業内でマネジメント側へとステップアップする人や、フリーランスの編集者(ライター兼編集者も)として独立して起業し、セミナー講師など幅広い仕事をする人もいます。

ライター・編集者の最近の動向

書籍市場の低迷と、WebメディアやSNSが書籍や雑誌をしのぐ勢いで台頭したことで、出版業界未経験のライター・編集者が多く表れ、また事業会社のWebサイト運営担当者が編集者となることも珍しくなくなりました。さらに、ネット上で記事制作の発注・受注をマッチングする仕組みの活用も進み、望めば誰でもライターになれる状況となっています。つまり、ライター・編集者の活躍の場は爆発的に増えています。しかし、中には校正・校閲機能をもたない・弱いメディアもあり、文章力や構成力が未熟なライターが増産されているという傾向もあります。そのため、一次情報を発信できる、新聞や出版業界でプロフェッショナルになるための職業訓練を経たライターの価値は高いと言われています。このように、近年社会的に活躍の場所が増えたライター・編集者ですが、継続して仕事を続けるには、得意分野を明確にして専門性を高めたり、取材力をつけたり人脈を広げたりなどの差別化できる知識やスキルを磨いていく必要があるでしょう。

未経験からライター・編集者を目指すには?

ライター・編集者へ社員として転職する場合は、出版社や編集プロダクションや広告関連企業、Web関連企業等に就くことになりますが、出版や広告関連企業では未経験の求人は少なく、経験者が圧倒的に有利です。ライターとしてライティング業務だけでの社員求人は少なく、記者や編集者としての求人が多い傾向があることと、編集者の場合は経験者の求人がほとんどのためです。未経験者はまずは、出版社や編集プロダクション、制作会社等でアシスタントといった何らかの仕事に就いて、経験を積みながらステップアップすることが現実的です。あるいは、Web媒体では未経験可でライティング業務を請け負うことは難しくないため、実績を積み上げてから転職のチャンスを目指せるかもしれません。ただし、Web関連企業の場合でも社員としてなら、技術スキルやSEO、編集などの知識がある経験者が歓迎されます。そのため、未経験なら資格取得やスクール受講などでスキルや知識を身に付けたり、自身でメディアやブログを立ち上げて経験を積んだりしてアピールする必要があるでしょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

ライター・編集者の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?
この記事が気に入ったらいいねしよう!