Skill Up

【vol.4-1】社員と企業が一緒に育つ、サイバーエージェントの強さの秘密

曽山哲人さんが株式会社サイバーエージェントに入社したのは1999年。当時の社員数はたったの20名。しかし、それから20年が経った今、同社の社員数は約1万人へと増加。ここまでの成長を実現できたのはなぜなのか。人材育成へのこだわりと合わせて聞いた。
※本動画の内容は、2018年11月収録時点のものです

企画・撮影協力

曽山哲人氏

曽山哲人氏
株式会社サイバーエージェント 取締役
大学卒業後、伊勢丹(現・三越伊勢丹ホールディングス)を経て、99年にサイバーエージェントに入社。インターネット広告事業本部営業統括を経て、2005年に人事本部人事本部長に就任。08年に取締役、14年に執行役員に就任

藤原和博氏

藤原和博氏
教育改革実践家
1955年東京生まれ。教育改革実践家。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフェロー、杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長などを歴任。著書に『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)などがある

(株)ビジネス・ブレークスルー

(株)ビジネス・ブレークスルー
大前研一氏が代表取締役を務め、インターネットや衛星放送を活用し遠隔型マネジメント教育事業を通じて世界に通用する人材を育成する

この記事に興味がある人へのおすすめ

社員と企業が一緒に育つ、サイバーエージェントの強さの秘密
この記事が気に入ったらいいねしよう!