Skill Up

【vol.3-1】女子大生社長・椎木里佳が「1人経営」を貫く理由

現在大学三年生、2020年には自身が経営する株式会社AMFの上場を目指す椎木さん。起業してから6年間ずっと、社員を増やさず一人経営を続けています。それでも会社が成長し続けているのはなぜ?その理由を聞きました。

企画・撮影協力

椎木里佳氏

椎木里佳氏
株式会社AMF 代表取締役
2013年、中学3年生で株式会社AMFを設立。女子中高生メンバー50名を擁する「JCJK調査隊」を率いたマーケティング・リサーチ業務で成果を残し、“女子高生社長”としてメディアにも多数出演。著書に『女子高生社長、経営を学ぶ』『大人たちには任せておけない!政治のこと』がある。16年「フォーブスが選ぶ30歳未満の30人」の1人に選出された

藤原和博氏

藤原和博氏
教育改革実践家
1955年東京生まれ。教育改革実践家。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフェロー、杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長などを歴任。著書に『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)などがある

(株)ビジネス・ブレークスルー

(株)ビジネス・ブレークスルー
大前研一氏が代表取締役を務め、インターネットや衛星放送を活用し遠隔型マネジメント教育事業を通じて世界に通用する人材を育成する

この記事に興味がある人へのおすすめ

女子大生社長・椎木里佳が「1人経営」を貫く理由
この記事が気に入ったらいいねしよう!