Skill Up

【vol.4-2】メルカリ人事が「採用」で大事にしていること

フリマアプリ『メルカリ』を運営する株式会社メルカリ。「社員が最もパフォーマンスを上げて働けるように」という目的で、ユニークな人事制度を数多くつくっている。同社ならではの人材育成の方針や、中途採用の面接で特に重視していることなどを聞いた。
※本動画の内容は、2018年11月収録時点のものです

企画・撮影協力

石黒卓弥氏

石黒卓弥氏
株式会社メルカリ People Partners マネージャー
メルカリ のHRグループにて採用と人事企画を担当。前職NTTドコモでは営業、人事、事業会社立上げ、新規事業企画などを経験。プライベートでは3児の父

藤原和博氏

藤原和博氏
教育改革実践家
1955年東京生まれ。教育改革実践家。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフェロー、杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長などを歴任。著書に『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)などがある

(株)ビジネス・ブレークスルー

(株)ビジネス・ブレークスルー
大前研一氏が代表取締役を務め、インターネットや衛星放送を活用し遠隔型マネジメント教育事業を通じて世界に通用する人材を育成する

この記事に興味がある人へのおすすめ

メルカリ人事が「採用」で大事にしていること
この記事が気に入ったらいいねしよう!