Technique

有限会社と株式会社は何が違う? 有限会社に転職するメリット・デメリット

転職活動中、求人情報を検索していて「有限会社」という表記を見たことはありませんか?株式会社に比べると数は多くないかもしれませんが、有限会社とはいったいどんな形態の会社のことなのでしょうか?
転職先として検討する際に、「株式会社」と比べて何が違うのか、どのような点に気をつけたらいいのか、解説していきます。

有限会社と株式会社の違い

実は、平成18年の法改正により、有限会社を新しく設立することはできなくなりました。よって、今現在「有限会社」を名乗っている会社は平成18年以前に設立した会社となります。

既存の有限会社も一定の手続きを踏むことで株式会社に変更することができますが、そうした手続きをせずにあえて有限会社と表記している企業もあります。そういった企業のことを、「特例有限会社」と言います。特例有限会社は株式会社に変更する手続きをしていないだけであり、会社法施行以降は、実質的には「株式会社と同じ」とみなされることになっています。

では、有限会社と株式会社は今ではまったく同じものになったということでしょうか?
実はそうではありません。

有限会社とは

・設立時の資本金が300万円以上
・社員数が50名以下
・取締役の任期に期限がない
・決算の公告義務がない

といった規定から、家族経営や個人事業など、将来的に規模を大きくする予定のない中小規模の事業を行うのに適していました。
有限会社の設立が認められていた当時は、株式会社設立の最低基本金は1000万円以上と高額だったため、株式会社設立よりも有限会社設立の方がハードルが低かったのです。
また、有限会社特有の規定として、代表取締役の任期がない、決算の公告義務がないというものがある一方、株式会社には決算の公告義務があり、定款に方法を規定しなくてはなりません。この点が、特例有限会社として運営している企業にとってのメリットといえます。

株式会社とは

・資本金1000万円以上(現在は1円から)
・取締役の任期は2年
・決算の公告義務(株主総会)がある

一言で説明すると、株式を発行して資本金を集める形態の会社のことを株式会社と呼びます。株式は株式市場で取引されるため、資金を広く調達することができます。
会社法施行以前は、「資本金1000万円以上」という規定がありましたが、現在は資本金1円から設立が可能です。多くの株式を保有している出資者には、経営に参加する権利が与えられるのが大きな特徴です。取締役の任期に期限があること、決算の公告義務があることから経営の透明性が高いと捉えることもでき、社会からの信用度が高いとも言えます。

有限会社よりも株式会社の方が安定している?

細かい規定は分かったけれど、何となく「有限会社より株式会社の方が安定していそう」というイメージを持っている方がいるかもしれません。
しかし、上記で解説した通り、現在は有限会社と株式会社の違いはほぼない状態です。にもかかわらず、そうしたイメージがあるのは、平成18年以前は「株式会社の資本金は1000万円以上」「有限会社は300万円以上」という資本金の最低金額に差があったり、有限会社は社員数50名までという規定があったりと、有限会社は経営規模が小さいことが前提だったからではないでしょうか。

新会社法の施行によって、株式会社であっても少ない資本金、少ない従業員数で設立できるようになった現在では、有限会社と同様の規模の株式会社が増えてきています。つまり、株式会社の方が有限会社より安定している、とは一概には言えないのです。
会社の安定性を示す指標は資本金だけではありません。売上高や利益剰余金など、さまざまな角度から判断しましょう。

有限会社に転職するメリット

有限会社だから特別に得られるメリットや、デメリットが多いということはありませんが、以下のようなことがメリットとして感じられる方もいるかもしれません。

・既存の有限会社は平成18年以前の設立になるため、歴史がある

また、規模が小さい企業ということで

・社長の考えが伝わりやすい
・家族経営に近いアットホームな雰囲気
・1つの事業を続けている場合も多いので、異動や転勤の可能性が低い

ということがあるかもしれません。この点は、株式会社でも同じことが言えるので、規模が小さい企業の方が自分に合うと思ったら、企業形態にこだわらず、求人を探してみると良いでしょう。

有限会社に転職するデメリット

先述した通り、有限会社だからといって転職するデメリットはありません。昔は下記のようなこともあったかもしれませんが、現在は一概には言えないということを認識しておきましょう。

・組織が小さく、取締役に任期がないので、ワンマン経営や同族経営になりやすい
・古いイメージから、株式会社と比べて信用度が低く見なされることがある

有限会社だから経営が不安定、離職率が高そうということではなく、その企業自体の本質を見抜くことが大事です。

有限会社に転職する際の注意点

有限会社だからといって、転職する際にチェックするポイントに大きな違いはありません。
当然ながら、有限会社だから転職してはいけないということもありません。 規模は小さくても、取引が安定していれば大企業よりも安定して長く経営できるところもあります。

大切なのは、会社の形態だけで転職先を選ぶのではなく、仕事内容や、募集しているポジションや役割、経営者の考え方や人柄、そして面接や面談を通して一緒に働く人たちがどんな人で自分と合いそうかを見極めること。

本記事を参考にして、ぜひ自分に合った転職先を見つけてくださいね。

まとめ

・現在は有限会社と株式会社に大きな違いはない
・新しく有限会社を設立することはできない
・今ある有限会社は「特例有限会社」として経営している企業である
・「有限会社だから不安定」と決めつけるのではなく、さまざまな視点で転職先を選ぶことが大事

「有限会社かどうか」という形態に惑わされず、社長や社員の人柄、会社の雰囲気、経営状況、やりがいのある仕事内容かなど、自分自身にとって大事な視点で企業を見極めることが、自分らしいキャリアに繋がるのではないでしょうか。

用語に関連した求人をチェック!

設立30年以上企業の求人を検索Search

※掲載内容やキーワードによっては、検索結果が「0件」の場合がございます

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!