Skill Up

【vol.2-2】SHOWROOM前田裕二が明かす「共感を生む」力

常に新しい市場を開拓する、今注目の経営者・SHOWROOM前田裕二さん。前田さんが今、ビジネスパーソンにとって最も大事だと考えるのは、「共感」を生む力だという。一体それはなぜなのか、どうすれば「共感」される人になれるのか。前田さんの生い立ちやこれまでのキャリアとあわせて語ってもらった。

企画・撮影協力

前田裕二氏

前田裕二氏
SHOWROOM株式会社 代表取締役社長
2010年にUBS証券入社後、機関投資家向けの株式営業に携わる。ニューヨーク勤務を経て、2013年に帰国。DeNAに入社し、仮想ライブ空間SHOWROOMを立ち上げる。2015年に会社分割によりSHOWROOM株式会社を設立し、代表取締役社長として事業を率いる。初の著書『人生の勝算』19刷8万部超のベストセラー、近著の『メモの魔力』は、発売2日で17万部、1ヶ月強で22万部を突破

藤原和博氏

藤原和博氏
教育改革実践家
1955年東京生まれ。教育改革実践家。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフェロー、杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長などを歴任。著書に『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)などがある

(株)ビジネス・ブレークスルー

(株)ビジネス・ブレークスルー
大前研一氏が代表取締役を務め、インターネットや衛星放送を活用し遠隔型マネジメント教育事業を通じて世界に通用する人材を育成する

この記事に興味がある人へのおすすめ

SHOWROOM前田裕二が明かす「共感を生む」力
この記事が気に入ったらいいねしよう!