Technique

転職の自己PRで「協調性」をアピールする方法

転職の際に「協調性」をアピールするときは、「なぜ協調性があると言えるのか、協調性をどんなシーンで活かすつもりなのか」を、採用担当者が明確にイメージできるような伝え方をしましょう。「協調性」という言葉から受け取るイメージは人それぞれ。それを曖昧なまま、「協調性があります」と言うだけでは採用担当者には響きません。
そこで今回は、協調性をアピールするためのポイントを、実際の例文を交えながら解説していきます。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

協調性があるとはどういうことか

そもそも協調性とは、「ほかの人と物事をうまくやってゆける傾向や性質」のことです。ビジネスシーンに当てはめると、「ほかの人と一緒に円滑に仕事をして、成果を挙げたり、良い影響を与えたりすることができる」ということになります。「協調性」を具体的なスキルに言い換えるなら、「コミュニケーション能力」や「傾聴力」などがこれに当たるでしょう。

コミュニケーション能力とは、「誰に、どのタイミングで、どのような接し方・言い方で伝えるのが最適かを考え、相手に不快感を与えずに交流を図る能力です。上司・先輩・後輩といった社内の人間だけでなく、顧客や外部の関係者と円滑に仕事をするためには、コミュニケーション能力は欠かせない基礎能力と言えるでしょう。

また、傾聴力とは、人の話に注意深く耳を傾け、相手が伝えたいことをより深く理解し、受け止める能力です。自分の聞きたいことを聞き出すのではなく、相手の話したいことを真剣に聞くというのは、意識しないと意外とできないもの。リーダーとして部下や後輩をマネジメントする上でも傾聴力はとても重要なスキルと言えます。

協調性があるとは、言い換えると「コミュニケーション能力や傾聴力に長けている」ということ。協調性という曖昧な点をアピールするときは、具体的に説明しやすい「コミュニケーション能力」や「傾聴力」のエピソードを伝えると、採用担当者も分かりやすいでしょう。

協調性があることをアピールする伝え方

協調性をアピールするときは、以下の点に注意しましょう。

・コミュニケーション能力と傾聴力などの能力に言い換える
・具体的なエピソードを盛り込む
・協調性があることによって得た成果を数字で表す

先ほど説明した通り、協調性を「コミュニケーション能力」と「傾聴力」という、仕事をする上で活かせる能力としてアピールすることが重要です。協調性という言葉だけでは、「人と仲良くなれる」や「空気が読める」だけと思われてしまうかもしれません。しかし、採用担当者はそのような“性格の良い人”はたくさん目にしているのです。

つまり、協調性をコミュニケーション能力と傾聴力の観点からアピールできれば、他の人と差別化できるということ。
さらに、協調性の自己アピールは、具体的なエピソードである必要があります。次の文章を見てください。

「チームリーダーとして信頼を得ていた」
「メンバーにとって話しやすい存在であった」

このような曖昧な表現では、採用担当者は協調性がある点をイメージしにくいですよね。
では、次のような表現はどうでしょう?

「リーダーとして、進捗が遅れているメンバーとミーティングをし、課題を一緒に洗い出して対策をアドバイスした。結果、売上達成をさせることができ、その後も何かあればすぐ相談される関係性を築いていた」
「チームミーティングのときは課長に代わってファシリテーターを務めていた。全員が話しやすいように質問を投げかけることで、それまで受身だった新人層から新しいアイデアや意見が出るようになった」

具体的な行動とそれによって得られた効果を具体的に書くことで、協調性の高さがコミュニケーション力や傾聴力という形で発揮できていたことがイメージしやすくなったのではないでしょうか。

このように、協調性があるエピソードを語った後は、必ずそこから得た成果も盛り込みましょう。なぜなら、採用担当者は、協調性があることを理解した後は、結局どのような成果があったのかを気にするからです。いかに協調性があることをアピールしても、それによって成果を出したり、影響力があったりしないと仕事においては意味がありません。

また、これはプラスαの要素ですが、自分のチームだけでなく、社内にどのような影響を与えたかをアピールするのも効果的です。特に、チームリーダーとしての協調性を語るレベルであれば、その先の「マネージャー適性」も採用担当者はチェックするからです。

協調性があることを伝える自己PR例文

自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はこれまでの経験を活かし、貴社の営業職として仕事をしたいと思い志望しました。
私は現在、営業職として従事しています。課長以下5名のチーム構成の中で、一営業マンとして売上達成することはもちろん、チームリーダーとして後輩メンバーのフォローにも力を注ぎ、課全体として「3カ月連続目標達成」などの成果に貢献してきました。
私が仕事をする上で大事にしていることは、日々のコミュニケーションです。
例えば、中途入社のメンバーがなかなか打ち解けられず営業成績が上がらなかったときに、毎日相談に乗ったり、自分のアポに同行させて見本を見せたりなどのフォローをして、売上達成までサポートしたことがありました。
そのような「全員で達成したい」という姿勢が他のメンバーにも伝播したことが、課全体の目標達成の1つの要因になったと考えています。
他にも、課長の目が届きにくい、メンバーの細かい行動に日頃から注意を払い、4名の後輩全員に対し、毎日1回以上話しかけていました。そうすることで彼らの悩みやモチベーション低下に早く気づくことができ、フォローし合うチーム体制を築くことができました。
今の職場で培ってきた、協調性やコミュニケーション力を活かし、貴社でチームを率いる立場として貢献できるように尽力します。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

例文のように、最初に立場と成果を明確に伝えることが大事です。自分の職場での立場を明確にして、そこで出した成果を数字付きで分かりやすく主張します。その上で、協調性に不随する「コミュニケーション能力」と「傾聴力」を交えた、具体的なエピソードを展開するという流れです。
次に、その行動がどんな良い影響を及ぼしたか伝えましょう。自分の協調性によって、同じチームメンバーに与えた影響力も交えることで、将来的なマネージャー職としてのアピールもできます。

まとめ

転職活動の書類や面接で、協調性を自己PRする場合のポイントは、次の3つです。

・「協調性」という曖昧な表現のまま伝えない
・コミュニケーション能力や傾聴力に置き換えてエピソードを盛り込む
・エピソードは具体的な行動と成果を数字つきで伝える

以上を参考に、協調性をアピールして内定を獲得しましょう!

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

この記事に興味がある人へのおすすめ

「魅力が伝わる」志望動機の書き方
「魅力が伝わる」志望動機の書き方

履歴書や職務経歴書の作成、さらには面接でも必要になるのが「志望動機」。「書き方が分からない」、「書いてみたけどこれで魅力が伝わるの?」なんてお悩みを抱える人は少なくないのでは? 転職活動における良い志望動機をつくるには、就活時のそれとは異なる「採用・人事側の目的の理解」と、「書くべき情報の整理」が不可欠です。そこで、志望動機作成時にぶつかりがちな5つのギモンをtypeがスッキリ解説! 書き方のポイントが分かったら、職種別のサンプル・例文を参考にあなただけの志望動機が書けるはず! 目次 ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? ギモン3 具体的に、志望動機ってどう書けばいいの? ギモン4 書くための情報は、どう集めればいいの? ギモン5 職種別では、どんな文章が刺さるの? ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? 志望動機とは、応募者から企業への“ラブレター”のようなものです。相手のどんなところが好きなのか、自分をパートナーにしたらどんなメリットがあるか、伝えるもの。その内容を読んで、採用担当者は「この人はうちを本当に好きでいてくれている」「この人と働いたら、明るい未来が待っていそうだ」などと判断します。 どれだけ華々しい経歴の持ち主でも、大事にしている価値観が合わなければ、双方が幸せになるのは難しいでしょう。使い回しの内容では本気度が伝わらないことも、ラブレターだと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。 採用担当者の目的は、転職後に長く活躍してくれる人材を探すこと。そのために、志望動機を読んで下記の2点を確認しようと思っています。 ・求める人物像と応募者がマッチしていること ・応募者に、心からの熱意があること 採用側の意図を理解しておくだけでも、書き方がぐっと変わってくるでしょう。 ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? それでは、志望動機には具体的にどんなことを書けばいいのでしょうか。採用担当者が知りたい“ツボ”を押さえるための3ステップを解説します。 【1】なぜその企業なのか? 応募先企業ならではの強みを挙げて、自分の興味関心やキャリアビジョンと合致していることを伝えましょう。まずここを押さえていなければ、なかなか面接には進めません。 「安定している老舗企業だから」「保険の営業がやりたくて」な […]


職務経歴書の書き方完全マニュアル
職務経歴書の書き方完全マニュアル

職務経歴書は、あなたの経歴や実績、スキルを応募企業(採用担当者)にアピールするための書類です。ここでは、正確に伝えるために必要な書き方や、履歴書との違いといったポイントを例文を交えて解説します。 やってしまいがちなNGポイントや、メールや郵便で送付する際の注意点についてもまとめているので、初めての転職活動の方は特に必見です。 実際にダウンロードして使える職種別サンプル(フォーマット・テンプレート見本)もご用意しています。 目次 そもそも書類選考とは 履歴書と職務経歴書の違い 職務経歴書を書く前にすべきこと 通る職務経歴書と通らない職務経歴書の違い 職務経歴書の書き方 職務経歴書を送る際の注意点 職種別サンプル【フォーマット・テンプレート見本】 そもそも書類選考とは 企業の採用試験における書類選考は、応募者の履歴書と職務経歴書をもとに行われます。それぞれ評価されるポイントが異なるので、選考で有利になるようにポイントを押さえた書き方が必要です。また、書類選考は入社試験における第一関門。採用担当者が「面接で会ってみたい」と感じるような書類を作成することを意識しましょう。 履歴書と職務経歴書の違い 採用試験では、一般的に履歴書と職務経歴書の提出を求められます。履歴書と職務経歴書では、採用側が知りたいと思っていることや評価基準は異なるので、それぞれに適切な書き方があります。一般的には以下のような評価ポイントの違いがあるのでまずはチェックしてみましょう。 採用側が履歴書で評価するポイント どんな経歴があるか 必要な資格を所持しているか 募集条件にマッチするか 志望動機に納得できるか 組織に適応しそうか 強い入社意欲を感じられるか 負担なく通勤できるか 見やすく丁寧に書かれているか 履歴書から読み取れるポイントには上記のものが挙げられます。履歴書は、あなた自身を伝えるための書類です。採用担当者は、写真や履歴書の内容からあなたの「人となり」を読み取ります。手書きの場合は特に丁寧さが表れます。以上を参考にして適切な書き方ができているかチェックしましょう。 採用側が職務経歴書で評価するポイント どのような実績をあげたか 必要なスキル・知識があるか どのような強みがあるか 仕事に前向きに取り組んでいるか アピールポイントが適切か 自己表現能力があるか 職務経歴に一貫性があるか 転職理由に […]


状況・スキル別の自己PR例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!