Get Ready

Webディレクター・Webプロデューサーの仕事内容ややりがい、向いている人を徹底解説

Webサービスを作り上げるための司令塔! WEBディレクター・WEBプロデューサーの仕事内容ややりがい、向いている人を徹底解説
Webディレクター・Webプロデューサーの仕事内容はどのようなものでしょうか? 今回は、Webサービスやコンテンツ制作の現場で中心人物として活躍するこの職種について、その仕事内容ややりがい、厳しさ、向いている人などを詳しく説明します。Webディレクター・Webプロデューサーへとキャリアアップする人が多いWebデザイナーについては、こちらで説明していますので、あわせてチェックしてみてください。

Webディレクターの主な仕事内容

Webディレクター・Webプロデューサーとは、Webサイトのコンテンツやサービスを企画し、制作チーム内のスケジュールを管理しながらリリースまで進めていく職種です。
企業によってWebディレクターと呼ぶのか、Webプロデューサーと呼ぶのか、またその業務範囲の違いは変わるので明確な定義はありません。

Webディレクターの業務範囲は、手がけるコンテンツが自社のものであるか、それとも他社のコンテンツなのかによって異なります。自社コンテンツを手がける場合、企画から作成、完成後のアクセス解析や運用までも担うことが大半ですが、制作会社に所属して他社のコンテンツの制作を請け負う場合には、納品するまでがミッションになることがほとんどです。

また、コンテンツ作成のために社外のメンバーが必要であれば、予算を管理しながら制作の一部を委託するなど、売り上げや予算を意識しながらの業務が必要となります。あわせて、外部パートナーを迎えたチームでも円滑に業務を進められるよう、ディレクション業務も発生します。

基本的なコンテンツ制作の流れは、まずクライアントや自社内のコンテンツ企画担当者と打ち合わせを行ない、コンテンツの方向性や大枠を決めていき、その後、サイト全体やコンテンツについての詳細を考えます。企画が通って「何を作るか」が決まったら、社内外でデザイナーやライター、コーダーなど、そのコンテンツを作るのに必要なメンバーを選定していきます。

チームメンバーが決定したあとは、コンテンツ完成までのスケジュールを組み、それぞれのメンバーに対して業務を割り振り、制作がスタートします。各メンバーに対してスケジュール通りに業務が進んでいるか、作成した内容は予定したものと合っているかなどをチェックしながら、コンテンツ完成に向けてディレクション業務を行なっていきます。

そして無事にコンテンツが完成したあとは、アクセス解析ツールなどを用いて、「狙っていたターゲットに届いているか」「設計した目標通りに数字が動いているか」などを確認しながら、修正・改善をしていきます。

Webディレクターの仕事のやりがいとは?

・サイト作り、サービス作り全体のまとめ役
・自分が携わったサービスが多くの人に使ってもらえる
・プロジェクトが完遂した時の達成感
・施策の効果が見えやすい

手がけるコンテンツは、一般ユーザーが使用するWebサイトやサイト内のコンテンツなので、多くの人の目に触れる可能性があります。そういったコンテンツを自らの手で生み出し、社会に影響を与えることができるのがWebディレクターの最大の魅力と言えるでしょう。

また、サービスのリリースに向けて自身が業務全体に携わりながら指揮をとっていくため、そのプロジェクトが完遂した際には大きな達成感を味わうことができます。

さらに、完成したコンテンツはアクセス解析などを行なうことで、意図していた効果に対する結果が数値で確認できます。仮説通りの結果が出た時や、立てた予想を上回る効果が確認できた時には、さらなるモチベーションにつながります。

Webディレクターの仕事の厳しさ

・納期に追われる
・制作現場と発注者の板ばさみ
・利益に対する視点も持たなければいけない

手がけるサービスが自社のものか他社のものかに関わらず、必ず納期はあると考えておくべきです。そしてその納期にきちんと守るために、日々の進捗確認や、何かトラブルが起こった際の業務調整はとても大切です。

Webディレクターはチームメンバーに対してディレクションを行なう立場であるため、発注者の要望ばかりを聞いて無理なスケジュールや内容を引き受けてしまうと、制作現場から反感を買うこともあるかもしれません。

また、Webディレクターには支出に関するビジネス視点も求められるため、限られた予算内で利益を最大化しなければなりません。「ここは外注したほうが楽なのに」といった業務でも、時には自社内で制作する、という判断が求められます。

Webディレクターの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・コンテンツの企画
・外部のパートナーのディレクション
・調整力、交渉力

【資格】
・ウェブ解析士認定
・Webクリエーター能力認定試験
・ウェブデザイン技能試験

Webディレクターになるために特に必須の資格はありませんが、デザインに関する知識や、ページに入れるテキストのライティング知識など、Webコンテンツ制作についての幅広い業務知識を持っている人であれば、その知見をおおいに活かすことができるでしょう。

また、発注者や外部パートナーとの交渉、打ち合わせの機会が多いため、顧客交渉や社外との調整経験があればその経験を活かせます。

Webディレクターとして活躍する人の中には、実際にコーダーやWebデザイナーとしての経験を持っていない人もいます。営業出身者であれば営業担当の受注をサポートしたり、エンジニア出身者であればコーディングを手助けするなど、それぞれの経験を活かしたWebディレクターとして活躍することが可能です。

Webディレクターに向いている人

Webディレクターを中心として構成される制作チームには多くの人を必要とします。ですので、メンバーと上手に連携を取りながら、チームでひとつの目的を達成することにやりがいを感じる人であれば向いていると言えるでしょう。

また、サービスがリリースされた後の改善や修正を行なうためには、そのサービスについて、数値を見ながらしっかりと課題を分析する必要があります。数値やデータから仮説を立てたりするのが好きな人にも向いています。

他にも、Webディレクターには複数の仕事を同時に進めなければいけない場面が多いので、マルチタスクをこなしながら全体を調整していくことにやりがいを感じる人であれば、大きな達成感を得られる仕事です。

Webディレクターのキャリアパス

Webディレクターの中には、サービスがリリースされた後も改善や修正を行ないながら、もっと成長させていきたいなどの理由で、制作会社から自社サービスを扱える企業に転職するケースが多く見られます。

また、企業によって線引きに違いはありますが、Webディレクターとして経験を積んだあとは、より全体的な視点でサービスを作るWebプロデューサーやサービス企画職になるというキャリアパスもあります。他にも、より多くのユーザーにコンテンツを届けるための外部集客を考えるマーケティング部門への転身など、Webディレクターからのキャリアパスは多岐に渡ります。

Webディレクターの最近の動向

Web業界の発展にともない、近年ではWebディレクターに求められる知識は広がりを見せています。以前までWebディレクターに求められる知識はWebデザインに関することが中心でしたが、最近ではSEOについてやマーケティングなど、Web業界全体に関する幅広い知識が求められてきています。また、作ったコンテンツを見るために使用するデバイスが多様化しているので、モバイル連携やメディアミックスに対応できる人材へのニーズが高くなると予測されます。

Webディレクターを目指すには?

Web業界もWebコンテンツの制作業務も未経験であれば、まずはコーダーやWebデザイナーとしてWeb業界に入って知識とスキルを身に付けることが最短ルートです。

また、求人の中には、サービスのひな形がパッケージ商品としてもともと用意されているなどの理由で、専門知識や業務経験がなくてもスタートできるWebディレクターの求人もあります。そういった企業からWeb業界でのキャリアをスタートし、より自由度や担当領域の広い会社にレベルアップしていくというキャリアパスもあります。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

Webサービスを作り上げるための司令塔! WEBディレクター・WEBプロデューサーの仕事内容ややりがい、向いている人を徹底解説
この記事が気に入ったらいいねしよう!