Technique

性格(長所)をアピールする場合の自己PR例文

転職活動で面接に進んだら、採用担当者から質問されることの多いテーマの一つが長所・短所など性格についてです。この質問で、採用担当者は「自己分析ができているか」「客観性があるか」「応募職種に適性があるか」を判断しようとしています。短所について聞かれた場合は、応募職種にデメリットがないものを選ぶ、あわせて改善策を伝えることが大切です。
長所を聞かれた場合や、自分自身が性格についてアピールしたい場合のポイントは「一つに絞ること」「根拠となる行動や成果を書くこと」です。
本記事では、長所・短所などのアピール方法や自己PRの例文を解説していきます。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

長所・短所など性格を伝える、とはどういうことか

自分自身の長所と短所などの性格を把握することは、自己分析の基本です。採用担当者はこの質問とやりとりから、求職者が客観的な視点をもって自分自身を振り返れているか、を判断します。さらに「社風に合う人材か」「応募職種に適性があるか」なども見ています。
また、応募する側にとっては、職務経歴では伝えにくい点(人間性、性格、考え方など)をアピールできるというメリットがあります。ぜひ自己PRの一つとして、性格の伝え方のポイントを押さえておきましょう。
志望動機や職務経歴での強みと矛盾しない内容であることも大切です。履歴書や職務経歴書の内容と自己PRの内容が矛盾しないように気を配りましょう。

長所など性格をアピールする伝え方

自己PRになるからと、長所をいくつも並べると人物像が伝わりにくくなります。アピールしたい長所が複数あっても、「採用担当者からこう見られたい」と考える一つを選んで記載しましょう。

まずは端的に「責任感(が強い)」などキーワードで書き、裏付ける具体的な行動やその結果(影響や成果)をあわせて書きましょう。
長所が見つからないと思う場合は、普段から大切にしている考え方、こだわっていることについて書きます。その場合でも具体的なエピソードや成果などを記載します。

応募企業や応募職種への適性をアピールをするように意識して書くことも意識してみましょう。接客の職種や営業職なら「人間関係構築力」、「聞き上手」、「達成意欲」、「ポジティブマインド」など、Webディレクターなら「発想力」、「まめな性格(気配り)」、「課題解決型の思考」など、その仕事に活かされそうな素養を示すといったことです。また、社風に合うか、組織にマッチしそうな人物かなども見られますので、応募する企業や募集部署の雰囲気について、しっかりと調べることも大切です。

長所に挙げられるものはさまざまですが、仕事に活かせる長所を探すためには上司や同僚、顧客や他部署の方に言われたことがあることを思い出してみましょう。他にも、他の同僚に比べて得意だと自覚したことや、誰かに教えるといった体験などを振り返ってもヒントになります。
それでも長所を探せない、ピンとこないと感じるなら「大切にしている考え方、こだわっていること」を書いて、具体的な行動や成果を書きましょう。

【長所の例】
協調性・チームワーク力、リーダーシップ、誠実さ、忍耐力、実行力、粘り強さ、責任感、主体性、成長意欲・達成意欲、柔軟な対応力、本番に強い、ホスピタリティ、正確性、計画性、分析力、論理的思考力など

短所について質問された場合

短所について面接で質問された場合に「特にありません」と答えては、自己分析が足りない、自分に甘いとみられる可能性もあります。採用担当者は自己認識した短所とどう向き合っているのか、どのように努力しているのかを知りたいのです。短所をカバー、克服するために努力していることを具体的に補足説明することで自己PRに変えることができます。ぜひ、応募先企業の社風、応募職種への適性が無いと判断されないようなものを選んで記載しましょう。

【短所の例】
「私の短所は、何でもうまく進むことを強くイメージしてしまう楽観的なところです。実際にトラブルが起こると、慌ててしまって対処するのに時間が掛かります。そのため、特に仕事の場面ではさまざまなリスクを洗い出して対処方法を想定しておくことを意識しています」
※時間にルーズ、大雑把、人見知りなど「応募職種への適性が疑われる」ようなことは記載しないように慎重に判断しましょう。また、体質や疾患などに関わるようなことを答えるのもここでは適切ではありません

長所を挙げてアピールした自己PR例文

履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私の長所は、メンバーを下から押し上げるリーダーシップです。現職の経理課では、主任として社員・派遣社員を含めて4名を部下に持ちます。
チームの成果を最大化するには、私一人が先頭で皆を引っ張るのではなく、1人1人が自主的に動き、強みを活かすことだと考えています。主任の立場から、細かい指示をするのではなく、メンバー自身で行動計画を立てる際の相談役になったり、進捗を週1回、必ず個別で確認しあう時間を持つようにして、チームメンバーに寄り添い、力を発揮してもらうことを心掛けていました。
必ず1対1の時間を持つことで、遠慮しがちなメンバーからも具体的な悩みを聞くことができ、大きな失敗を防げるといったメリットがあるだけではなく、雑談を通してよりお互いの理解が進んだり、チームや会社としての方針が伝わりやすいといった効果もあります。ときには自身が困難な壁にぶち当たっていることも打ち明け、チームで助け合う雰囲気を醸成してきました。結果としてチーム全体の残業時間が前年比で〇%削減できています。貴社でもこの長所を発揮して、貢献してまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

例文ではまず、端的に長所をキーワードで伝えています。単純に「リーダシップ」とするのではなく「どのようなリーダーシップか」という点に踏み込んで記載していることがポイントです。
さらに現職での業務と立場を明確に伝え、その上で自身のリーダーシップに関連する考え方や具体的に工夫している点を示しています。
そしてその影響や効果が、数字も含めて記載されていて「どんなリーダーシップを発揮する人か」が伝わり、将来的なマネジメント職へのアピールにもなっています。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

まとめ

面接で質問されることの多い長所や短所といった性格については、仕事での強みを示す自己PRになりますし、業務経験以外でのアピールにもなります。
職務経歴書に記載する場合は、業務に直結する成果やスキルに付け加えて、性格について記載すると尚良いでしょう。
長所や短所はそれぞれ一つに絞ることで、採用担当者にあなたが「どんな人なのか」が伝わります。
この記事の内容をしっかり押さえて、転職活動に活かしてくださいね。

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

この記事に興味がある人へのおすすめ

「魅力が伝わる」志望動機の書き方
「魅力が伝わる」志望動機の書き方

履歴書や職務経歴書の作成、さらには面接でも必要になるのが「志望動機」。「書き方が分からない」、「書いてみたけどこれで魅力が伝わるの?」なんてお悩みを抱える人は少なくないのでは? 転職活動における良い志望動機をつくるには、就活時のそれとは異なる「採用・人事側の目的の理解」と、「書くべき情報の整理」が不可欠です。そこで、志望動機作成時にぶつかりがちな5つのギモンをtypeがスッキリ解説! 書き方のポイントが分かったら、職種別のサンプル・例文を参考にあなただけの志望動機が書けるはず! 目次 ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? ギモン3 具体的に、志望動機ってどう書けばいいの? ギモン4 書くための情報は、どう集めればいいの? ギモン5 職種別では、どんな文章が刺さるの? ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? 志望動機とは、応募者から企業への“ラブレター”のようなものです。相手のどんなところが好きなのか、自分をパートナーにしたらどんなメリットがあるか、伝えるもの。その内容を読んで、採用担当者は「この人はうちを本当に好きでいてくれている」「この人と働いたら、明るい未来が待っていそうだ」などと判断します。 どれだけ華々しい経歴の持ち主でも、大事にしている価値観が合わなければ、双方が幸せになるのは難しいでしょう。使い回しの内容では本気度が伝わらないことも、ラブレターだと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。 採用担当者の目的は、転職後に長く活躍してくれる人材を探すこと。そのために、志望動機を読んで下記の2点を確認しようと思っています。 ・求める人物像と応募者がマッチしていること ・応募者に、心からの熱意があること 採用側の意図を理解しておくだけでも、書き方がぐっと変わってくるでしょう。 ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? それでは、志望動機には具体的にどんなことを書けばいいのでしょうか。採用担当者が知りたい“ツボ”を押さえるための3ステップを解説します。 【1】なぜその企業なのか? 応募先企業ならではの強みを挙げて、自分の興味関心やキャリアビジョンと合致していることを伝えましょう。まずここを押さえていなければ、なかなか面接には進めません。 「安定している老舗企業だから」「保険の営業がやりたくて」な […]


職務経歴書の書き方完全マニュアル
職務経歴書の書き方完全マニュアル

職務経歴書は、あなたの経歴や実績、スキルを応募企業(採用担当者)にアピールするための書類です。ここでは、正確に伝えるために必要な書き方や、履歴書との違いといったポイントを例文を交えて解説します。 やってしまいがちなNGポイントや、メールや郵便で送付する際の注意点についてもまとめているので、初めての転職活動の方は特に必見です。 実際にダウンロードして使える職種別サンプル(フォーマット・テンプレート見本)もご用意しています。 目次 そもそも書類選考とは 履歴書と職務経歴書の違い 職務経歴書を書く前にすべきこと 通る職務経歴書と通らない職務経歴書の違い 職務経歴書の書き方 職務経歴書を送る際の注意点 職種別サンプル【フォーマット・テンプレート見本】 そもそも書類選考とは 企業の採用試験における書類選考は、応募者の履歴書と職務経歴書をもとに行われます。それぞれ評価されるポイントが異なるので、選考で有利になるようにポイントを押さえた書き方が必要です。また、書類選考は入社試験における第一関門。採用担当者が「面接で会ってみたい」と感じるような書類を作成することを意識しましょう。 履歴書と職務経歴書の違い 採用試験では、一般的に履歴書と職務経歴書の提出を求められます。履歴書と職務経歴書では、採用側が知りたいと思っていることや評価基準は異なるので、それぞれに適切な書き方があります。一般的には以下のような評価ポイントの違いがあるのでまずはチェックしてみましょう。 採用側が履歴書で評価するポイント どんな経歴があるか 必要な資格を所持しているか 募集条件にマッチするか 志望動機に納得できるか 組織に適応しそうか 強い入社意欲を感じられるか 負担なく通勤できるか 見やすく丁寧に書かれているか 履歴書から読み取れるポイントには上記のものが挙げられます。履歴書は、あなた自身を伝えるための書類です。採用担当者は、写真や履歴書の内容からあなたの「人となり」を読み取ります。手書きの場合は特に丁寧さが表れます。以上を参考にして適切な書き方ができているかチェックしましょう。 採用側が職務経歴書で評価するポイント どのような実績をあげたか 必要なスキル・知識があるか どのような強みがあるか 仕事に前向きに取り組んでいるか アピールポイントが適切か 自己表現能力があるか 職務経歴に一貫性があるか 転職理由に […]


状況・スキル別の自己PR例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!