Technique

何を着ればいい? 転職面接の服装・髪型のマナー【面接対策パーフェクトガイド】

見た目が与える第一印象で、面接官はあなたについて何かしらの評価を持ちます。せっかく、自己PRや志望動機をしっかり準備したのに、服装や髪型といった身だしなみで「論外」と思われてしまっては残念ですよね。
ここでは面接の基本であるスーツスタイルや「服装自由」の場合のマナーやポイントをご紹介します。服装・髪型のマナーを押さえて自信を持って面接に臨みましょう。

転職面接の身だしなみのポイントは清潔感とTPO

転職面接は、面接官へ自分自身を「その仕事ができる人、所属先でうまくやっていける人」であるとアピールする場ですから、ビジネスシーンの一つとして「清潔感」と「TPO」を大切にします。
ここで言う「TPO」とは応募先企業や応募職種にあわせるということ。金融機関や公的機関とIT系ベンチャー企業では、就業中に求められる服装の基準が異なるのは理解できるでしょう。こうした社風や職種ごとに許容される見だしなみは、入社前に判断することが難しいこともあります。迷うなら無難におさめておくことをおすすめします。
転職面接でビジネスマナーをわきまえた身だしなみは、自分がどう感じるかではなく、相手(面接官)がどう感じるかを基準とすることが大事です。

転職面接はビジネスの場。服装の基本はスーツ

「リクルートスーツ」を着ていいかは、社会人経験の長さで判断

「面接は男女ともスーツ」が基本です。スーツといっても、いわゆるリクルートスーツとそれ以外のビジネススーツがあります。リクルートスーツには「学生が就職活動のときに着るスーツ」というイメージがありますが、どちらも明確な定義があるわけではありません。
第二新卒での転職面接ではリクルートスーツを着ても、控えめさやフレッシュさが表現できて、問題ないことも多いでしょう。しかし、それ以上の年齢になってからの転職面接ではビジネスパーソンとして経験を積んでいることがアピールになりますので、リクルートスーツは避けます。普段からスーツを着用している方はそれで十分なことがほとんどでしょう。

男性の服装

男性の場合、無地で明るすぎない色のスーツが基本です。自分のサイズに合っている、シワが寄っていないように気を配りましょう。腕時計や結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けません。面接官によっては靴をチェックされますので、しっかり磨く、底がすり減っていないかも事前に確認します。

男性の服装(スーツ)

スーツ

ダークグレー・ネイビー・黒など無地で明るすぎないシングルボタンのスーツが基本です。特に堅い業界や企業では無難を心がけます。

シャツ

白の無地ワイシャツが基本で、しっかりとアイロンがけされているものを着ましょう。デザイン性の高いもの、カラーボタンはNG。襟や袖が汚れていないかも注意しましょう。

ネクタイ

スーツに合わせ、派手過ぎない無地やストライプ、チェックなどの控えめな柄を選びます。趣味や遊び心を感じさせるものにする必要はありません。

ベルト

革製で黒や茶などスーツに合うものを選びましょう。バックルはジャケットを脱いでも悪目立ちしない、シンプルなものにします。

靴下

無地の黒や濃紺などにします。派手な色や柄はダメですが、白もNGです。

革のビジネスシューズで黒や茶色の紐靴がベストです。スウェードはカジュアルなのでNGです。また、光沢が強いものは避けましょう。

腕時計

悪目立ちするデザイン、一目でブランドと分かるものは避けます。普段は腕時計をしない方でも、面接官の中にはビジネスマナーだと考える人もいますので、シンプルなものを付けておく方がおすすめです。

鞄(バッグ)

ビジネス用途でデザインされた黒や茶色、濃紺の鞄で、A4サイズが入るものが基本です。スーツに合えばトートバッグやリュックも可といわれますが、堅い業界や企業では悪印象の場合もありますので注意しましょう。

女性の服装

女性の面接の服装も、無地のスーツが基本で、パンツスーツでも問題ありません。応募職種によっては(例えば秘書など)、スカートの方が適性をアピールできることもありますので、TPOにあわせ、自分に似合っているものを選びましょう。
女性の場合、スーツの色は黒、濃紺、ダークグレーだけではなく、ライトグレーやベージュなど明るめな色もOKです。
ワンピース+ジャケットというスタイルは「ビジネスカジュアル」になりますので、「服装自由」などの指定がなければ、原則としてNGです。

女性の服装(スーツ)

スーツ

女性の場合、スーツの色は黒、濃紺、ダークグレーだけではなく、ライトグレーやベージュなど明るめな色もOKです。ただし、デザイン性の高いものは避けましょう。

インナー(シャツ・ブラウス)

白やパステル色で透け感のないシャツやブラウス、カットソーやニットも問題ありません。胸元が開きすぎないものを選び、凝ったデザインはNG。

スカート/パンツ

ひざ丈のタイトスカートが基本です。ミニやロングはNG。ワイドパンツ、スキニーパンツなどトレンド感のあるデザインは避けた方が無難。

ストッキング

ベージュのナチュラルストッキングです。パンツスーツでも同じか、ショート丈のものを着用しましょう。裸足はNGです。

シンプルな黒系のパンプスがベストです。ピンヒールやデザイン性の高いものはNG。ヒールは5cm以下がおすすめ。

腕時計/アクセサリー

腕時計は、悪目立ちしないデザインのものにします。アクセサリーは身に着けないか、控えめな印象のものを選びましょう。

鞄(バッグ)

A4サイズが入るビジネスバッグが基本。ブランドロゴや柄が目立つもの、口が開いているトートバッグはNG。

「服装自由」と言われたら「ビジネスカジュアル」

転職面接の案内の際、「服装自由」や「私服可」とあった場合には「ビジネスカジュアル」を基準にしましょう。「ビジネスカジュアル」は、顧客先など社外への訪問にも対応できる格好ですから、Tシャツやデニムパンツ、サンダルなど普段着のような恰好はNGです。
業界や企業によって許容されるカジュアル度がかなり違うので、「服装自由」とだけあれば、スーツでもかまわないとされます。ただし、「スーツ以外で」と指示があればスーツ着用はNGです。
「オフィスカジュアル」は、社内での仕事や来客対応ができる格好、としてビジネスカジュアルよりややフォーマル度が低いため、転職面接では「ビジネスカジュアル」で準備します。

「服装自由」「私服可」にする企業の目的は?

「服装自由」や「私服可」、または「スーツ以外で」という面接の案内をする企業の目的は何でしょうか?
こうした案内が多いのは、「IT系」「アパレル系」「マスコミ(クリエイティブの職種)」や業界問わずベンチャー企業などです。企業の傾向を見れば分かるように、目的は「社風に合うか」のチェック、(企業が服装自由なので)リラックスした雰囲気での面接がしたい、自由な社風をアピールしたい、アパレル系やクリエイティブ職種ではセンスをチェックしたい、などが目的です。
なので、企業側の目的を知れば「スーツ以外で」と指示があればスーツ着用がNGなのも理解できるでしょう。
また、「アパレル系」「マスコミ(クリエイティブの職種)」なら、センスをアピールできるものでも良いでしょう。
他に、製造業など、通常業務でスーツを着る必要のない職種の場合、わざわざ面接用に購入しなくてもいいようにという企業側の配慮もあります。

男性のビジネスカジュアル

「ビジネスカジュアル」の場合でも、アパレル系やクリエイティブ以外の面接ではビジネスシーンとして、きちんと感を出すことが大切です。男性の場合は、ジャケットやブレザーに襟付きのシャツ、スラックスやチノパンといったスタイルが一般的です。ビジネスカジュアルでも、靴は革靴が基本です。

男性の服装(ビジネスカジュアル)

ジャケット

スーツでジャケットを脱いだだけ、ノーネクタイにしただけ、ではバランスが悪く印象が悪いのでNG。ブレザーやテーラードジャケットで、ネイビーやグレーがおすすめです。

シャツ・ポロシャツ

シャツは襟付きのものを着用します。夏にビジネス向けポロシャツはOK。カットソーやTシャツはカジュアル過ぎるので避けましょう。

パンツ

スラックスやチノパンを着用し、デニムパンツは基本NGです。

靴下

スーツと同様に無地の黒や濃紺などにします。派手な色や柄はダメですが、白もNGです。

靴はビジネスシーンなので、革製のものを選びましょう。紺、黒、茶などベーシックな色でコーディネートします。

鞄(バッグ)

鞄は革製のビジネスバッグが基本です。トートバッグでもOKとされますが、自立するもので、ベーシックな色やデザインを選びましょう。

ベルト/腕時計/アクセサリー

ベルトや腕時計はいずも悪目立ちしないものを選びます。アクセサリーは身に着けません。

女性のビジネスカジュアル

女性の「ビジネスカジュアル」では、ジャケットにシンプルなブラウス、カットソー、シャツを合わせ、スカートでもパンツでもかまいません。
ワンピースでも、シンプルなデザインでジャケットとあわせればOKです。
ジャケットの代わりにカーディガンでも良いとしたり、ノージャケットでも良いとすることもあるようですが、面接であることを考えるとジャケット着用がおすすめです。
女性は選べる幅が広いのですが、露出を控えてきちんとした雰囲気の好感度の高いコーディネートを目指しましょう。

女性の服装(ビジネスカジュアル)

ジャケット/カーディガン

女性の場合、ジャケット以外にもカーディガンもOKといわれますが、応募職種のイメージにあわせて選びましょう。ベーシックな色やデザインのものが良いでしょう。

インナー(シャツ・ブラウス・カットソー)

インナーはベーシックな色で透け感のないものが基本です。カットソーやニットは胸元が開きすぎないものを選びます。TシャツはNG。

スカート

ひざ丈かひざ下を基本として、きちんと感のあるデザインを選びましょう。ミニやロングはNG。

パンツ

ベーシックな色やシンプルなデザインのもので、ワイドパンツ、スキニーパンツは避けます。

ストッキング

スーツの時と同様にベージュのナチュラルストッキングが基本です。パンツスーツでも同じか、ショート丈のものを着用しましょう。

ベーシックな色のシンプルなパンプスがおすすめです。ピンヒールやデザイン性の高いものはNG。

鞄(バッグ)

口が閉まるもので、A4サイズが入るバッグが理想です。ブランドロゴが目立つものはNG。必ず自立できるものにし、女性の場合は口の開いているトートバッグは避けた方が良いでしょう。

迷うなら一番シンプルなものを選ぶ

あくまでも転職面接の場ということなので、ファッションセンスをチェックしたいわけではなく、「その仕事に適した人物か、一緒に働ける人か」を確認しています。
腕時計は悪目立ちしないデザインのもの、アクセサリーは身に着けないか、控えめな印象のものを選びましょう。
アパレル系などでないなら、手元は目立つので結婚指輪以外は外しておく方がおすすめです。ストッキングは、スーツでの面接と同じベージュのナチュラルストッキングが基本と考えて、コーディネートしましょう。

季節の違いで気を付けるべきマナー

夏や冬の季節の違いでどこに気を付ければいいか、男女別に服装マナーと注意点をご紹介します。

夏のマナーと注意点

夏の面接では、夏向け素材の服装にするなど暑さ対策が欠かせません。また、ハンカチやハンドタオルを持ち歩くことはもちろん、汗に濡れても下着や肌が透けるのはNG。透けないように男性ならアンダーシャツ、女性ならキャミソールを着用するなど汗対策はマナーです。
早めに面接会場近くに到着して、クールダウンしておくことがおすすめです。会場に到着して扇子であおぐ、というのはマナー違反なので注意します。
ビジネスカジュアルでも、サンダルやミュールなど足元をラフにすることはNGです。

男性の場合

クールビズ等の案内がなければ、スーツにはネクタイをします。ビジネスカジュアルでも、襟付きのものを着てTシャツやカットソーは避けましょう。

女性の場合

ジャケットを脱ぐ可能性もあるのでノースリーブはおすすめできません。また、生足はNGです。ストッキングを着用しましょう。

冬のマナーと注意点

冬の面接では、スーツの上にコートを着用しますが、できるだけトレンチコートやクラシカルな印象のチェスターコートなどを選ぶようにします。Pコートやダウンジャケットが絶対NGとまでは言えませんが、カジュアル過ぎると判断する面接官がいる可能性もあります。また、ファーやフード付きも避けた方が良いでしょう。
脱いだコートは裏返しにたたんで持ち歩くのが正式なので、裏地が派手すぎないかにも注意します。
手袋やマフラーも派手すぎないものにして、コーディネートがカジュアルにならないように気を付けます。
ブーツはカジュアルアイテムとされますので、男女ともNGです。

男性の場合

スーツの下にベスト、セーター、カーディガンを着用してもかまいません。気になるなら、機能性インナーを利用しましょう。

女性の場合

防寒用にタイツを着けたいでしょうが、企業によって許容されるかどうかが異なるので、冬でもストッキング着用を基本と考えましょう。

雨の日はどうする?

雨の日は、服にかかった雨をふきとるためのタオルやハンカチを準備しておきましょう。傘はしっかり水気を切って傘立てに置くか、なければ持ち歩きます。撥水加工のある傘や防水スプレーで対策しておいても良いでしょう。
面接で着席する時は、椅子の足元、鞄の隣に置いておけば問題ありません。

ヘアスタイル(髪型)も「清潔感」と「TPO」がポイント

面接では何よりも「清潔感」を大事にすべきなので、寝グセやフケ、伸ばしっぱなしなど手入れをされていない感じは全てNGになります。
明る過ぎなければカラーリングはOKな企業も多いですが、根元がプリン状態、髪が痛み過ぎている状態は清潔感を損ないますから注意しましょう。
男女とも目に掛からない前髪の長さにして、髪型はトレンドよりも「TPOをわきまえられる人」という印象を与えられるように、すっきりと清潔感のあるスタイルにします。

男性の場合

・前髪が目にかからない清潔感のあるヘアスタイル
・自然な程度にワックスなどでまとめる
※髪が立ちすぎているスタイル、髪の毛が長過ぎるのはNG

  • 男性の髪型

    清潔感のある髪型・服装にすることがポイント

女性の場合

・ロングヘア、ミディアムヘアは下ろしても問題なし
・ショートヘアは前髪で目を隠さないスタイルにする
※華やかに盛りすぎたヘアアレンジはNG

  • 女性の髪型(ロングヘア)

    ロングヘアの方は髪をまとめる

  • 女性の髪型(ショート)

    ショートヘアの方は前髪で目を隠さないようにする

女性はここも気をつけて!

髪をまとめるアイテムにシュシュがありますが、地味な色でもカジュアルアイテムなので、面接のシーンではシュシュや派手なヘアアイテムは控えるようにしましょう。

メイクは応募先で働くことをイメージして

面接のメイクは、応募先で働くことをイメージした印象を心がけましょう。トレンドを追い過ぎずに、顔色を明るくみせるナチュラルメイクが無難です。
ノーメイクはビジネスシーンではNGです。個室で行うことが多い面接では香水の付け過ぎに注意します。

ベースメイク、ファンデーション

顔色を明るく見せることを意識してベースメイクを整えましょう。

眉、アイメイク

眉毛がボサボサは、求めるナチュラルさと別なので整えます。マスカラ、アイラインは盛りすぎないように注意します。

チーク、リップ

どちらもピンクやオレンジ、コーラルなど肌なじみの良い色味を選びます。濃くならないように注意。

面接ではネイルはNG!

ナチュラルな色味のネイルは、大人のビジネスマナーとしておすすめの雰囲気もありますが、面接のシーンでは「面接官がどう感じるか」が大切なので、どこまで許容されるか判断が難しいネイルはやめて、保湿するなど美しくケアすることを心掛けて。
食品を扱う仕事や人に触れる介護職、接客業などネイルが仕事上、ルール違反の業界や職種は特に注意しましょう。
「服装自由」「私服可」の応募先企業でも、短く整えてクリアや肌になじむ色味までのネイルで、手元に視線が集まらないようにします。

面接ファッションは「減点されないこと」が大事

面接での服装や髪型といった身だしなみは、「面接官がどう感じるか」を基準にして応募先の業界・職種や社風にあわせます。ファッションセンスをアピールする場ではなくあくまでもビジネスシーンですから、選択に迷うなら、無難な方を選んだ方が印象を損ないません。賢くセルフプロデュースしてくださいね。

ここもあわせてチェック!

転職面接のありがちNG、本当にやるべき対策はコレ!
転職面接のありがちNG、本当にやるべき対策はコレ!

転職活動で、合否を左右するポイントの一つとなる「面接」。本番でうまく答えられず、あたふたしてしまった……という経験がある人は多いでしょう。そこで、面接で起こりがちな失敗を未然に防ぐため、事前にしておくべき対策を転職の専門家に教えてもらいました。 【教えてくれた人】西澤靖夫さん 転職PRの専門家、キャリアカウンセラー、転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」代表 一部上場のアパレル企業、43カ国で展開する外資系企業で事業責任者、年商20数億のサービス業中小企業で営業本部長兼人事部長を経て、2014年にジョブレスキューを設立。“職務経歴書を一緒に作りながら自信をつける”という独自のサポートで、依頼人を転職成功に導いている。 転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 面接対策の本質は「自分の強み」を明確にすること 具体的なエピソードを用意しておけば一貫性が出る 転職活動の面接対策というとどうしても「想定質問集」や「NG回答例」などテクニックに頼りたくなってしまうもの。しかし、採用側として多くの面接を行ってきた西澤靖夫さんによれば、「付け焼刃の回答はすぐに見抜かれる」とのこと。採用につながるポイントはむしろシンプルに「堂々としていること」なんだとか。 「自分に自信を持って堂々としているだけで、相手に頼もしい人だという印象を与えます。面接で一番大事なのは“自信を持つこと”なのです。そのためには、自分の強みを自分自身がしっかりと理解していることが大事。転職活動を始める前に自分の強みを整理し、3~5つほどに絞り込んでおくと良いでしょう。その強みをエピソードで伝えるために、これまでの職務内容や実績を振り返り、その事例を軸にして答えていくと話に一貫性が出ます。面接はセルフプロモーションの場なので、人とは違ういいところを分かってもらうための準備が必須です」(西澤さん・以下同) 西澤さんはさらに、「面接対策は職務経歴書を作成する時から始まっている」と言います。 記載することのすべてが自己PRになると思って、明確にした強みや事例を職務経歴書の中に散りばめることで、ただ職歴をなぞっただけの書類ではなく、面接でのアピールにつながる材料となるのです。 「職務経歴書に書いた内容と同じことを面接で話せば、軸がブレにくくなります。想定質問に備えた回答の練習はいいことですが、質問ごとに回答を考えると一貫 […]


面接対策パーフェクトガイド
この記事が気に入ったらいいねしよう!