Technique

到着時間は面接開始時刻の何分前?【面接対策パーフェクトガイド】

転職面接で遅刻は当然のことですが、「早過ぎる到着」もまたビジネスマナー違反です。それでは、面接開始のどれくらい前に会場へ到着していたら良いのでしょうか。
ポイントは「面接受付は面接開始時刻の10分前から」を基準に、逆算していくことです。ここでは、面接への理想の到着時間について詳しく解説しています。

遅刻と「早過ぎる到着」はどちらもNG

遅刻はそもそも社会人としてのマナー違反ですが、やる気を見せたいからと面接場所への「早過ぎる到着」もビジネスマナー違反となり逆効果です。
予定より早く訪問者が来るということは、面接官の準備ができていない、面接予定の部屋がまだ空いていない、など担当者が何かしら急な対応を強いられることになります。企業側にとっては迷惑でしかありませんので、慎みましょう。

基準は「面接開始時刻の10分前に受付」

面接の受付は、面接開始時刻の10分前から5分前までに済ませるのが理想です。これを基準に、最寄り駅到着時間(会場周辺への到着時間)と面接会場(建物)への到着時間を分けて、時間調整を行うのがスマートな方法です。いずれも時間ぴったりを目標にしていては、ちょっとしたトラブルでも遅刻する可能性があります。余裕を持たせて行動すると、気持ちを乱さず面接へ臨むことができるでしょう。

受付に関するマナーは「受付・入室~退室までのビジネスマナーを確認」で詳しく解説しています。

最寄り駅への到着時間は「面接開始1時間前」が理想

結論からいうと、最寄り駅への到着時間は面接開始1時間前を目指しておくと良いでしょう。会場近くに到着するのは、どれだけ早くても問題ありません。
会場近くに1時間前に到着して、周辺のお店で身だしなみをチェックしたり、職務経歴書を確認したり、自己紹介の練習をするなどして時間調整をしましょう。気持ちも整います。

1時間前は早い、と感じるかもしれませんが、電車の遅延やバスやタクシーでも渋滞したり、よく知らないエリアなら想定より時間が掛かってしまうこともありますので、目指す時間に余裕を持たせる方が安心です。

面接会場(建物)への到着時間は15分前が理想

受付を面接開始時間の5分~10分前に済ませられるようにするのがマナーだと説明しました。そうすると、面接会場に到着する時間はそれよりも前で余裕のある、面接開始時間の15分前が理想です。
建物の周辺を少し歩くなど、受付まで時間を調整して面接開始時刻の10分前頃に建物の中に入りましょう。

面接では、些細なビジネスマナー違反でも面接官の印象を左右して採用へ影響しかねません。特に時間に関することが守れているか、はビジネス上では重要なポイントですから、適切な面接受付時間となるよう注意してくださいね。

万が一、遅刻しそうなときの対処方法は「やむなく遅刻やキャンセルをする場合の連絡方法」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ここもあわせてチェック!

面接対策パーフェクトガイド
この記事が気に入ったらいいねしよう!